ウォータージャーナル

ウォーターサーバー使い捨てボトルのメリットとデメリット

ウォーターサーバーの導入を検討している場合、ボトルの交換方法を選ばなくてはいけません。それぞれの方法にメリットとデメリットがあります。使用環境や使用者の特徴に合わせて、ぴったりの方法でウォーターサーバーを取り入れましょう。この記事では、ウォーターサーバーの「使い捨てボトル」について詳しく解説していきます。

ウォーターサーバーのボトルには種類がある

shutterstock_1298933713.jpg

水の入ったボトルを本体に取り付け、飲料や生活用に使うのがウォーターサーバーの仕組みです。そして、ボトルは大きく分けて2種類です。まず、「リターナブルボトル」は中身が空になった後の回収を前提としています。メーカーによって回収された後のボトルは洗浄と消毒が行われ、再び再利用されます。そして、家庭に届けられたボトルが空になれば再びメーカーが回収してくれる繰り返しです。ボトルの処分を自分で行わなくていいので、人気のある方式です。

次に、「ワンウェイボトル」は中身が空になっても回収は行いません。そのままゴミとして廃棄できます。いわゆる「使い捨て型」です。ワンウェイボトルはリターナルボトルと同じく、メーカーが家まで新品を届けてくれます。ただ、ボトルが空になった後の対処法に差があるといえるでしょう。

そのほか、リターナルボトルとワンウェイボトルでは、メーカーが配達に来る頻度やボトルの使い方に大きな違いがあります。そして、いずれのタイプが使いやすいのかは使用者の事情によって変わってくるでしょう。必要なのは両者の特徴を踏まえたうえで、自分の家庭にぴったりの方式を選ぶことです。

回収ボトルのメリットとデメリット

「ゴミがなくなる」のは回収ボトル最大のメリットです。ウォーターサーバーは毎日使うことになるため、当然、ボトルの水もハイペースで減っていきます。しかし、空になったボトルはかさの大きいゴミなので、捨てるのも一苦労です。ボトルの捨て方は自治体によって異なるため、地域によってはかなりの負担となるでしょう。回収ボトルなら、ボトルを廃棄する心配をせずに済みます。定期的に訪問するメーカーのスタッフに預けるだけで処理ができます。さらに、リサイクル活動の一環としても回収ボトルは貢献しているといえるでしょう。廃棄が行われず、何回も同じボトルを再利用するのは地球環境に優しい仕組みです。

また、回収ボトル形式では多くのメーカーが定期メンテナンスを行っています。ウォーターサーバーは長く使っていると、不調や不具合をきたすことも珍しくありません。メンテナンスによって専門家に本体をくまなく調べてもらえば、安全性を保ったまま使うことができるでしょう。

ただし、予備のボトルをストックする家庭では事情が異なります。常に使用待ちのボトルを備えているため、保管場所の確保は必須です。さらに、「衛生面の心配」も回収型のデメリットです。もちろん、回収されたボトルはメーカーによって洗浄され、清潔な状態で再利用されています。それでも、「万が一」と考えると、不安になるのも無理ないでしょう。水はあらゆる場面で使うだけに少しでも安全なものを手に入れたいと思うのは自然な発想です。あくまで使用者の心持ちの問題ではあるものの、一度家庭で使われたボトルを再利用するという仕組みを受け入れられないなら、回収型のボトルはストレスを招くでしょう。

それに加えて、スタッフへの対応も回収ボトルにつきまとう問題です。ボトルの回収は原則的に、スタッフが新しい水を届けてくれたときに行います。つまり、スタッフが来る時間帯には誰かが家にいなくてはなりません。買い物やパートに行ったり、仕事に出かけたりしているとボトルを回収してもらえず家の中に残ってしまいます。水の受け取りだけなら指定の場所に置いてもらうだけですむところを、使用者側の手間が増えてしまうのです。

使い捨てボトルのメリットとデメリット

「スペースをとらない」のは使い捨てボトルを選ぶメリットです。使い捨てボトルは回収を待つ必要がありません。中身が空になれば、すぐに廃棄できます。そのため、空のボトルの置き場所に悩む必要がなくなります。特に、ボトルをたくさんそなえておきたい家庭にはぴったりです。予備のボトルのほかに空のボトルまで保管する場所を用意するのはたいへんなので、すぐに捨てられるのは便利です。

次に、「衛生面の配慮」もなされています。回収型ボトルは、再利用を前提としているので形を崩すことができません。しかし、使い捨てボトルなら水が減っていくにつれて、サイズを小さくできます。ボトル内の空間が狭くなるため水が空気に触れている割合が減り、雑菌やホコリの心配をしなくてよくなります。さらに、ボトルを使いまわすという精神的な抵抗感からも解放されるでしょう。

また、「空のボトルを渡す」作業も省略されます。忙しいときであれば、スタッフに渡すだけでも面倒に感じるものです。その作業にかかる時間もわずらわしいでしょう。使い捨てボトルならメーカーの人間ではなく宅配業者が水を届けてくれます。そのぶん、相手とのやりとりも短くなり、水を受け取るのみで終わります。すぐに切り上げたいのに質問や宣伝をされることもありません。しかも、使い捨てボトルはガロンボトルよりもコンパクトです。日々の交換作業が楽なので、女性やお年寄りでも安心です。

一方で、使い捨てボトルのデメリットは「ゴミが出る」ことでしょう。自宅に置いておく必要がなくなるとはいえ、ゴミ捨て場所まで持っていく手間が増えます。しかも、容器の形によってはどうしても水が残ってしまいます。きれいに水を取り除くために時間がとられるでしょう。そのうえ、ペットボトルは潰さなくてはいけないので力も必要とされます。

そのほか、エコロジーの観点からすると決していい気分にならないのが使い捨てボトルです。使い捨てボトルはプラスチック系のゴミに該当します。重大な環境問題として議論が交わされているゴミだけに、ボトルを捨てることで罪悪感を覚える場合もあります。それでも、使い捨てボトルの使い勝手がいいのは事実なので、メリットとデメリットをよく比較して検討しましょう。

使い捨てボトルのシステム

ウォーターサーバーでは、どうしても水の安全性が気になります。使い捨てボトルのシステムを理解しておけば、安心して水を飲めるでしょう。まず、使い捨てボトルの準備は「天然水のくみ上げ」から始まります。メーカーごとに採水工場を管理しており、そこから汚れのない天然水を確保します。そして、非加熱状態のまま、新品ボトルの中に水を充填する流れです。このとき、ボトルはきつく密封されており、外気や細菌の混入を許しません。ボトル内の衛生的な環境は保たれています。

そして、採水地から契約者の自宅へと直送されます。後は、家庭でウォーターサーバーにボトルを取り付け、使用するだけです。中身が空になったボトルは家庭用ゴミかリサイクルゴミとして捨てられます。使い捨てボトルの素材は普通にゴミ出ししていいものが選ばれているので、特殊な方法で捨てる必要がありません。つまり、使い捨てボトルは採水してから家庭まで、余計な手間は加えずに届けている仕組みです。ウォーターサーバーの衛生が気になる人ほど、選択する価値があるでしょう。

ウォーターサーバーはボトルの方式を決めることから始める

img-01.jpg

使い捨てボトルと回収ボトルにはそれぞれのメリット・デメリットがあります。使い捨てボトルの場合、衛生面の心配がないのはメリットであるものの、ゴミに出す手間は増えます。ちなみに、クリクラではエコや地球環境に貢献できるリターナブルボトルで水を提供しています。ウォーターサーバーのボトル選びは、家庭の事情を踏まえて決めるのが得策でしょう。