ウォータージャーナル

精製水に含まれる成分とは?種類と特徴について解説


医療や美容、あるいは工業用などで広く用いられる精製水。実はいくつかの種類があり、種類によって含まれる成分や特徴が異なることをご存じですか?今回は、精製水に含まれる成分について、種類別にご紹介していきます。

精製水ってなに?


shutterstock_564214408.jpg

まず始めに、精製水について簡単にご紹介します。精製水とは、不純物や微生物を除去した純度の高い水のことで、スキンケアや医療器具の滅菌、工業用品の洗浄などに用いられています。

精製水は、地下水や水道水などを煮沸やろ過し、水に溶けている成分や細菌を除去しています。ここで除去されるのは、ミネラル成分や残留塩素、とても小さな砂、微生物などで、精製方法により4種類に分類されます。

これら4つに分類される精製水は、実はそれぞれ特徴が異なり、含まれる成分も変わってきます。どれも純度が高い水に違いはありませんが、用途により使い分けて活用されています。

なお、精製水は飲用しても害はないものの、カルシウムやミネラルといった成分が除去されているため、おいしいと感じにくいでしょう。

水道水に含まれる成分


精製水の成分について見る前に、私たちの生活に欠かせない水道水の成分を見てみましょう。

日本の水道水は世界トップとも言われるほど綺麗で安全性が高いことはよく知られていますね。

水道水の原水は、河川や湖沼、地下水であり、これらの水が浄水場で浄化・消毒され綺麗な状態になり、各家庭の水道水として運ばれます。浄水場の水は家庭に届くまでに給水所を経由します。
水道水に含まれる塩素濃度は、水質や地域の浄水方法、季節によっても変わってきます。浄水場からの距離によっても変わります。

水道水に含まれる成分
・カルシウム
・ナトリウム
・カリウム
・マグネシウム
・塩素
・トリハロメタン
・アルミニウム
・鉛
など

カルシウムやナトリウム、カリウム、マグネシウムといったミネラルは、健康を保つ上で欠かすことができません。これらのミネラルの量により、水そのものの味や舌触りは大きく変わります。

日本人の多くは軟水を好むと言われていますが、これはミネラルの苦味や渋味が味覚を通じて甘味に似た味だと認識されるためです。ミネラルを除去すると、この甘味を感じなくなることから、精製水は飲用しても美味しくないと言われます。

塩素は、水道水を安全を確保するために消毒に用いられます。水道水のカルキ臭は、塩素が水中のアンモニアと反応することで起こるため、塩素濃度が高いほどカルキ臭が強くなると言われています。

トリハロメタンは、塩素殺菌を行う際に発生する物質です。発がん性の可能性があると危険視する方もいますが、水道水に含まれる量はわずかで、日本での基準値は世界の中でも特に厳しいため安全性が高いとされています。

アルミニウムは、原水を綺麗にする過程で使用する薬品に含まれますが、飲水してもほとんどがそのまま体外に排出されます。また、鉛に関しては、以前水道管の材料として鉛管やアスベスト管が用いられていたことから、溶けて混じっていました。しかし、現在の水道管には適用されていないため、徐々にその可能性は少なくなってきています。

精製水の種類と成分


shutterstock_744399403.jpg

精製水は、精製方法により4つの種類に分けられます。

蒸留水

水道水を煮沸させ、発生する蒸気を冷却し凝縮させることで純度を高めた水のことです。水に含まれるミネラルや一部の不純物は除去されますが、蒸留管の内側に付着している不純物が混入する可能性があります。

イオン交換水

水に含まれるナトリウムやマグネシウムといった陽イオンと、塩素や炭酸などの陰イオンを吸着する樹脂を通した水のことです。この樹脂を、イオン交換樹脂と呼びます。硬水が主流となる海外では、家庭用の純水器が普及しており、ナトリウムやマグネシウムといったミネラルをろ過して飲用することもあります。ただ、ミネラルを除去することで水の味が変わったり、純水器の定期的なメンテナンスが必要となる点がデメリットです。

超純水

とても精度の高い水のことです。イオン交換樹脂や様々なフィルターを用いて純度を高めています。医療や美容分野の研究・開発や、工業用品の製造等で活用されています。

RO膜水

逆浸透現象(Reverse Osmosis)というろ過方法で精製された水のことです。他の精製方法では除去できないウイルスなども除去できるとされ、とても純度が高くなっています。

クリクラのウォーターサーバーの水は産院でも使われる安心なお水


クリクラ ロゴ.png

https://www.crecla.jp/price/

クリクラの水は、最先端テクノロジーのRO膜システムにより、不純物や雑味を十分に取り除き、良質のミネラルをバランスよく含んでいます。そのため、美味しくゴクゴク飲むことができ、赤ちゃんのミルクや離乳食にも安心。クリクラのウォーターサーバーは多数の産院でも使われています。

口当たりの良い軟水は、そのまま飲むことはもちろんですが、鰹や昆布といった旨味成分をよく引き出してくれるため、出汁をきかせたお料理にも重宝します。

手間要らずで便利

クリクラのウォーターサーバーからは、いつでも約85℃のお湯が出ます。すぐにお湯を使いたい時、その都度やかんでお湯を沸かす必要はありません。また、市販の水を購入している方にとっては、定期的に購入する手間も省けます。

クリクラのお水は定期的に自宅まで届くシステムです。使用済みボトルは回収してもらえるため、余計なゴミも出ません。

サーバーレンタル料は無料

クリクラのサーバーレンタル料は無料です。L型とS型の2種類があり、すっきりとした形状は置場所に困ることなく便利です。消費電力が気になる方も、省エネサーバーを選ぶと安心。メンテナンスは1年に1回行われ、日々のお手入れも簡単。いつでも清潔な状態を保つことができます。
※3ヶ月でご利用本数が6本未満の場合サーバーレンタル料(1,100円/月・税込)が必要となります

毎日欠かせないお水はおいしくお得に


今回は、精製水に含まれる成分についてご紹介しました。精製水は純度が高い水ではありますが、飲用には適していないことがわかりましたね。

飲料水は、安全性が高く美味しいものに越したことはありません。クリクラのお水は、赤ちゃんのミルクにもおすすめできるほど、安全性が高く美味しいお水です。小さなお子さんがいる家庭はもちろん、会社でのご利用もおすすめです。