ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

ウォータージャーナル

使う前に知りたい!ウォーターサーバーのメリットとデメリット

ウォーターサーバーには相応のコストがかかるため、導入の前には慎重に検討したい人も多いでしょう。ウォーターサーバーにはメリットとデメリットがあり、両方を検討してみるのも大切です。そして、メリットがデメリットを上回ると納得できたら導入しましょう。この記事では、ウォーターサーバーのメリットとデメリットを紹介します。

ウォーターサーバーの特徴と主なタイプ

shutterstock_683392852.jpg

まずは、ウォーターサーバーの主な種類を知っておきましょう。大きく分けると「卓上タイプ」と「床置きタイプ」に分けられます。卓上タイプはわずかなスペースさえあれば、どんな場所にも設置可能です。台所などの忙しく動き回る場所や、狭い屋内に置きたい場合にはぴったりでしょう。一方、床置きタイプは設置場所にある程度気をつかわなくてはいけません。卓上タイプよりも大きなサイズが多く、広いスペースを必要とします。ただし、重量があるぶん安定感には優れています。

次に、ウォーターサーバーに取り付ける容器には「ワンウェイボトル」と「リターナブルボトル」があります。ワンウェイ方式は中身がなくなったら廃棄処分するのが一般的です。一方、リターナブル方式ではメーカーが回収してくれて、リサイクル利用がなされます。なお、水の種類については、日本国内のウォーターサーバーの大半が軟水を提供しています。さらに、冷水と温水が出るようになっているので、水の用途はさまざまです。飲料水としてだけでなく、お茶や調理にも利用ができます。

ウォーターサーバーのメリット:宅配で便利

自宅でウォーターサーバーを使うメリットとして、「宅配サービス」が挙げられます。これまでも、安全に水を使用するためにペットボトルなどで水を確保している家庭は多かったでしょう。しかし、飲料水を自力でまとめ買いしていると手間がかかります。スーパーなどで水を買い、自宅まで大量の水を運ぶのはひと苦労です。ウォーターサーバーを導入すれば、メーカーが定期的にボトルで水を届けてくれます。自分で買いに出かけたり、運んだりする労力を省けます。

もちろん、自分で運ぶのではなくネットでペットボトルを購入すれば、ウォーターサーバーがなくても手間はかからなくなるでしょう。ただし、オンラインショップには送料がかかります。毎回、送料を払い続けていると費用も馬鹿にはできなくなるでしょう。ウォーターサーバーは、ほとんどのメーカーが送料をサービスに含めています。何度繰り返し届けてもらっても費用がかからないので、経済的にも助かるでしょう。

ウォーターサーバーのメリット:備蓄できる

さらなるウォーターサーバーのメリットとして「備蓄ができること」も無視できません。ウォーターサーバーではボトルに水を入れておくことで、常時、飲料水や生活用水を確保しておけます。仮に大きな災害が起こって断水したとしても、当面の水には困らなくて済むでしょう。そもそも、災害時の水道水は安全だと断言できません。事故や吸水管の損傷などが重なると、水道水にはゴミやサビといった不純物が混ざってしまいます。有害物質が入った水をうっかり口にしていては、健康被害すら出てくるでしょう。きれいで害のない水道水が期待できない状況下では、ウォーターサーバーは大活躍してくれます。

マンションなどの集合住宅では受水槽があるので、災害時も安心であるとの考え方も可能です。しかし、受水槽が災害時にも無事であり続けるとの保証はありません。受水槽が損傷してしまうと、集合住宅全体が水不足に陥ります。そんなときでも確実に家族の使う水を確保するには、ウォーターサーバーの導入が得策です。その場合は災害にそなえて、余裕をもってボトルを保管しておくようにしましょう。

ウォーターサーバーのデメリット:コストがかかる

メリットだけではなく、ウォーターサーバーにはいくつかデメリットもあります。もっとも考えるべき点は「コスト」についてでしょう。ウォーターサーバーは電化製品であり、水の質を保つためには常時電源を入れておかなくてはいけません。そのため、電気代は導入前よりも高くなってしまうでしょう。あくまで目安にはなるものの、ウォーターサーバーにかかってくる月の電気代は400~1000円程度です。年間1万円を超える可能性もあるとなれば、決して安いとはいえません。ただ、省エネ方式のウォーターサーバーもあるので、工夫次第で節電は行えます。

次に、ボトル代もかかってくるのはデメリットです。ウォーターサーバーでは使用するぶんだけ水の代金を払うので、新たな出費が発生します。ただし、市販のペットボトル代と値段は大差ないので、水を買う習慣がある家庭にとってはそれほど痛手にはならないでしょう。そもそも、ボトルの値段はメーカーによってまちまちであり、一概に高いとも安いともいえないのが現状です。メーカーや家庭での使い方によるものの、ウォーターサーバーの月々の使用料は3000~6000円前後を想定しておくといいでしょう。

ウォーターサーバーのデメリット:容器が重い

導入してから発覚しがちなデメリットとして「ボトルの重さ」が挙げられます。ウォーターサーバーのボトルは一般的に、6リットル、7リットル、8リットル、12リットルといったサイズが取りそろえられています。サイズのバリエーションはメーカーによってさまざまです。ただ、中には12リットルしか扱っていないメーカーもあります。市販のペットボトルは大きくても2リットル程度なので、ウォーターサーバーのボトルはかなり大きく作られているといえます。

大きなボトルは、女性やお年寄りにとって持ち運びが困難です。また、空になったボトルを交換する作業でも手間取ってしまうでしょう。さらに、置き場所を変えようとしたときに、ボトルを移動させようとするのもたいへんです。こうした問題を解決するには、導入を検討するときにメーカーごとに用意している容器サイズを確認するようにしましょう。中には、女性やお年寄りを想定したコンパクトサイズの容器を取り扱っているところもあります。たとえば、クリクラの「クリクラキュートボトル」などは普通タイプよりも軽くて持ちやすく、交換作業も簡単です。

ウォーターサーバーを長く使うためのポイント

せっかくウォーターサーバーを導入したのに、デメリットが多くて使いづらくなるのは避けたいところです。そこで、ウォーターサーバーのコストを意識しながら使うようにしましょう。特に、電気代はウォーターサーバーを使う以上、必ず発生するコストなので注意が必要です。省エネタイプのサーバーを選んで効率的に使い続けると月々の負担は軽減されます。また、「使用者のことを考えてサーバーを選ぶ」のも重要です。家族に女性がいたり、お年寄りと同居していたりするなら重い容器は避けるべきです。コンパクトサイズの容器をラインナップに加えているメーカーを中心にリサーチしましょう。

そして、ウォーターサーバーのメンテナンスの有無も不可欠です。本体そのものが不調をきたすと、安全性が損なわれてしまいます。水は毎日の生活に欠かせないものだけに、常に衛生を保つことが肝心です。メーカーからのメンテナンスがサービスに含まれていると安心して水を飲み続けられるでしょう。さらに、メーカー主導で手入れ方法などまで伝授してもらえれば、家庭でも簡単にサーバーの状態を気づかえるようになります。

メンテナンスも万全な省エネサーバーを選ぼう

lineup-02.jpg

メリットとデメリットを照らし合わせると、安全なウォーターサーバーが見つけやすくなります。クリクラは省エネサービスやメンテナンス、軽量の容器などを用意しています。安全かつリーズナブルにウォーターサーバーを使ってもらえるような工夫が満載です。これからウォーターサーバーの導入を検討するのであれば、クリクラに相談してみましょう。