ウォータージャーナル

ウォーターサーバーの機械だけ購入は損!おすすめしない5つの理由

ウォーターサーバーを導入しようと考えているけれども、どのような購入方法にしようか悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。中には、ウォーターサーバーの機械だけ購入しようかと考えている人もいるかもしれません。しかし、それはおすすめできません。この記事ではなぜおすすめできないのかを解説していきます。

機械だけの方が初期費用は高い

shutterstock_522007264.jpg

ウォーターサーバー導入を考えている人の中には機械だけを購入しようと考えている人もいるかもしれません。しかし、ウォーターサーバーを機械だけ購入すると損をすることになってしまいます。実は、ウォーターサーバーは機械だけの方が初期費用が高いのです。

ちなみに、ウォーターサーバーの機械の購入には数万円単位のまとまったお金が必要です。ウォーターサーバーはほとんどがレンタル式なので、購入できる製品の選択肢も少ないのです。比較対象が少ないので、本体価格が適当かどうかの判断が難しいという現状もあることから、機械だけの購入はおすすめできません。

冷水の冷えがあまり良くない

ウォーターサーバーを機械だけ購入すると損だという理由には、冷水の冷えがあまり良くないということも挙げられます。格安タイプのウォーターサーバーは冷水の温度設定が高めです。ほぼ常温に近い温度で設定されているということもあります。

ウォーターサーバーの導入を検討しているという人の多くは、冷たい水がいつでも飲めるということを楽しみにしているでしょう。しかし、ウォーターサーバーの機械だけを導入してしまうと、水の冷えが良くなく、せっかくウォーターサーバーを導入しても何のために導入したのかわからなくなってしまうかもしれません。

もしも、ウォーターサーバーの機械だけを購入するということを考えているのであれば、ウォーターサーバーによって温度設定に差があるので確認が必要です。購入したあとに、冷水温度が高いことに気がついてしまうと、せっかく高い金額を出して購入したウォーターサーバーも無意味になってしまい、結果的に後悔をすることになります。

利用できる水の量が少なめ

ウォーターサーバーを機械だけ購入すると損である理由として、利用できる水の量が少なめだということも挙げられます。卓上タイプはコップ2杯程度でボトルが空になってしまうようなものもあります。これではサーバーとしての役割をほとんどなしません。

ストックを必要としているという場合や、多くの水を使いたいという場合、家族の人数が多いという場合などには、卓上タイプのウォーターサーバーは不適切で、利用できる水が少なすぎてしまいます。

また、床置きタイプでも冷水、温水のタンクの容量を確認する必要があります。メーカーによっては、水の量が少なかったり、見た目以上に水のストックができないという可能性もあります。購入の際にはタンクの大きさや、入る水の量を確認する必要があります。

衛生状態を良好に保ちにくい

ウォーターサーバーを機械だけ購入すると損だという理由には、衛生状態を良好に保ちにくいことも挙げられます。実は購入できるウォーターサーバーには、サーバー内に熱湯を循環させて殺菌するようなシステムがないことが多いのです。

レンタルウォーターサーバーは、サーバー内に熱湯を循環させて中に雑菌や不純物が入らないような工夫がされています。そのことにより、赤ちゃんや身体の弱い人でも安心して飲めるような水質を保つことが可能なのです。

機械購入ができるウォーターサーバーである場合には、そうした殺菌システムがない場合が多く、衛生的ではありません。定期的なメンテナンスも行われないため、衛生状態を保ちにくいということも挙げられます。

ウォーターサーバー本体は処分が大変

ウォーターサーバーを機械だけ購入すると損だという理由として、ウォーターサーバー本体は処分が大変だということも挙げられます。レンタルのウォーターサーバーは解約時に引き取ってもらえます。しかし、自分で購入したウォーターサーバーは不要になれば、自分で処分しなければなりません。これはゴミとして回収してもらえない可能性があります。

粗大ごみに出そうと思っても、かなり重量があるので一人で持ち運ぶことができず、結果的に自宅に置きっぱなしになるという可能性もあります。使わないウォーターサーバーはスペースを取るだけになってしまい、仮にゴミに出せてもせっかく高い金額を出して購入したのにも関わらず、ゴミに出すためにお金がかかってしまうという可能性もあります。

転売やリサイクルということを考えている人もいるかも知れませんが、リサイクルショップでも使用済みのウォーターサーバーには需要がないため、引き取ってもらえない可能性が高いでしょう。また、売れなくとも廃品回収などに出す場合にも、大きくて重量もあるウォーターサーバー本体を運んで引き取ってもらえる業者を探さなければならないのが大変です。

機械だけを購入してしまうことで最後まで自分で処分しなければならないということを考えると、レンタルしてウォーターサーバーを使ったほうが、不要になった場合も困らなくて済むということです。

ウォーターサーバーを使うならクリクラがおすすめ

機械だけウォーターサーバーを使いたいと思いながら悩んでいるのであれば、クリクラがおすすめです。クリクラは1週間無料で試すことができます。どんな製品なのか使ってみなければわからないということであれば気軽に試すことができます。

また、長期のレンタルに心配があるという場合でも短期レンタルも可能です。貸出期間というものが決まっていないので、好きな期間借りて、返却できるという利点があります。もしも途中でウォーターサーバーを使わなくなってしまったという場合には返却してしまえば問題ありません。しかし、ウォーターサーバーの機械だけを購入してしまうとせっかく高い金額で買っても使わなければ無駄になってしまいます。

クリクラのウォーターサーバーはレンタル料、水の配送料、サーバーの設置費用が無料です。また、水自体の料金も安いということも利点として挙げられます。ウォーターサーバーは重量があります。もし、自分で機械だけ購入してしまうと、自分で設置しなければなりません。

また、引取の際にも業者をよんだりして機械だけ引き取ってもらわなければならず、お金がかかってしまうということも考えられます。自分で機械だけを購入してしまうと処分するのにもお金がかかってしまいますが、レンタルであれば安い金額でウォーターサーバーを使うことができるのです。

クリクラは安心して飲めるミネラル分を調整したRO水を使っており、安全性も高いです。これは赤ちゃんでも飲むことができる水で、ミルクを作るときや離乳食を作る場合にも使うことができます。産婦人科でもクリクラを導入しているところが増えています。赤ちゃんや妊婦さんでも使うことができる安心・安全なお水ということもあり人気があります。

また1年に1回定期メンテナンスがあり、衛生状態を保って利用できるという利点もあります。自分でウォーターサーバーの機械だけ購入してしまうと、衛生管理をすることが難しくなります。しかし、定期メンテナンスがあれば衛生的に使うことができるのでクリクラはとてもおすすめです。

クリクラは解約時にも解約金はかからず、本体の回収もしてもらえるため、自分で機械だけを購入したときのような処分の方法を考える必要もありません。

クリクラを試してみよう

lineup-02.jpg

機械だけ購入しても結果的に損になることが多いということからも、ウォーターサーバーを使用するなら、コストパフォーマンスがよく、衛生面からも安心して使うことができるクリクラを試してみてはいかがでしょうか。クリクラは無料のお試し期間もあるので、使ってみなければわからないという人にもおすすめです。ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。