ウォータージャーナル

飲みすぎた!二日酔いで水を飲むと吐いてしまう理由

飲み会の席でついつい飲みすぎたり、友人との会話が弾んでお酒を飲みすぎたりして、二日酔いになる方は少なくありません。ここでは、二日酔いで水を飲むと吐いてしまう理由などについてご紹介していきます。

二日酔いとは


shutterstock_1686925330.jpg

二日酔いとは、アルコール飲料を自分の代謝能力以上に摂取することによって引き起こされる、大変不快な身体的状態のことを示しています。エタノールがアセトアルデヒドに代謝され、体内に処理できなかった分が残っている時、二日酔いの症状を引き起こすとされています。夜間にお酒を飲んでから、翌朝起きた時に症状が表れることがほとんどで、その状態のことを二日酔いと言います。二日酔いは生命には直接の危険は無いのですが、頭痛や吐き気など著しい不快感を伴うところが特徴的です。また飲酒後から短時間の間に現れるものは二日酔いではなく悪酔いと言われており、一般的に二日酔いは悪酔いが翌日になって現れた状態のことを示します。人種もしくは個人の遺伝的体質によって、アルコールの代謝能力には差があるとされています。

二日酔いのときに水を飲むと吐いてしまう現象について


二日酔いで吐き気などの症状が表れるのには、アルコール摂取により肝臓がアセトアルデヒドを分解しきれずに、血中にあるアセトアルデヒドの濃度が高まってしまうことが原因であるとされています。二日酔いの身体は脱水症状を引き起こしていることから、改善するには水分を大量に補給することがまず第一であると言えます。しかし二日酔いを良くしようと水を飲んだとしても、吐いてしまうことがありますよね。これは、大量のアルコールの刺激によって胃腸が非常に弱った状態になり、身体が水すらも受け付けないので吐いてしまうのです。水を飲んでも吐いてしまう状態は、二日酔いの状態でもかなり酷い傾向にあります。

二日酔いでの吐きは我慢しない方が良い


嘔吐を伴う二日酔いの状態は、自分自身の身体がこれ以上のアルコールを取り込むことができない・体の異常事態を知らせてくれる信号でもあるのです。中には吐くことを我慢する方もるのですが、身体が吐きたいというシグナルを出している場合には我慢するのではなく、いっそ吐いてしまうのも一つの手です。本来胃腸は消化してくれるのですが、二日酔いの時は消化できる状態ではありません。ですから胃の中の食物を吐けば、その分楽になるのです。しかしながら、吐くことは胃や食道などの器官に大きな負担をかけてしまいます。辛いからといって強制的に吐くのは控えるようにして、どうしても吐き気がきたときのみ吐くようにしてください。

楽に吐きたいのであれば


どうしても吐きたいときは、吐く状態を誘発するように水分を摂り、胃に刺激を与えることが良いと言えます。中には、吐きたい気持ちから口の中に指を入れて無理やり吐くという方もいますが、この場合無理やりになってしまうことから胃液や胆汁で食道や口などを傷つける原因にもなってしまいますので、絶対にしないようにしてください。楽に吐きたいのであれば自然に吐き気を誘発させるほうが安心です。


二日酔いを落ち着かせるためには


shutterstock_620391044.jpgアセトアルデヒドが体内に蓄積していることが二日酔いの最大の原因です。二日酔いによる諸症状を改善するためには、とにかく水分を多く摂り、アセトアルデヒドの分解をすること、そして排泄を促すことが必要となってきます。しかしながら、どんなに多くの水分を摂ったとしても、アセトアルデヒドが分解されるためには、ある程度時間がかかります。すぐ分解をすることはできないのです。酷い場合、二日酔いは1日以上長引く場合もあります。自分にとって楽な姿勢をとることも大切です。また、嫌な匂いや空気のこもっっている場所にいると、その匂いで何度も嘔吐を誘発してしまう可能性もあります。二日酔いになったら、風通しの良い場所(窓を開けて換気するなど)で、衣類を緩めて休むようにすると良いでしょう。また、肝臓でのアルコール分解には糖分が必要なので、水分補給が少しでもできるのであれば、ただの水やお湯よりはスポーツドリンクや経口補水液など、水分と糖分を同時に摂取できるものを口にすると良いでしょう。

水を飲んで吐くからといって水分補給を疎かにすると危険


嘔吐がある時に水分補給は不可能ですが、嘔吐が治まったのであれば、1~2時間程度時間開けてから、少量ずつ(だいたいスプーン1杯程度ぐらいから)水分を摂ってみるようにしましょう。これで吐かないのであれば二日酔いが治まってきている証拠なのですが、時間をおいても嘔吐が止まらない場合があります。そういった場合には、体から水分がどんどん失われてしまっており、酷い場合には脱水症状となる場合もあることから注意が必要です。口の中や口の周りが乾いてきたと感じたり、ひどい頭痛がする時や意識が薄れてくる場合には、迷わず医師へ相談する、もしくは直ぐに病院へ行って点滴を受けるようにしてください。点滴を受けるのと受けないのではかなり大きな差が出てきます。

二日酔いの時はお水の量は少量ずつ!


前日にお酒を飲みすぎて二日酔いになった場合、水を飲んでも吐いてしまうことがあります。水を飲んで吐いてしまうと、水分補給が不可能となり脱水症状を引き起こす可能性もあるので気をつけなければなりません。少しでもリスクを下げるためにも、日頃からできるだけ二日酔いにならないよう、自分の許容量以上のお酒は飲まないようにしましょうね。