ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

ウォータージャーナル

【比較】ミネラルウォーターと水道水ってどっちが安全なの?

市販のミネラルウォーターと、水道水の違いをご存じですか?何となく分かっても、実はきちんと答えられないという人は多いのではないでしょうか。今回は、ミネラルウォーターと水道水の違いについて、特に安全性の面を比較しながらご紹介していきます。

ミネラルウォーターとは?


shutterstock_771062992.jpg

ミネラルウォーターは、食品衛生法の「水のみを原料とする清涼飲料水」であり、成分や処理方法の違いによって4つに分類されます。

ミネラルウォーターの分類

・ナチュラルウォーター
特定の水源から採水された地下水を源泉とする。沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わない。

・ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターのうち、ミネラルが含まれているもの。いわゆる天然水もこれにあたる。国内生産のミネラルウォーターの大多数を占める。

・ミネラルウォーター
ナチュラルウォーターのミネラル成分を水質安定のために調整した水。または何種類かのナチュラルミネラルウォーターを混合した水。

・ボトルドウォーター
上記3つ以外で飲むことができる水の総称。蒸留水や河川の表層水などが代表的。水道水を飲用水として市販する場合もこれにあたる。

その他の特徴

ミネラルウォーターの原水は、地下水のみではありません。井戸や湧水、伏流水、鉱水など、原水の種類は7種類。それぞれ特徴や水質が異なります。

また、ミネラルウォーターは硬度の違いから味の特徴が感じられやすいのも特徴です。日本の水道水のほとんどは軟水ですが、ミネラルウォーターの中にはマグネシウムやカルシウムといったミネラルを多く含んでいる硬水もあります。特に、海外のミネラルウォーターは硬水が多く、あちこちで市販されているため簡単に入手できます。

軟水はミネラルの含有量が少ないものの、柔らかく飲みやすい、和食に合いやすいなどの理由から人気が高いです。日本人の場合、軟水に慣れていることもあり、美味しいと感じやすい傾向にあります。一方、硬水はミネラルが多く含まれ、しっかりとした飲みごたえが特徴です。時に苦味や渋味を感じることもあり、好みが分かれやすいと言われています。

水道水の特徴


shutterstock_130619210.jpg

水道水は、河川や湖沼、地下水などを浄水場できれいにした上で、水道管を通って各家庭に運ばれています。浄水場では浄化・消毒が行われ、上水道を通って給水所へと運び、そこから給水管を通って各家庭に供給されるため、どこに住んでいても安全な状態で飲めるように塩素やカルキの量は地域ごとに調整されています。

世界中の国のうち、水道水が安全にそのまま飲める国はそう多くありません。日本の水道水は、蛇口から出たままの状態でも美味しく安全に飲むことができるのは、実はとてもありがたいことですよね。

日本の水道水の安全基準は、世界トップレベルの厳しさと言われています。そのため、水道水が飲めるとされる他国であっても、日本ほどの安全性は保証されていないことを知っておくと便利です。

ミネラルウォーターと水道水、安全なのはどっち?


shutterstock_1659775069.jpg

さて、それではミネラルウォーターと水道水、どちらの安全性が高いのか見てみましょう。

安全基準を決める法律が違う!

水道水とミネラルウォーターでは、安全基準を決める法律が異なります。水道水は水道法、ミネラルウォーターは食品衛生法です。

先ほども少しご紹介したように、日本の水道水の安全基準はとても厳しく、水道法では細菌の有無や成分基準値について51項目ものポイントをクリアしなければなりません。一方、ミネラルウォーターは、39項目もしくは41項目のチェック項目があり、これらをクリアする必要があります。

水道水の主な原水となる表流水は汚染物質を含みますが、ミネラルウォーターの原水となる地下水は比較的清浄な水質を保っています。この点を考慮すると、クリアすべき項目が少ないからミネラルウォーターの方が安全性が低いと決めつけるのは良くないのかもしれませんね。

ミネラルウォーターは独自の品質基準を設けていることも

安全性を示す基準の項目数は、法律によると水道水の方が多いです。しかし、ミネラルウォーターを扱う販売会社によっては、独自の品質基準を設けてさらに厳しく品質管理を行っているところも多いです。

したがって、ミネラルウォーターの中には水道水の基準以上の検査を行っている可能性も高く、場合によっては安全性がより守られていることも珍しくないということです。

こうした点を考え比較すると、法律面で言えば水道水よりもミネラルウォーターの方が基準は緩くなっていますが、実際はどちらも安心して飲むことができることに変わりはないのではないでしょうか。

安全で美味しい水を飲むならウォーターサーバーの利用も便利


lineup-01.jpg

https://www.crecla.jp/about/

ミネラルウォーターと水道水を比較すると、「味はミネラルウォーターの方が美味しい」「ミネラルウォーターは水道水に比べて高くつく」などの意見もあるでしょう。

クリクラのウォーターサーバーを利用すれば、一般的な市販のミネラルウォーターよりも経済的に、美味しい水をいつでも飲むことができます。もちろん、クリクラのお水は安全面にも十分配慮し、業界最大規模の研究施設で日々品質に関わる研究開発を行っています。住之江プラントでは、業界初の「HACCP」認証も取得。安全で高い品質のお水を提供できるよう、その取り組みを強化し続けています。

クリクラのお水は、最先端の技術を用いて一般的な浄水器では除去できない物質もしっかりと取り除くため、純度が違います。そして、水の味を決めるミネラルをバランスよく配合していることから、口当たりがまろやかでとても美味しいのが特徴です。

日本の水の安全基準はとても高い!


今回は、ミネラルウォーターと水道水を比較し、どちらが安全なのか?という点について見てみました。安全基準に関する法律の違いにより、水道水の方がクリアすべき項目は多いものの、ミネラルウォーターの販売メーカーによってはより厳しい基準を独自に設けているケースも多いことから、どちらが安全とは決めにくい状況でしたね。しかし、どちらにしても、これらの基準を満たしているものについては安全性が高いのは確かです。

美味しくて安全、そしてリーズナブルにいつでも好きなタイミングでお水を飲むために、ウォーターサーバーを設置することはとても便利でおすすめ。ぜひ、お気に入りのお水を見つけてくださいね。