ウォータージャーナル

ウォーターサーバーはワンウェイ式とリターナブル式のどちらが良いの?

ウォーターサーバーは毎日の水分補給や調理・離乳食作りにと、年齢を問わず人気の生活家電です。これからウォーターサーバーの導入を考えている人も、「ワンウェイ式」と「リターナブル式」のどちらがよいのかわからず迷っているかもしれません。今回は、「ワンウェイ式」と「リターナブル式」のメリット・デメリットについてくわしく解説します。

ワンウェイ式のメリット

shutterstock_607999925.jpg

「ワンウェイ式」とは、使用後に空になった水ボトルを家庭ゴミとして処分できるスタイルです。ウォーターサーバーの多くが「ワンウェイ式」を採用しており、家庭以外の医療機関やオフィスでも一般的になってきました。その理由としては、ボトルの回収をする手間よりも容器の処理を家庭に任せる方が、ユーザーの需要にマッチしていたからといえるでしょう。さらに、ウォーターサーバーの普及が加速している現状は、消費者の「安心安全な水が飲みたい」という健康意識とともに、「水を買う」ことへの抵抗感がなくなった点も挙げられます。

「ワンウェイ式」で取り入れられている容器は、「ウォーターパック」と「ウォーターボトル」の2種類です。どちらも簡単につぶせる素材でできています。「ウォーターパック」は水の容量が少なく、消費量の少ない人や水交換を楽にしたい人におすすめです。「ウォーターボトル」は、水が抜けるとボトルが自動的につぶれて当初の3分の1ほどのサイズになり、捨てる時も楽です。大容量タイプもありますので、消費量の多い家庭ではこちらを購入するといいでしょう。

「ワンウェイ式」の最大のメリットは、使った後にかさばる空ボトルを保管しておく必要がなく、好きなタイミングで廃棄できることです。「保管スペースをとりたくない」「家が手狭」といった理由で、「ワンウェイ式」を選ぶ人が多くなっています。集合住宅で手軽にゴミ捨てができない場合も、ペットボトルと同等の扱いで捨てられる自治体もあり、重宝しているといった意見も聞かれました。このような取り扱いの手軽さとともに、「衛生的」であることも大きなメリットです。「ワンウェイ式」は圧縮する構造でボトル内に空気が入りませんから、水の中に雑菌やほこりが入る心配がありません。品質低下を防ぎ、いつでもおいしい水が飲めることも人気の秘密です。常に内部がきれいな状態ですから、面倒なサーバーのメンテナンスも必要ありません。サーバーに「自動クリーン機能」がついていれば掃除は十分です。また、次回の水も新しいボトルに入って届くため安全性が高く、ボトルの再利用に抵抗がある人も安心して使えるでしょう。

ワンウェイ式のデメリット

「ワンウェイ式」にはさまざまなメリットがあるものの、当然ながらデメリットも存在します。まず「ゴミの量が増えてしまう」ことです。ゴミ収集日に他のものと捨てられるのは利点ですが、水の消費量が多いと空ボトルがどんどんと溜まってしまいます。特に「ウォーターボトル」タイプであれば、収縮後でもエコバッグ程度の大きさがありますから、どうしてもかさ高くなり煩わししさを感じるかもしれません。さらにボトルは段ボール箱に入って届くことが多いため、空ボトルに加えて箱の処分も面倒ではあります。ただし、「ウォーターパック」であれば小さく折りたたむことができますから、このような問題も回避できるでしょう。

2つ目のデメリットは、「リターナブル式よりもコストが高くなる」ことです。月額料金は「ワンウェイ式」の方が2割前後高くなり、コストパフォーマンスを重要視する人にはネックになるかもしれません。しかし、「値段が安い」=「お買い得」とも一概にいえないのがウォーターサーバーです。サーバーの性能や水質(ミネラルの含有量など)といった要素も、価格差に反映されていることを念頭に置いておきましょう。3つ目は「分別に手間がかかる」ことです。ボトルの廃棄方法は、各地域によって指定されています。捨てる際は大抵「キャップ(ポリエチレン)」「テープ」「ボトル(ペット樹脂)」の3つに分解できますが、「キャップ」は可燃ゴミに、「テープ」は不燃ゴミに、「ボトル」は地域で用意された回収カゴへと分けなければなりません。ポイっとゴミ箱には捨てられませんから、ひと手間かかることは否めません。ゴミ回収日まで保管する袋なども必要となるでしょう。

4つ目は「メーカーに直接質問できない」点です。「ワンウェイ式」は宅配業者が交換ボトルを運んできますから、わからないことがあってもその場ですぐに聞くことができません。仮に不明点があっても、サービスセンターへ電話をしないと解決しませんし、問い合わせ時間も平日の朝から夕方までと、勤め人や育児に忙しい人はなかなか難しい時間帯といえるでしょう。

リターナブル式のメリット

「リターナブル式」の最大の魅力は、「ワンウェイ式」よりも料金が安いことです。この方式で提供される水は「RO膜」という特殊なシート膜でろ過された「RO水」です。原水は水道水を使っているメーカーが大半ですから、天然水よりも低価格で提供されています。安くウォーターサーバーをはじめたい人にはおすすめです。また、ゴミを出す手間がないことも大きなメリットでしょう。「ワンウェイ式」は水ボトルに加えて段ボール箱・梱包材などかさばるゴミが出ます。その上、分別してゴミ捨て場まで運搬しなければなりません。これと比較して、「リターナブル式」では全くゴミが出ず、諸々の面倒もかかりません。ボトルは回収して洗浄・殺菌し再利用しますから、エコ観点からいっても資源の節約になっているでしょう。環境への意識が高い人の場合は特に、こちらのスタイルのほうが好ましいでしょう。

その他にも、わからないことがあればボトルの配達担当者に直接話を聞くことができますから、すぐに疑問が解決して安心して使い続けられるでしょう。メーカーによっては不在時にも玄関先にボトルを置いてもらえるサービスもあり、再配達を頼む手間がありません。ボトルが汚れないよう専用袋やボックスに入れるといった配慮も、専用配達員ならではの行き届いたサービスです。日中忙しくてボトルが受け取りにくい人にも「リターナブル式」は一押しです。容器には硬いガロンボトルが使われていますので、破損や衝撃にも強く水漏れの心配もありません。やんちゃ盛りの子どもや被介護者のいる家庭では、この丈夫さがメリットになるでしょう。

リターナブル式のデメリット

「リターナブル式」のデメリットは、メーカーによる回収があるまで、使用済みボトルを保管しなければならない点です。返却までボトルが保管場所を陣取り、大量に水を消費する家庭であれば回収待ちのボトルが山積みになってしまいます。こういった場合は、容器の積み重ねができるグッズがメーカーから販売されていることもありますので、保管場所に困っていれば活用してみてはいかがでしょうか。また、ボトルが再利用されることや、内部に外気が入る仕組みも気になる人がいるでしょう。工場でしっかりと洗浄されているとはいえ、一度人の手に渡った容器を使うことに抵抗感がある人もいるかもしれません。

家庭環境に合わせてウォーターサーバーを選択しよう!

shutterstock_1342858211.jpg

「ワンウェイ式」と「リターナブル式」のメリット・デメリットを見てきましたが、それぞれ一長一短あるといえます。挙げてきた項目を参考にすれば、何を優先するかでどちらを選ぶべきか判断できるでしょう。「安全性かコストか」「手間をかけるか保管場所を作るか」といったことをポイントに、各家庭の生活環境に合わせて選んでください。