ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

ウォータージャーナル

ウォーターサーバーは水がなくなったらどうなるの?空焚きの心配は?

ウォーターサーバーはいつでも衛生的でおいしい水が飲める、便利な機器です。近年はオフィスでの共同利用はもちろん、家庭で個人的に利用する人も増えてきました。ただ、特に家庭に設置する場合には、水がなくなったときの対応や空焚きが気になるのも事実です。今回の記事では、空焚きの危険性や水がなくなったときの対応方法について具体的に解説していきます。

ボトルの水がなくなってもすぐには空焚きにならない

shutterstock_532505680.jpg

ウォーターサーバーの多くは冷水と温水の両方が使えるようにつくられています。そこで不安に感じるのが、空焚きです。ボトル内の水がなくなったときの空焚きによって、故障や火災などの原因にもなることを心配する人がいるのです。結論からいうと、ボトルの水がなくなってもすぐには空焚きになりません。なぜなら、ウォーターサーバーはボトルの水が一旦貯水タンクに貯められ、蛇口から出る仕組みになっているからです。これは、万が一ボトル内の水がなくなっても、貯水タンクの水があることで空焚きを防止することを意味しています。

さらに、多くのウォーターサーバーはボトルの水がなくなったら、自動的に温水をストップする仕組みも備えています。ただ、こうした空焚き防止機能が付いていても、電源が入った状態では、貯水タンクの水が少しずつ蒸発していくという事実は変わりません。貯水タンクの水があるのですぐには空焚きにならないですが、そのまま長期間放置しておけば危険ということです。したがって、ボトルや貯水タンクの水がなくならないように日頃から気を付けることが重要です。また、貯水タンクの水が少なくなった時点で、ランプが点灯するなどのお知らせ機能が付いているウォーターサーバーもあります。必要に応じてこのような機能も利用しながら、適切に管理していくようにしましょう。

水がなくなったら長期間放置してはいけない

ウォーターサーバーのボトルの水がなくなったら、すみやかに予備の水と交換するか、一旦電源を止めなければいけません。なぜなら、ウォーターサーバーの電源が入った状態だと貯水タンクを加熱し続けるため、少しずつ残っている水が蒸発していってしまうからです。これは、いずれは水がなくなって、空焚きになってしまうということです。もちろん、ボトルの水がなくなった時点で、温水の供給が自動的にストップするなどの空焚き防止機能はあります。しかし、空焚き防止機能はあくまでも補助的なものなので、過信しすぎないようにしましょう。

また、ボトルの水がなくなったとしても、貯水タンクの水はしばらく残っているため、数日から1週間程度の放置には耐えられるのがウォーターサーバーです。そのため、現実的にはボトルの水がなくなったからといって、すぐに空焚きが起きることはほとんどありません。ただ、基本的にウォーターサーバーはコンスタントな利用を前提につくられたものです。すぐに問題が起きないとしても、そのままにしておくことは好ましくありません。そこで、水がなくなっても大丈夫そうだからと放置はせず、早めにボトルを交換するなど対応することが重要になります。

長期不在でウォーターサーバーを使わないときは?

たとえば、家族で海外旅行に出かけるなど、長期的に家を空けることもあるでしょう。このようなときは、ウォーターサーバーの扱いにもいくつかの注意点があります。まず、認識しておかなければいけないことは、長期不在の間にも水は蒸発するものであり、状況によっては貯水タンクの水が空になる可能性があるということです。これは言い換えれば、空焚きのリスクがあるということになります。そのため、ウォーターサーバーの電源を抜いて家を空けることを考える人もいるようです。ただ、電源を抜くと水の鮮度が落ちるという問題もあります。そのような観点から、実際は不在中でも電源を入れたままを推奨するウォーターサーバー会社が多くなっているのです。

また、会社によっては正反対に、たとえ1~2週間程度の不在でも電源を抜いておくことを推奨するところもあります。この場合、電源を抜くことで安全性は高まりますが、ウォーターサーバーを再度利用するときには水抜きが必要になります。水抜きとはその名の通り、タンク内の水をすべて捨ててから使用することです。電源を切ってしまうと衛生面で懸念が出てくるので、一旦水を捨てる必要があるのです。このように、長期不在時の対応方法は各ウォーターサーバー会社によってまったく異なることが分かります。この他にも、各社によって出かける前に水を抜くのか、戻ってきてから抜くのかなどの細かい手順も変わってきます。

そのため、詳しいことは、自分が普段利用しているウォーターサーバー会社の説明書で確認しておくことが大切です。もし、それでも分からなければ、直接サポートセンターに電話などで確認しても良いでしょう。各ウォーターサーバー会社の説明に従い、正しい使い方をすることが安全にもつながります。

「温水を使わないから電源オフ」はダメ

温水を普段使わない人は、ウォーターサーバーの電源をオフにしたくなるものです。しかし、結論からいうと、このような行為はしてはいけません。なぜなら、ウォーターサーバーの電源はお湯を沸かすだけではなく、水を循環させて衛生状態を保つことにも必要だからです。もし、電源をオフにしてしまうと、空焚きの心配がなくなる代わりに水の鮮度は大きく落ちることになります。そのようなことを防止するためにも、電源は常に入れておかないといけないのです。

ウォーターサーバーを利用する人の中には、空焚きを過剰に心配する人もいますが、通常はボトルが空になった後に長期間放置しない限りは安全です。したがって、普段は電源をオフにすることなく、水の衛生面も考えて常時オンにしておきましょう。また、温水を使わないのにお湯がつくられてしまう現象も仕方のないことです。これは、定期的にお湯を捨てるなどして対応していけば、それほど困ることでもないはずです。なお、クリクラなどの一部のウォーターサーバーは、電源を入れないで常温の水を利用できる便利なつくりとなっています。災害時の停電で、緊急措置としてこうした使い方も、短期間であれば可能です。

予備の水がなくなったらどうすればいい?

予備の水はウォーターサーバーを利用する上で必須ですが、その対応は各会社によって異なります。利用者としては定期的な配送利用か、ストックが少なくなってきたら注文することが多いでしょう。困るのは予想以上に早く水を消費したときで、たとえば、追加注文が可能なウォーターサーバー会社なら安心です。しかし、追加注文は各社によって、可能な会社とそうではない会社に分かれるのです。追加注文ができる会社なら問題はないですが、できないところだと、予備の水がなくなったときにはウォーターサーバーが使えなくなってしまう恐れもあります。

特に定期配送だけのサービスで、追加注文ができないようなシステムの会社は、予想外の状況になったときに対応が難しいといえます。予備の水がなくなれば、次回の定期配達まで待つしか手段がないからです。そのような意味で、追加注文ができるシステムを採用している会社は安心感があります。また、定期的に配送スタッフが水の残量を確認してくれるようなところも良いでしょう。専門のスタッフに確認してもらえば、常に必要な水の量を把握できるからです。

クリクラなら水切れの心配が少ない

lineup-02.jpg

クリクラは水切れの心配が少ないサービスとして有名です。水の配送は専任のスタッフが定期的に自宅まで届けてくれますし、残量の確認も同時に行ってくれるからです。また、追加注文にも対応しています。さらに、水の残量が少なくなっていれば、追加で購入する時期などのアドバイスもしてくれるのです。ウォーターサーバーを安心して使いたいなら、クリクラは最適な会社の一つといえるでしょう。