ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

ウォータージャーナル

水道水ってアルカリ性でヌルヌル?それとも酸性?最適な水質とは!

私たちが日頃から口にしている水道水ですが、そんな水道水のPH値についてあなたはご存知でしょうか。ここでは、水道水はアルカリ性なのか、それとも酸性なのか、最適な水質などについてもご紹介をしていきます。

水のPHについて


shutterstock_493616272.jpg

水のpHとは、水中へと含まれている水素イオンの濃度のことを示しています。このPHというものは、飲料水を分類するための基準のひとつとも言われています。私たちの身近にある無色透明の水ですが、たとえ見た目が無色透明であっても、実際には目には見えないさまざまな物質が溶け込んでいるのです。また、pHは水の中へと溶け込んでいる水素イオンの濃度のことを示している数値です。

そのpHの数値によって、水質が酸性なのか、中性なのか、アルカリ性なのかが決まってくるのです。水素イオンの濃度といっても、「なんの事だろう?」と思う方も少なくありませんが、pHは酸性・中性・アルカリ性を示すものであり、0~14といった数字にて表されます。数値が0〜14の丁度中間であるぴったりの7であ中性とされ、7より数値が小さい場合には酸性とされ、7より高い場合にはアルカリ性というように分けられます。

アルカリ性・酸性の強い水の特徴


では、アルカリ性の強い水の場合と、酸性の強い水というように、真逆の水質を持つ水の違いはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

アルカリ性が強い水の特徴

アルカリ性の強い水の場合には、私たちの体内への浸透が早いとされています。また、食品やものなどを柔らかくしてくれる作用がある他に、お茶やコーヒーを作ることに適していたりなど、料理をする時に向いている水だと言えます。

酸性の強い水の特徴

酸性の強い水の場合には、殺菌作用がどの水質と比べても強いということから、手洗いをする時や、食器を洗うときなどに向いている水だと言えます。

水は中性が1番望ましい

以上のように、アルカリ性と酸性なのかはそれぞれに特徴があり、それぞれに向いているものがあります。アルカリ性や酸性のどちらかが強すぎたとしても、水としては良くありません。アルカリ性や酸性なのかの強い水は、金属を腐食させたり皮膚を溶かしてしまったりすることもあるので取り扱いには注意が必要なのです。

水道水はアルカリ性?それとも酸性?


では、気になる水道水ですが、アルカリ性なのか、酸性なのかどちらなのでしょうか。実は日本の水道水の基準値は、定められています。定められている値としてはpH5.8以上8.6以下となっています。日本の水道水の基準はどの世界の国と比べても非常に厳しいと言われており、なんと厚生労働省では水道水に関しては51もの水質基準項目そして基準値を設けているのです。

その中でpH値は51項目のうちの1つであり、水質基準に関する省令より5.8以上8.6以下とされているのです。このことから、水道水はアルカリ性でもなく酸性でもなく、中性ということが望ましいです。また、このph値についてはミネラルウォーターに関しても水道水と同じく5.8以上8.6以下と設定がされているのです。5.8〜8.6以内だとかなり範囲が広いように思えますが、飲料水としてベストなpH値としては中性に近い7~8前後とされています。

水道水の場合には、水質が酸性やアルカリ性のどちらかに傾いてしまうと、傾配管といったものなどへ腐食作用が働いてしまい、飲料水の汚染がされるほか、味や外観への悪影響が生じるおそれがあることから、中性に近い7~8程度のpH値が理想的であるとされているのです。また、それだけにとどまらず、私たちの体液は7.4程度のpHに保たれていることなどから、中性に近い7〜8程度が望ましいとされています。

pHの値によって水の味が変化する


shutterstock_1172763883.jpg

pHの値が変わればそれと共に水の味も変化をしていきます。例えば、私たちが普段口にすることの多いレモンやお酢ですが、口にすると酸っぱいと感じると思います。このように、レモンやお酢が酸っぱいと感じるように、酸性が強くなればなるほど味は酸っぱくなっていくのです。逆にアルカリ性が強ければ強くなるほど苦く感じるうえにヌルヌルするのです。

これらは、それぞれの好みそして用途などによってもかなり異なってきますが、基本的に美味しいお水を飲みたいのであれば、中間の中性が良いのです。飲料水は基本的に中性に近いように作られていることから、すごい酸っぱさやすごい苦みを感じることはほとんどの場合ないとは思いますが、味に敏感で気づきやすい人の場合には、ちょっとしたpHの値の変化によっては水の味に気付く方もいると言われています。

もしあなたが水を飲む機会があるのであれば、水道水やミネラルウォーターなど、それぞれの水によってどのように味が違うのか飲み比べをしてみることも良いかもしれませんね。



水道水は中性


水道水は浄水場によって多少の違いはありますが、アルカリ性でもなく酸性でもなく、pHの値の中間である中性であり、基準値としてはpH5.8以上8.6以下として定められています。pHの幅はかなり広いですので、あなたの好みの味によって、普段の水をより美味しい水へと変えてみてはいかがでしょうか。より良い水のある暮らしを送るためには水のpHについてしっかり知っておくことが必要不可欠なのです。