ウォータージャーナル

ウォーターサーバーの魅力が知りたい!

オフィスや病院でよく見かけるウォーターサーバーを自宅に導入するスタイルが増えています。ウォーターサーバーを普段の暮らしで使うことによって、実際にどんなメリットがあるのでしょうか。水は生活していく上では欠かせないもの。だからこそ、その魅力を知りたいと思う人は少なくないでしょう。ここではウォーターサーバーに使われている水の品質や、気になる利便性などについて紹介していきます。

安心・安全な水が飲める

shutterstock_1117381490.jpg

ウォーターサーバーの魅力は、なんといっても「水の品質」にあります。私たちが毎日体の中に摂り入れる水は、安心・安全でなければいけませんし、炊飯や料理に適していることも見過ごせないポイントです。ウォーターサーバーの水は、大きく区別すると天然水とRO水に分かれます。

まず天然水ですが、天然といっても決して自然のままの水というわけではありません。水源は、水質の優れた採水地を厳選し、地層から湧き出るミネラルが豊富に含まれた地下水となります。もともと何百年ものあいだ自然にろ過されたピュアな水ですが、採水後さらに人工的にろ過し、殺菌処理等を加えて安全な水に仕上がります。体に良いミネラル成分を適度に生かしつつ、まろやかな口あたりで、そのまま飲んでもおいしさが味わえる水です。

一方、RO水は河川やダムなど取水地の水を殺菌消毒して、国の水質基準に適合した水道水が原水となっています。その原水を「RO膜」というわずか0.0001ミクロンという超微細孔の特殊フィルターでろ過します。顕微鏡レベルの小さな不純物が除去されるため、「ほぼ純水の状態」となった水といえるでしょう。このRO水は浸透性に優れていることが大きな特徴です。炊飯時は、水分がお米にしっかりと吸収され、ごはんがふっくらと炊き上がります。素材のうまみ成分を上手に引き出してくれるため、煮物などの料理にもぴったりです。

天然水とRO水、どちらも安心・安全な水であることには間違いありません。良質のミネラルがバランス良く含まれた、まろやかで「おいしい水」が飲みたい人は天然水がいいでしょう。不純物を徹底して取り除き、限りなく純水に近い「きれいな水」を好まれるならRO水をおすすめします。

いつでも熱いお湯と冷たい水を使用できる

ウォーターサーバーのもう一つの魅力は、24時間いつでも熱いお湯と冷たい水が使えることです。サーバーの中には温水用と冷水用のタンクがあり、それぞれ水を温めたり冷やしたりする機能が備わっています。そこで温められた水と冷やされた水が常に一定の温度を保っているため、いつでも温水と冷水が使えるというしくみです。

一日の生活サイクルには、水やお湯を使う場面はたくさんあります。起床時、朝食準備、外出時のマイボトル、帰宅後、夕食準備、入浴後、就寝前など、無意識に水を利用していることも珍しくありません。そんな一つひとつの場面でウォーターサーバーが活用できる暮らしはとても便利です。

朝起きたときにさっと飲める冷たい水は、一日を始める活力になります。食後に飲みたい一杯のコーヒーや紅茶に手間をかけずにすむことは、気持ちにゆとりをもたらしてくれるでしょう。急な来客でもお茶をもてなす準備にあわてることはありません。夜遅く帰宅したときや勉強中に小腹が空いたときも、ウォーターサーバーならすぐにカップ麺がつくれます。ウォーターサーバーがない生活では、熱湯が必要になる度にお湯を沸かす手間がかかり、冷たい水も冷蔵庫で冷やしておかなければいけません。

自宅にウォーターサーバーがあればそんな手間が省け、忙しいときも時間を無駄なく有効に使うことができます。毎日の暮らしの中でこの便利さを実感してしまったら、もうウォーターサーバーを手放すことはできなくなるでしょう。サーバーによっては省エネタイプの機能もあり、一回一回お湯を沸かすことに比べて消費電力が経済的です。飲みたいときにさっと飲めるおいしい水は、家計にもやさしい水なのです。

自宅まで水を宅配してもらえる

毎日飲む水が、水道水ではなくお店で購入するミネラルウォーターという人はけっこう多いのではないでしょうか。引っ越した土地の水道水が体に馴染まなかったり、カルキ臭のイメージがぬぐえなかったりして、ペットボトルの購入が習慣になっている人もいるでしょう。しかし、水が入ったペットボトルは結構な重さです。一度に大量に買って持ち帰るのは大変ですし、買い物の度に1本ずつ購入するのも意外に手間がかかります。

高齢者や力に自信のない人なら、重たい荷物運びはなおさらつらいはずです。そんな心配が無用の便利アイテムこそ、ウォーターサーバーにほかなりません。ウォーターサーバーを利用すれば、水の入ったボトルを定期的に自宅まで宅配してもらうことができるからです。毎月決まった日に専任の配送員が自宅まで届けてくれるため、ユーザーから都度注文する手間がありません。水の残量を心配することもなく、サーバーのメンテナンスも配送員に相談することができます。

もちろん使用済みのボトルは配送員が回収してくれるので、ゴミ出しを気にする必要もありません。かかる費用は使ったボトルの料金のみで、配送費やサーバーのレンタル料など一切無料です。ネットショップでのミネラルウォーターの購入も可能ですが、残量を気にしながらユーザーから都度注文するわずらわしさがあります。重たいペットボトルを運ぶ必要がなく、わずらわしい注文も無用のウォーターサーバー。まだスーパーやネットで水を購入している人は、ウォーターサーバーのメリットをぜひ体感してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんや妊婦にもウォーターサーバーの水は最適

ウォーターサーバーは、赤ちゃんがいる家庭でも大いに役立っています。なぜなら、ウォーターサーバーの水が胃腸の働きが弱い赤ちゃんにふさわしい「軟水」だからです。軟水とは、カルシウムやマグネシウムといったミネラルの含有量が少ない水で、飲みやすくお腹に優しいことが特徴です。逆にミネラルの含有量が多い「硬水」は刺激成分が多く、赤ちゃんや妊娠期の消化器官に大きな負担となります。つまり、ウォーターサーバーに使われる軟水は、赤ちゃんはもちろん妊婦の体にもやさしい水なのです。

実は、飲料用として当たり前のように蛇口から出る水道水もほとんどが軟水です。しかし、水道水に含まれる残留塩素のカルキが、赤ちゃんの体にまったくリスクがないとは言い切れません。ミルクを作るとき、数分間の煮沸消毒と約70度まで冷ましたお湯を使う「カルキ抜き」の手間が、育児の負担になっているママも少なくないでしょう。その点、ウォーターサーバーの軟水は届いたときからカルキを含まず安心・安全であり、ミルクや離乳食に適した水です。

しかも温水と冷水がすぐに出てくるので、忙しい育児中でも簡単にミルクを作ることができます。深夜でもミルクをさっと飲ませられるため、夜泣きする赤ちゃんだけでなくママも授乳時のストレスが緩和されます。温水コックにチャイルドロック機能が付いているものもあり、育児中に赤ちゃんがお湯でヤケドする心配もいりません。赤ちゃんや妊婦に最適なウォーターサーバーは、育児のストレスをやわらげるしくみも備えているのです。水を飲んだり利用したりする便利さだけでなく、ライフスタイルをサポートする魅力にも注目したいですね。

魅力が詰まったウォーターサーバーを利用しよう!

shutterstock_375795829.jpg

水は毎日の暮らしになくてはならないものだけに、手間がかからず安心して飲めることが一番です。ウォーターサーバーの魅力は、安全な水が自宅まで定期的に届き、温水と冷水がいつでも使えること。赤ちゃんや妊婦さんに最適な水は、多くの人にも利便性が高く、利用するメリットは盛りだくさんです。ライフスタイルが変わるほどうれしい魅力に満ちたウォーターサーバーを、ぜひご家庭におすすめします。