ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

ウォータージャーナル

インスタントコーヒーは「水」で溶いたり練ったりすると香りも味もいい!

コーヒー好きな方は多く、毎朝の日課としてや、ちょっとした休憩になど、コーヒーを飲む方は多くいます。カフェなどで飲むコーヒーはもちろんのこと、自宅ではお手軽なインスタントコーヒーを作って飲む方もいるのではないのでしょうか。ここでは、そんなインスタントコーヒーがより美味しく飲める方法についてご紹介をしていきます。

インスタントコーヒーとは


shutterstock_309063188.jpgインスタントコーヒーとは、コーヒー豆の抽出液を乾燥させることによって、粉末状に加工をしているインスタント食品のことを示しています。この粉末があれば自宅で簡単に、カップに粉末とお湯を注ぐだけでコーヒーが完成してしまうのです。インスタントコーヒーは、ソリュブルコーヒーと呼ばれることもまれにありますが、インスタントコーヒーとソリュブルコーヒーは定義が全く異なっている製品であるなど、ソリュブルコーヒーとインスタントコーヒーを区別している立場もあるのです。

インスタントコーヒーとコーヒー好きの人の悩み


コーヒー好きであれば、普段から飲むコーヒーにはかなりこだわりがある方も居るようで、自分自身それぞれが好きなコーヒーのものがあると思います。自宅で簡単に作ることのできるインスタントコーヒーでは、コーヒー本来の風味などを味わうことができないとされており、コーヒー好きにとってはなかなか満足をすることはできません。もちろん、味や風味を味わうのではなく、眠気覚ましの目的というだけでコーヒーを飲むのであればインスタントコーヒーでも何ら問題はありませんが、コーヒー好きからすれば問題ありすぎなことなのです。

いくらコーヒー好きだからと言っても、毎朝もしくはコーヒーを飲む度にレギュラーコーヒーを用意したり、毎回豆を挽いたり、コーヒーメーカーをセットしたりするとなれば、なかなか時間も手間もかかってしまうと思います。仕事や家事育児の合間の忙しい朝などには、インスタントコーヒーといった簡単なもので済ましたいものですが、やはり美味しいコーヒーは飲みたいものです。

インスタントコーヒーに合うお水


水には軟水・硬水と言った種類があります。インスタントコーヒーに合うお水は、人それぞれの好みと言えます。軟水を使用してインスタントコーヒーをいれた場合には、本来の軟水の特徴でもあるまろやかな甘さ、そしてコーヒーの酸味が引き立ちます。軟水ならではのとろみにも似ている口当たりのコーヒーを抽出することができるので、飲みやすさそしてコクや香りもしっかり感じることができます。

硬水を使用してインスタントコーヒーをいれた場合には、コーヒー独特である酸味は打ち消されるのですが、かわりにキリッとした苦味が際立ってきます。水の硬度が高ければ高いほどしっかりとした苦味の強さは強まっていくので、コーヒーの深みを味わうことができるのです。インスタントコーヒーに軟水を使用するのか、硬水を使用するのかどちらを使用するのかは味の好みによって変えると良いです。

インスタントコーヒーをおいしく入れるコツ


shutterstock_1226917039.jpg

インスタントコーヒーを美味しく入れるコツとしては、直ぐにお湯を注ぐのではなく、水で練るという前段階が必要なのです。

インスタントコーヒーの美味しい入れ方

1.インスタントコーヒーの粉をカップへ入れる

2.スプーン1杯程度の水を加える

3.粉と水を練る

4.滑らかになったらお湯を注ぐ

※この時間違えて水ではなくお湯で練ろうとする方がいますが、ここでは水で練るということがポイントになります。練り具合としては、チョコレートソースのようになるまでしっかりと練ることが必要で、それからお湯を注ぐようにしてください。このように、たったスプーン1杯程度の少しの水でインスタントのコーヒーがまるでレギュラーコーヒーかのようなコクと旨みを得ることができるなんて、素晴らしいですよね。

水で練ると音も変わる?


実は、水でインスタントコーヒーを練ると音も変わります。水で練って淹れたインスタントコーヒーと、普通にお湯を注いだインスタントコーヒーのカップをスプーンでたたくと、水で練ったインスタントコーヒーのカップの方がより高い音がします。この理論は、水で練ると周波数が変わることから、このような面白い現象がでるようですが、未だにはっきりと解明はされていません。しかしながら、かなり分かりやすいぐらいに本当にまったく音が違うのです。

なぜインスタントコーヒーは水で練ると美味しくなるのか


なぜインスタントコーヒーを水で練ると美味しくなるのかということですが、インスタントコーヒーの粉は熱いお湯をすぐに注いでしまうと、固まりやすくダマになってしまいます。これは、インスタントコーヒーの成分であるデンプンが固まってしまうからであり、味や風味を遮断してしまううえに粉っぽく仕上がってしまい、美味しくないのです。

しかしながら、水で練る事によってデンプンが固まることなく綺麗に分解をされ、ムラが出にくくなることからまろやかな味わいが際立つのです。でんぷんは60℃前後のお湯で固まってしまうので、最初にお湯を注がないように注意が必要です。

水で練るはインスタントコーヒー以外にも適応可能!


ここでは、インスタントコーヒーを水で練ると美味しくなるとご紹介をしましたが、インスタントコーヒー以外にもココアやスープなどでも水で練るということは活用することができますので、インスタントコーヒー以外にもお湯を注いで飲むものにはこの水を練るということを活用してみてはいかがでしょうか。

インスタントコーヒーを自宅で美味しく飲もう!


インスタントコーヒーは、水で溶いたり練ったりすることにより、香りが際立ち、味もおいしく飲むことが出来るので、まるでレギュラーコーヒーのように美味しく飲むことかできます。この方法によって、簡単にインスタントコーヒーを自宅で美味しく飲むことができるので、是非あなたも試してみてはいかがでしょうか。