ウォータージャーナル

体の中の水の働きは重要な役割をしている!健康維持には欠かせない

日常的に補給している水分ですが私たちの体にとって重要な役割を果たしています。より健康な毎日を送っていくために水の働きや水分補給の大切さを知っていきましょう。

体の中の体液の働き


shutterstock_1500271478.jpg

私たちの身体は、赤ちゃん約75%、子供約70%、大人約60~65%、高齢者50~55%が水分で出来ています。水分は腸から吸収されて体液となって血液やリンパ液、細胞間液など体を機能させる働きをしています。人間にとって水分は、生命維持に欠かせないものなのです。体液はどのような働きをしてくれているのでしょうか?

酸素や栄養などの運搬
血液は、体全体に酸素や栄養、ホルモンなどを運ぶ役割をしています。血液の半分以上は血漿という液体で出来ており、体に必要な栄養や酸素などは血漿によって体の隅々まで運ばれるのです。さらに、不要な老廃物を体の外に排出してくれる働きもしているので、血液が水分不足などが原因でドロドロになると循環機能が低下することもあります。

・体温調整
気温や運動によって、体温があがると汗によって体の温度を一定に保とうとします。私たちの身体は平常時で36~37度くらいですが、体温が2度でも上昇すると身体にさまざまな不調が起きます。水分不足によって体温調整が出来なくなると、体の温度が高くなりやすくなります。

・体の老廃物を排出する
血液によって運ばれてきた老廃物や余分な水分などは腎臓で尿として排出されます。腎臓はフィルターのような働きをしてくれるので、キレイになった血液は再度体を循環していく仕組みです。腎臓で老廃物や余計な水分が排出されることによって、むくみや体のだるさなどを解消してくれます。

水分が足りないなどの理由で血液循環が悪いと、老廃物や水分が過剰に体内に溜まり吐き気や頭痛などを起こすこともあります。

電解質について


体内の水分には「電解質(イオン)」が含まれています。電解質は細胞の浸透圧を調節したり、筋肉や神経の細胞の働きに関わっていて体を正常に機能させる役割をしています。電解質は少なすぎても、多すぎても体の機能を低下させてしまいます。電解質には、ミネラル成分のナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウム、クロールなどが含まれています。ミネラルは水に溶ける陽イオンと陰イオンがあります。

電解質の働き

・ナトリウムイオン:体の水分量と浸透圧の調節、神経伝達、筋肉の収縮に関わる
・カリウムイオン:神経伝達、筋肉収縮、心臓の収縮など
・マグネシウムイオン:筋肉の収縮、歯や骨の生成、酸素の活性化
・カルシウムイオン:神経伝達、筋肉収縮、歯や骨の生成、血液凝固
・クロールイオン:水分量や浸透圧の調節、胃酸の分泌

水分補給の大切さ


shutterstock_637621396.jpg

体の水分量が低下するとどのような事が起こるのでしょうか?

・運動機能の低下
スポーツ科学の分野において、水分補給はパフォーマンスに差を生み出すこととされていて重視されています。体重の約2%の水分が失われるだけで、集中力やスキルレベルの低下が起き、心拍数や体温が過度に上昇してしまいます。筋肉量の多い人の場合、さらに体内の水分を占める割合が高くなっているので、よりこまめな水分補給が必要なのです。

また運動などで汗を大量に描く場合は、水だけを飲んでいると体内のナトリウム濃度が低下して脱水症状と同じ状態になってしまので、塩分を含んだスポーツドリンクなどを飲むようにしましょう。

・脱水症状
脱水症状とは体の体液が不足している状態の事です。主に体内の水分とミネラルの一種であるナトリウムが不足して起こります。栄養や酸素の供給、老廃物の除去、体温調整、新陳代謝などさまざま機能が低下する事で体にさまざまな症状が出始めます。

体内の水分が1%失われると大量の汗や、喉の渇きが起こり、約3%失われると、汗が出なくなります。4%で脱力感、吐き気、感情の不安定、10%失うと筋肉の痙攣や体内の循環不全がおき、20%失うと死亡する恐れもあるほど、水分は生命維持に重要な役割をしているのです。

・熱中症
熱中症とは体の熱が放出されず体内にこもることで起きる症状で、脱水症状と同じく体内の水分量が足りない事が原因です。脱水症状との違いは、体温調節がうまくいかない事でおこる事と気温や湿度の高い状態でなりやすことがあげられます。気温が高い時は体内の水分量が減っているので、こまめに水分補給をするなど、涼しいところで休むことが大切です。毎年熱中症で亡くなる方も多く出るほど、重症化すると命にかかわるのでこまめな水分補給や早めの対策必要です。

・便秘
水分不足になると便が硬くなり便秘を引き起こしてしまいます。たかが便秘と思いますが、そのまま放置しるとガスや便がどんどん溜まっていき嘔吐や腹痛を繰り返し最悪の場合は腸閉塞になる可能性もあります。腸閉塞での死亡例もありますので決して便秘を軽視してはいけません。

常に失われている水分


動いていないから水分補給しなくてもいいと思いがちですが、座っていても呼吸や皮膚からの蒸発や尿として排出し、常に水分は失われています。1日に約2.5Lも水分が失われているとされていて、私たちは飲み物や食事から失われた水分を補給することでバランスをとっています。

気をつけなければいけないのは、喉が渇いている状態はすでに脱水がはじまっているので、喉が渇く前にこまめに水分補給する事が大切です。夏場は積極的に水分補給すると思いますが、冬も乾燥による水分不足が起こっています。他にも起床時や就寝前、運動前後、入浴前後、などコップ一杯の水分補給を心掛けるようにしましょう。

水は健康維持には欠かせない


水分は体の中でとても重要な役割をしていることがわかりましたね。夏場などはもちろん、1年を通して日頃からこまめに水分補給する事が大切です。水分補給の大切さを理解して健康な毎日を送りましょう