ウォータージャーナル

真空パックのウォーターサーバーで新鮮な水を飲もう

ウォーターサーバーにはいくつかの種類があり、装填するボトルの種類もさまざまです。ボトルによって、それぞれメリット・デメリットがあり、ウォーターサーバー選びの基準となることもあります。そんなボトルの中でも真空パックは、ほかのボトルにはない特徴のあるボトルです。今回は、真空パックのボトルにはどのような特徴があるのか、そしてそのメリットについて紹介していきます。

ウォーターサーバーの真空パックとは

shutterstock_645389572.jpg

よく用いられるウォーターサーバー用のボトルのひとつに、ワンウェイ方式と呼ばれるものがあります。ワンウェイ方式とは、ボトルを業者に返却することなく、使い切ったところでそのまま捨てることができるタイプのものです。返却する手間が要らないため手軽に利用することができ、飲み終えた後のボトルは潰してしまうことで手軽に捨てることができます。こうしたワンウェイ式のボトルですが、仕組み上空気が入るものと入らないものがあります。

空気が入らないタイプのボトルは、中の水が減れば減るほど潰れていくようになっており、見た目が美しくないことが難点です。一方で、空気が入るものに関しては飲み進めてもボトルの形状は変わりませんが、空気に触れてしまうことを踏まえると鮮度の面では不安が残ります。こうした問題点を解消しているのが、真空パックタイプのウォーターサーバーです。真空パックタイプは採水してすぐに密封するため、注水するまでは空気に触れることがありません。

鮮度を保つうえでは水を空気に触れさせることは好ましくないため、真空パックであればより確実かつ長期間、新鮮な水を保持することができます。常に鮮度の高い水を飲むことができるので、衛生面でも安心して導入することが可能です。真空パックタイプは、既存のリターナブルのガロンボトルやワンウェイボトルと比較すると、非常に空気が混入しづらい構造となっています。注水されればされるほど減った水に合わせて容器も隙間なく潰れていくため、空気が入り込む余地がほとんどありません。

もし細菌の入った空気がウォーターサーバー内に混入してしまうと、ウォーターサーバー内部で細菌が増殖して衛生環境が悪化してしまう可能性があります。早めに飲み切れば問題ない場合もありますが、できることならば長持ちするに越したことはありません。しかしながら、真空パックタイプはそもそも空気が混入する機会そのものを断つ仕組みとなっています。空気に触れる心配がほぼないので、非常に衛生的であると言えるでしょう。他の方式と比べても安全性能が高いため、新規でウォーターサーバーを導入するのであれば、真空パックタイプも視野に入りやすいでしょう。

真空パックタイプであればゴミがかさばらない

真空パックタイプのメリットのひとつとして、ゴミがかさばらないことが挙げられます。ウォーターサーバーでは、飲み終えたあとのボトルは本体から取り外して新しいものと交換する仕組みとなっていますが、取り外された空のボトルはそのまま廃棄するか、返却をするかのいずれかの仕組みがとられています。いずれの場合もそれぞれメリット・デメリットが存在するので、ウォーターサーバー選びの際は念頭に置いたうえで決めるとよいでしょう。

まず、そのまま廃棄するワンウェイ方式のボトルでは、使い終わったボトルをわざわざ返却せずに済むことがメリットとして挙げられます。返却するタイプであると業者に返却するまでの間は保管し続けなければならないため、あまり場所がとれないかたには助かることでしょう。しかしながら、ゴミが出る点はデメリットにもなります。飲み終えたあとのボトルを廃棄するには、かさを減らすために潰さなければなりません。そのため、潰す作業を面倒に感じたり、潰した後もある程度場所をとるため捨てるまでが邪魔だと感じる場合には避けたほうがよいでしょう。

飲み終えたら返却するリターナブル方式のボトルは、ゴミを出さないため環境に与える影響が少ないことがメリットです。また、返却する都度ボトルを潰すことこそできませんが、積み上げることが可能なためさほどスペースをとらずに済むようになっています。とはいえ廃棄する前提のワンウェイ方式のボトルと比べると、よりスペースが必要となることは否定できません。また、回収してもらわなければいけないため、宅配時に在宅でなければならないこともデメリットと言えるでしょう。

一方、真空パックタイプは、これら各方式のデメリットをある程度解消しています。先に述べたように、このタイプの容器は水を飲んでも空気が入らないつくりです。そのため、水を飲めば飲むほど、ひとりでにパックそのものも飲んだ水の体積分だけ潰れていきます。飲み終わった時点で完全につぶれてしまうため、自分でわざわざ潰す必要がない手間いらずの仕様となっているのです。また、飲み切ったあとのパックを折りたたむと、キッチンペーパー2枚分ほどのサイズとなります。

非常にコンパクトでかさばらないため、ゴミ箱に気軽に捨てることが可能です。スペースの問題と飲み終えた後の手間の両方をクリアしているため、真空パックを採用したウォーターサーバーはワンウェイ方式やリターナブル方式と比べると、より手軽であると言えるでしょう。

真空パックタイプのデメリット

優れた要素が多い真空パック方式ではありますが、完全無欠というわけではありません。一見メリットづくしの仕組みであるように思えますが、デメリットも存在しているのです。デメリットのひとつとしては、容器のセットに手間がかかってしまうことが挙げられます。ワンウェイ方式やリターナブル方式の場合であれば、接続部にセットするだけで済むのでボトルの取り付けは非常に簡単です。しかし、真空パック方式の場合には、普通のボトルのように連結部に差し込むだけではなく、さらにニードルを差し込んだうえでロックをする必要が生じます。

そのため交換時には、従来の型と比べると、どうしても手間がかかってしまいがちです。ボトルを付け替えるたびに毎回かかる手間なので、気になる人にとっては負担となるでしょう。とはいえ、ワンウェイ方式の場合であればボトルを潰す際に手間が生じることは先に触れた通りです。また、リターナブル方式はボトルそのものが大きいことが多く、腕力に自信のない人では取り付けに手間取ることも考えられます。いずれも一長一短であるため、導入する環境に応じたウォーターサーバーを検討するのがよいでしょう。

また、手間が増えるわけではありませんが、真空パックタイプのものを利用する場合、環境問題になりつつあるビニール系のゴミが出てしまうことは念頭に置いておきましょう。ワンウェイ方式のものであれば、本体はペット樹脂であるためリサイクルごみとして通常のペットボトルと同様に回収に出すことが可能です。また、キャップ部分もプラスチックであるため、不燃ゴミとして出せば問題ありません。リターナブル方式の場合であれば、飲み終えた後のボトルは回収してもらうため、そもそもゴミを出さずに済みます。環境についての意識をするのであれば、必ずしも真空パックタイプがよいとは言えなくなるので注意が必要です。

クリクラで地球環境に優しい純粋な水を使おう

lineup-02.jpg

真空パックタイプは、水が空気に触れないため衛生的な仕組みであり、安全に飲むことができます。また、クリクラは真空パックではありませんが、日本の水道水を原料として、不純物を除いた純水を用いているため安全です。ビニール系やプラスチック系のゴミが出ないので、環境にも優しくなっています。1年を通して硬度や成分が変わることなく、安全な水が安定して届くため、安心してウォーターサーバーの水を使うことが可能です。