ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

ウォータージャーナル

水菜をスムージーにするメリットとおすすめのレシピ

葉野菜をメインとしたグリーンスムージーは美容に敏感な方を中心に人気があります。しかし、その一方でグリーンスムージーは美味しくないという意見もチラホラ。水菜はクセがなくスムージーにもってこいの食材です。今回は、水菜をスムージーに使うメリットや、おすすめの水菜を浸かったスムージーレシピをご紹介します。

スムージーを飲むメリットとは


shutterstock_253252204.jpg

スムージーは、もともと凍らせた野菜や果物などをミキサーにかけて作る飲み物のことでした。しかし、最近は氷を入れずに生の野菜や果物だけで作るものもスムージーと表現されるようになり、実際にスムージーと言えば氷を使っていないものをイメージする方が多いです。

スムージーには、ジュースとも違うメリットがたくさんあります。

食物繊維を無駄なくとれる

糖質ダイエットなどで穀物やイモ類などの摂取を控えている、あまり野菜を食べないなどの理由で不足しがちな食物繊維も、スムージーにすると効率的に摂取できます。

スムージーならジュースとは違い、そのままの状態をミキサーにかけるため、皮や茎に含まれる食物繊維もそのまま摂取できます。

熱に弱い栄養素もとれる

ビタミンB群やビタミンCなどは、熱による損失が大きい栄養素です。スムージーなら加熱する必要がないため、こうした栄養の損失を軽減してくれます。

野菜や果物を簡単にとれる

どうしても不足しがちな野菜や果物も、スムージーなら簡単にまとめて摂取できます。忙しいなどの理由で自炊できない方も、効率よく野菜や果物がとれて便利ですね。

水菜をスムージーにするメリット


shutterstock_1653395695.jpg

水菜は、1年を通して入手することができる、サラダや鍋料理の定番の食材ですね。淡い色合いをしているため誤解されることも多いですが、実は栄養をたっぷりと含んだ緑黄色野菜の1つです。

水菜には、ミネラルや葉酸、食物繊維、ビタミンCやビタミンEなどが含まれており、特に免疫力UPや皮膚・粘膜を強く保つなどの役割があるβ-カロテンの含有量が豊富です。

スムージーなら栄養を逃がさず食べられる

水菜に含まれるビタミンCなどは、水に溶けやすく熱にも弱いため、サラダなど生で食べると効率が良いとされます。しかし、生で食べるにはバリエーションが少なく飽きてしまいがちですね。

スムージーにすると、生の状態のまま栄養もとれますし、他の食材との組み合わせによって飽きずに飲むことができます。

クセがなく使いやすい

水菜は、淡白な味でクセがないため、スムージーにしても飲みやすいと感じる人が多いようです。他の食材の香りや風味を損ねにくく、組み合わせやすいのもメリットです。

また、水菜は扱いやすいのも嬉しいポイント。種をとったり皮を剥いたりする手間がなく、きれいに洗ってザクザクと切ってミキサーに入れるだけなので忙しい人や料理が得意でない人も使いやすいです。

グリーンスムージーを美味しく作るポイント


shutterstock_428425606.jpg

グリーンスムージーは、ダイエットや美容のために飲む方も多いですよね。しかし、飲みにくさから続けにくいと感じる人もいます。特によく言われるのが、青臭さです。美味しいグリーンスムージーを作るポイントは以下の4つです。

・クセの少ない葉野菜を選ぶ
・フルーツの比率を増やす
・甘味はハチミツで補う
・牛乳や豆乳、ヨーグルトでまろやかにする

グリーンスムージーの青臭さは、葉野菜のチョイスによって大きく軽減できます。一般的なほうれん草よりもサラダほうれん草、もちろん水菜もクセが少なくおすすめです。

また、フルーツとのバランスも大事です。グリーンスムージーは葉野菜が6割、フルーツが4割程度が主流ですが、青臭さが苦手ならフルーツの割合をもう少し増やしてみるのも良いです。葉野菜の割合を減らしたくない場合は、甘味にハチミツを加えて飲みやすくしたり、牛乳や豆乳、ヨーグルトでまろやかさを増やすと青臭さが気になりにくくなります。

おすすめの水菜を使ったスムージーレシピ


それでは、グリーンスムージーの味が苦手な方でも飲みやすいおすすめの水菜を使ったスムージーレシピをご紹介します。

水菜とりんごの爽やかスムージー

材料
・水菜1株
・りんご1/2
・水150ml
・はちみつ適量
・レモン汁適量

水菜とりんご、レモン果汁で爽やかな飲みごたえのスムージーです。水菜にはほんの少し辛味がありますが、りんごの甘さと香りがなごませてくれます。りんごは皮ごと使うのがおすすめ。はちみつやレモン汁はお好みで調整しましょう。

水菜とアボカドのクリーミースムージー

材料
・水菜1/3袋
・アボカド1/2こ
・バナナ大1本
・水200ml
・レモン汁適量

とろりとクリーミーなスムージーです。水の代わりに豆乳でも美味しい。さらにヨーグルトを加えると、ほんのりと酸味が加わって良いアクセントにもなります。飲みごたえがあり腹持ちも良いため、あまり食事に時間がとれない時にもおすすめです。

さっぱりとした水菜のスムージー

材料
・水菜1束
・バナナ1本
・グレープフルーツ1/2こ
・水100ml~

材料が少なく簡単にできます。グレープフルーツは絞って使うと歯触りが良いです。もっと酸味がほしければレモンでもOK。先に水以外の材料をミキサーにかけ、様子を見ながら好みで水を加えていきましょう。バナナの優しい甘味で飲みやすいですが、凍らせたバナナを使うと夏の日でも飲みやすいフローズンスムージーになります。

水菜はグリーンスムージー初心者にもおすすめ


今回は、水菜を使ったスムージーのレシピや、水菜をスムージーに使うメリットをご紹介しました。これまで、グリーンスムージーは青臭くて苦手と思っていた方は、ぜひ水菜を使って作ってみてはいかがでしょうか。

スムージーは食材の組み合わせを楽しみながら効率的に野菜や果物の栄養を摂ることができる便利な飲み物です。野菜不足を実感している方も、簡単に理想とする量を補うことができるかもしれません。暑い夏の日には、水を氷に変えてみたり、食材を凍らせて作ってみても美味しいですよ。