ウォータージャーナル

水にあたるってどういうこと?水あたりの原因や症状を解説します

水にあたるというのは、どのような状態なのか、水あたりの原因や症状、対処方法をご紹介します。また、熱中症予防のために過剰に水分を摂ることでも、水あたりを起こしてしまうこともあります。水あたりについて知り、ならないよう予防をしましょう。

水にあたる


shutterstock_441210640.jpg

水は生命維持に必要不可欠なもの。ですが、飲み方によっては体に害となり、水にあたることで下痢や吐き気などを引き起こすことがあります。
水にあたって起こる「水あたり」は、どのような原因で起こるのでしょうか。

汚染された水を飲む

水あたりというと、まず細菌やウイルスに汚染された水を飲んだ時に起こるイメージを持つ人が多いと思います。
食中毒と同様に、細菌やウイルスに汚染された水を飲むことで、体に症状が現れます。

病原性大腸菌やノロウイルス、寄生虫などが代表的なものですが、海外、特に衛生状態が悪い発展途上国などでの生水や水道水には注意が必要です。
飲み水に気を付けていても、生サラダを注文して、野菜を洗う時に水道水が使われていたために水あたりをした、という例もあります。また、冷たい飲み物をオーダーして、その中に入っていた氷が水道水を使用していたため、水あたりをすることも。
歯磨きのうがいは、すぐに吐き出すから水道水で大丈夫だろう、という気の緩みも危険です。ミネラルウォーターを使う方がよいでしょう。
飲み物は「氷なし」としてオーダーしたり、サラダは温野菜のみにするなど、衛生面が不安な国への旅行の際は気を付けるようにしましょう。

冷たい水の飲みすぎ

冷たい水は、体への吸収が速い反面、胃腸に負担をかけやすくなります。一時的に胃腸の機能が低下し、水分が上手に吸収できず下痢や腹痛になることがあります。
胃腸機能の低下は一時的なため、症状はすぐに改善されることがほとんどです。

硬水で水にあたる

日本の天然水や水道水などはミネラルが少ない軟水ですが、ヨーロッパなどはミネラルが多く含まれた硬水が一般的です。
何気なくミネラルウォーターを購入し、ミネラル分が多い硬水である場合、飲みなれていないミネラルにお腹がびっくりしてしまい、下痢を引き起こすことがあります。
ミネラル成分が悪いことはないのですが、元来日本人の腸は軟水に慣れているために起こる症状です。

水あたりの症状


shutterstock_1183220143.jpg

水あたりになると、どのような症状が起こるのでしょうか。
確認していきましょう。

下痢・軟便

水あたりしたかも、と気付く一番の症状は、軟便や下痢です。1日に何回も軟便や水便が出るのであれば、水あたりの可能性が高いでしょう。
細菌性赤痢菌、毒素原性大腸菌、コレラ菌などの細菌にあたった場合にも、激しい下痢になることがあります。
また感染症ではなくても、冷たい水の飲みすぎや、慣れない硬水で水あたりをした場合にも軟便や下痢になることがあるでしょう。

吐き気・嘔吐

激しい吐き気を感じる、吐き気だけで収まらず嘔吐をする場合には、毒素原性大腸菌やコレラ菌が体内に入っている可能性があります。
この場合には、吐き気や嘔吐を繰り返し、水が飲めないくらい酷くなることもあり、脱水症状に繋がる恐れもあります。
病院に行き、診断してもらうとよいでしょう。

腹痛

毒素原性大腸菌や細菌性赤痢、カンピロバクター腸炎などの細菌が体内に入り、激しい腹痛を起こすこともあります。
この場合も病院に行くようにしましょう。

発熱

水あたりが原因で発熱を起こす場合には、パラチフス、細菌性赤痢そして腸チフスなどの細菌が体内に入っている可能性があります。
これらの細菌で発熱を起こす際は、激しい発熱となることが多いため、風邪などの症状と見誤らないようにして、病院を受診しましょう。

水あたりの対処方法


水あたりの症状が見られたら、細菌などウイルスが原因であるのであれば病院で治療をしてもらうとよいでしょう。
冷たい水の飲みすぎや、ミネラル分の多い硬水によって水にあたっているのであれば、ゆっくりと体を休めて胃腸の働きが正常になるのを待ちましょう。また、下痢が繰り返されているようであれば、脱水症状も心配です。どんどん水分は失われていってしまいますから、塩分を含む水分補給をするとよいでしょう。経口補水液やスポーツドリンクなど少しずつ、常温で飲むようにします。
海外でそのようなものが見つからない場合には、軟水のミネラルウォーターを選びましょう。

海外に滞在していて、水あたりとなった場合には帰国までの間にまた同じことを繰り返さない対策を練るのも大切です。
どの水にあたったのか、症状が出る前に飲んだものや食べたものを振り返り、原因を特定するようにしてください。
一度症状が出ているのであれば、口に入れる水に対して、神経質になる必要があるでしょう。

暑さから水あたりになる


ここ数年、暑さが原因で熱中症の患者数が増えています。家の中にいるから大丈夫、と思っていては大間違い。節電のためにクーラーをつけていなかったり、高齢で室温をうまく感じられずにクーラーをつけないまま過ごしていることで、熱中症になり救急搬送される例が後を絶ちません。

熱中症の予防として、脱水症状にならないようにすることが必要ですが、過剰に水分をとり水分が吸収できない場合もあります。過剰に水分を摂取することで胃腸に負担をかけ、体の冷えを起こしてしまい、下痢や軟便などの症状があらわれる、いわゆる「水あたり」となることもあります。
こうなってしまうと、水分がどんどん排出されてしまいますから、脱水症状が加速してしまう恐れもあります。
水分と塩分を上手に補給するようにしましょう。体の状態を見て、経口補水液を飲むのもよいでしょう。

水あたりを予防しよう


水にあたる症状についてご紹介しました。
過剰に飲みすぎることや、慣れない硬水を飲むことで日常生活でも水あたりになることがあります。
海外へ渡航している際は、細菌などが影響していることがほとんどです。食べ物や飲み物に気を付けて体を守るようにしましょう。
また、細菌やウイルスが原因となる場合には、症状も悪化しがちですから病院に行き適切な治療を受けるとよいでしょう。
水あたりを知り、予防をして健康に過ごしてくださいね。