ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

ウォータージャーナル

ウォーターサーバーの廃棄は粗大ゴミ?処分方法を知ろう

ウォーターサーバーが不要になった時、処分はどのようにすればよいのでしょうか。買取の場合とレンタルの場合で処分する方法は違いますし、自分で処分する時は、そもそも粗大ゴミとして捨ててよいのかが気になります。また、水の空容器の処分方法も知りたいポイントです。本記事では、不要になったウォーターサーバーの捨て方について解説します。

レンタルと買取があるウォーターサーバー

shutterstock_178737560.jpg

ウォーターサーバーを利用する時は、レンタルの場合と買取の場合があります。どちらの方法をとっているかは、ウォーターサーバー会社や契約プランによって異なりますが、買取ができるのは少数派の会社で、多くのケースは本体のレンタルです。

ウォーターサーバーが不要になった時、レンタルの場合であればウォーターサーバー会社に連絡をして返却をすればよいので、それほど悩むことは少ないといえます。一方で、買取の場合は捨てる方法がわかりづらく、家庭で方法を調べてから処分をしなければなりません。

また、ウォーターサーバーを使わなくなった時以外に、本体が故障してしまうケースもあります。この時も、本体がレンタルなのか、買取なのかによって対応方法が違うので、調べる必要があります。

不要になったレンタルウォーターサーバーの処分方法

買取式の場合は、家庭で処分方法を調べる必要がありますが、実際のところ、ウォーターサーバーはレンタルのケースがほとんどです。そのため、不要になった本体は基本的に返却することになります。解約後の返却方法は、主に2種類があります。1つ目は、ウォーターサーバー会社が自宅まで回収に来てくれるケースです。あるいは、家庭で本体を梱包して、宅配業者に引き取りを依頼します。どちらの方法であっても、わざわざ家庭からウォーターサーバー会社にまで持ち込む手間がかかりません。

レンタルの場合は、期間を1年や2年などと決めて契約をしていることがありますが、処分する場合は契約はどのように扱われるのでしょうか。ほとんどのウォーターサーバー会社では、最低利用期間があらかじめ設定されていることが普通です。予定が変わって期間内に解約する場合は、基本的に違約金を支払って回収してもらうことになります。もちろん、解約時の扱いは、ウォーターサーバー会社によって異なるため、最低利用期間や、違約金の有無など、解約の際にかかる費用は事前に確認するようにしましょう。また、サーバーの返却方法についても契約書の内容を確認する必要があります。

買取の場合はどうやって捨てればいい?

ウォーターサーバー本体をレンタルしている場合は、ウォーターサーバー会社に連絡して引き取ってもらうことが可能ですが、買取式の場合は家庭で所有者の責任として処分する必要があります。本体を捨てる時はどのようにすればよいのでしょうか。

一般的な方法としては、市区町村の粗大ゴミ受付センターがあります。粗大ゴミ受付センターは、ゴミ収集所での回収か、家庭から現地への持ち込みが基本です。ウォーターサーバー本体を粗大ゴミとして受け付けてもらえるかどうかの扱いは自治体によって異なります。実際のところ、サイズが規定に合わず、粗大ゴミとして回収してもらえないケースも多いのです。ウォーターサーバーの処分を受け付けてもらえるのかどうかや、廃棄料金がかかるのかどうかもあらかじめ確認するようにしましょう。

仮に自治体で対応していない場合は、民間の廃品回収業者などに引き取りを依頼することになります。業者に依頼する時は、回収費や廃棄料を支払う必要があるので確認が必要です。回収の際には、自らウォーターサーバーを業者に持ち込むケースや、家庭まで引き取りに来てくれることもあります。

水の空容器はどうやって捨てるの?

水の空容器はどのように捨てればよいのでしょうか。ウォーターサーバーの容器には3種類があり、それぞれ処分する方法が違います。

リターナブル方式のガロンボトルは、多くの場合、メーカーが定期的に回収することになっています。これは家庭で勝手に処分せずに、回収日まで自宅で保管しておきましょう。

ワンウェイ方式のペットボトルの場合は、家庭で処分することが一般的です。ペットボトルは、ペットボトル部分とキャップ部分がありますが、それぞれ分別して、本体は資源ゴミ、キャップは可燃ごみとして捨てましょう。

ワンウェイ方式のボトルには、ペットボトルのような素材のものとは違い、よりコンパクトに畳むことができるビニールのようなウォーターバッグのタイプがあります。この場合は、配送時の梱包で使用されていた段ボールは資源ゴミとして、ウォーターバッグ部分は畳んで可燃ごみとして、素材ごとに分けて捨てましょう。

ウォーターサーバーは売れる?

買取式のウォーターサーバーを処分する時、ただ手間をかけ料金を支払って捨てるのではなく、どこかが買い取ってくれるかも気になる点です。ウォーターサーバー本体は売れるのでしょうか。

ウォーターサーバーが故障している場合、売ることは難しいでしょう。また、使用できる状態であったとしても、実際のところリサイクルショップなどで買い取ってもらえない可能性があります。ウォーターサーバーを使用するためには、専用のボトルをセットしなければなりません。ウォーターサーバー会社と契約していれば、専用ボトルを定期的に届けてくれるので使用することが可能ですが、契約しなければボトルが手に入らず使用できません。そのため、ウォーターサーバー本体だけが欲しいというニーズがほとんどないのです。

業務用のウォーターサーバーであれば、オフィスでの需要があるため買い取りたいというニーズがありえます。ただし、ウォーターサーバーは本体と専用ボトルをセットで提供しているウォーターサーバー会社がほとんどです。そのため、家庭用と同じく本体だけの買取をしてもらえる業者はほとんどないと考えておいた方が無難だといえます。また、仮にリース契約になっている場合は売ると契約違反になるため、処分の際は念のため契約内容をチェックしておきましょう。

クリクラなら捨てることは考えなくていい

クリクラのウォーターサーバーの本体はレンタル式のため、処分の際に引き取り場所や業者探しなどに悩む心配がありません。不要になった際は連絡をすればクリクラが自宅に来て回収します。また、クリクラの水容器はリターナブル方式のガロンボトルです。家庭でゴミとして捨てる手間がかかるワンウェイ式とは違い、クリクラが回収してくれるというメリットもあります。

クリクラは契約についても特徴的です。例えば、引っ越す場合でも、住所変更するだけで北海道から九州であればどこでも引き続き使用することができ、面倒な再契約といった手続きが不要です。費用については基本的に水ボトルや定期メンテナンスの費用以外はかかりません。他の業者の一般的なケースでは、入会金・違約金など、初期費用やいざという時の解約費用が発生します。また、ウォーターサーバーの利用にはサーバー本体のレンタル料金や、水ボトルの宅配料といった月々のランニングコストもかかるものです。一方、クリクラはウォーターサーバーのレンタル料が無料で、導入する際のネックである最低利用期間や違約金も設定されていません。初めて導入する家庭であっても安心して利用することができます。

捨てるときのことも考えて選ぼう

shutterstock_1423263398.jpg

ウォーターサーバーは、機能や使い勝手だけでなく、捨てる時の手間も考える必要があります。ボトルの種類によっても、家庭でゴミとして捨てるタイプや、業者が回収してくれるタイプがあり、ウォーターサーバー本体はレンタル方式と買取方式によって処分方法が大きく違うのです。また、レンタル費用や水の配達料金、入会金・違約金も会社によってさまざまです。導入する時には、トータルの手間や費用を考えて選ぶようにしましょう。