ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

ウォータージャーナル

違いが分かる?水の味を決める要素とは?

ミネラルウォーターと水道水では味が違うと感じる人は多いですよね。また、同じ水道水でも自宅と自宅以外の場所では何となく違うと感じる人もいます。こうした水の味の違いは、どこからくるのでしょうか。今回は、水の味はどのようにして決まるのかご紹介します。

水の味を決めるのは...?


shutterstock_521722291.jpg

日本の水道水は、世界一安全で美味しいとも言われるほど、味・安全性ともに定評がありますよね。海外で水道水がそのまま飲める国はそう多くありませんし、飲めたとしても味が違って美味しいと感じないと経験した方もいるでしょう。

日本に住んでいても、その地域によってわずかながら水道水の味は変わると言われています。もちろん、水道水と市販のミネラルウォーターでは味わいが異なり、好みがはっきりと分かれる方も多いです。

され、この水の味についてですが、どうしてこうした違いが出てくるのでしょうか。

水の味を決めるのは、水に含まれるミネラルや水素イオンといった様々な成分とそのバランスによるものです。ミネラル含有量によって硬度が決まり、水素イオンの量によってpHが決まりますが、これらが水の味に大きく影響することが分かっています。

水の硬度と味との関係性


shutterstock_162546614.jpg

まず、水の硬度による味の違いを見てみましょう。水の硬度は、カルシウムやマグネシウムといったミネラルの量によって変わり、味にも影響します。ミネラル量が多ければ硬水、少なければ軟水と分類されています。

WHO(世界保健機関)の基準によると、硬度60以下を軟水、硬度60~120が中程度の軟水、120~180が硬水、180以上が非常な硬水となっています。しかし日本では、一般的に硬度100以下を軟水、101以上を硬水とするシンプルな分類が主流です。

日本の水のほとんどは軟水

日本の水道水や天然水のほとんどは、軟水です。一部の地域では硬水となっていますが、とても限られた地域と言えるでしょう。なぜ、日本のお水が軟水になるのか、それは日本の地形や地層が関係しています。

日本はもともと火山により、ミネラルの少ない火成岩の地層が中心となっています。そして、狭い国土に急な傾斜の山がそびえているのが特徴です。そのため、雨が降っても山から短時間で海に流れ、ミネラルが溶ける時間がそう多くありません。こうした地形や地層の特徴から、軟水が多くなっています。

一方、硬水の多いヨーロッパなどの地域は、ミネラルたっぷりの堆積岩の地層と、なだらかな傾斜の山々によって、雨水はゆっくりと地層に留まりミネラルを吸収していきます。こうした特徴により、硬水が多くなっています。

軟水と硬水の味の違い

日本で長く生活していると、ほとんどの方が軟水に慣れていることもあり、軟水が美味しいと感じるのではないでしょうか。味の特徴としては、軟水は口当たりが柔らかくまろやか、硬水は苦味や渋味などのしっかりとした味わい、とよく表現されます。

飲みごたえを重視する方などには、硬水も人気があり、日常的に飲んでいる方も少なくありません。しかし、出汁や素材そのものの味を大事にする和食には、硬水よりも軟水の方が適しています。和食以外にも、コーヒーや紅茶、日本茶など、使用する水によって味は大きく変わり、軟水の方が様々な場面で使いやすい傾向にあります。

水のpHと味の関係性


shutterstock_630793733.jpg

硬度以外にも、水の味に影響する可能性があるのが、pHです。しかし、飲料水として飲める範囲ではpHによる味の変化はほとんどないと言われています。

簡単に解説すると、pHは水に含まれる水素イオンの濃度によって決まります。数値にすると1~14まであり、ちょうど7が中性です。7よりも少なければ酸性、多ければアルカリ性に分類されます。

酸性のものはすっぱい、アルカリ性のものは苦いと感じやすいですが、お水に関しては酸っぱさや苦さを感じるほどどちらかの性質に傾くということはありません。日本の水道水に関する安全基準では、pH値が5.8~8.6以内と明確に決められているためです。

アルカリイオン整水器を使って弱アルカリ性のお水にしたとしても、そのpHは9~10程度。強すぎるアルカリ性ではないため、味への影響はないとされています。

水道水の味が地域によって違うのは?


同じ水道水でも、自宅と離れた地域では味の違いを感じることがあります。これは、残留塩素の量による違いが主な原因とされています。場合によっては、水道管などの設備の影響もあるかもしれません。

日本の水道水は世界トップレベルの安全性を誇ります。飲用しても健康を損ねないように、水に含まれる細菌や化学物質などは除去され、各家庭に運ばれています。消毒のために用いられる塩素は、原水の状況や浄水場からの距離、季節などによって調整されています。そのため、塩素の量は地域によって違い、場合によっては自宅のものより「不味い」あるいは「美味しい」と感じることもあるようです。

さらに、貯水槽や水道管のコンディションによって、味や臭いが変わることもあります。メンテナンス不足によりカビが発生したり、水道管の劣化により錆びて異物が混入したりと、水の安全性に関わることもあるため注意が必要です。水が臭う、赤く濁る、異物が入るといった場合は、貯水槽や水道管の点検・修理などが必要かもしれません。

自分が「美味しい」と思える水を!ウォーターサーバーもおすすめ


lineup-01.jpghttps://www.crecla.jp/about/

今回は、水の味を決める要素についてご紹介しました。水の味を決めるミネラルは、量だけではなくそのバランスも重要といいます。同じ軟水でも、ミネラルのバランスによって味が微妙に変わる可能性もあります。

水は生きていく上で欠かすことはできません。「美味しい」と思える水に出会うと、砂糖たっぷりのジュースなどに頼らなくても健康的に水分補給ができそうですね。

「ミネラルウォーターは高い、でも水道水は美味しくない...」と感じている方には、ウォーターサーバーの設置もおすすめです。クリクラのお水は、不純物を徹底的に除去した安全性の高さと、バランスの良いミネラルの配合でとても美味しいのが特徴です。