ウォータージャーナル

軟水と硬水、シーンに合わせて使い分けて!

水には軟水と硬水がある、という話を見聞きしたことはあると思います。普段何気なく飲んでいる水ですが、軟水と硬水をシーンによって使い分けることにより、ダイエット効果や美肌効果があるのをご存知でしょうか。また体への効果だけでなく、料理によって使い分けると、うまみが増したり栄養素が上手に取り入れられたりと、意外なメリットも多いようです。


分かりやすく知りたい!軟水と硬水の違いとは!?


普段私たちが口にしている水、実は大きく分けて軟水と硬水という種類に分けられます。ミネラルウォーターなどに表示されているのは硬水という表示が多く、普段使われている水道水は軟水が多いのです。ではこの二つの違いは一体何なのでしょうか。それは水分中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量により分けることが出来ます。水1リットルに含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量が120mg以上のものを硬水と呼び、逆に120mg以下しか含まれていない水は軟水と呼ばれています。色やにおいなどの特徴もありませんし、見た目的にはどちらも変わりありません。しかしよく味わって飲んでみると硬水のほうがやや重たいしっかりとした飲みごたえを感じ、軟水の方は口当たりが軽く柔らかい印象を受けます。またここ日本では水道水から出る水は圧倒的に軟水が多く、料理や飲料に使われている水も軟水が多いのが特徴です。しかしヨーロッパや北米では硬水が一般的であり、食事はもちろん生活用水にも硬水が使われています。そのためヨーロッパ滞在中にシャワーを浴びると、なんだか水が硬く髪の毛がきしむ印象を受けたり、シャワーからカルシウムの結晶とみられる小石が出てきたりと驚かされることもあるようです。硬水と軟水の違いは、味わうより肌で感じた方が分かりやすいのかもしれません。


日本は軟水、北米諸国では硬水が合っている!?


同じ水なのに、硬水と軟水がどうして存在するのか。その理由は様々ありますが、一つは大地を形成する地殻物質に原因があります。水というのはそもそも雨から地中にしみ込み、地層中のミネラルを吸い取って湧き出ているものです。つまり地層中にとどまっている時間が長いほどミネラルやカルシウムを吸い込み硬水になります。国土が狭い日本は水が地層に浸透している時間が短く、すぐに湧き水となって活用できるため軟水になります。ヨーロッパや北米ではその広大な大地ゆえ浸透している時間が長く、ゆっくりとろ過された水が湧き出るため硬水になるのです。そうしたことから、食文化もそれぞれの水に合わせたものが浸透してきました。例えば日本の場合古くから緑茶を飲んでいますが、硬水だと色や風味が出にくい緑茶も、軟水で淹れると香りがしっかり引き立ち、風味を楽しむ事が出来ます。また煮物など和風料理も、軟水の方がうまみ成分が引き立ち灰汁が出ないのが特徴です。軟水はまさに日本料理に合っているのです。一方肉料理がメインの西欧料理はどうしてもミネラルが不足しがちです。しかしミネラルをたっぷり含んだ硬水を料理に使うことにより、不足しがちなミネラルを補うことが出来るのです。


軟水と硬水の便利な使用方法


このように住んでいる国やその地域の料理方法に合っている硬水や軟水ですが、こうした特徴を生かして生活に取り入れてみるのも良いでしょう。例えばミネラルやカルシウムをたくさん含んでいる硬水はダイエットに向いています。ミネラルの中にはマグネシウムやカリウムなどが含まれていますが、マグネシウムは便秘に効果があり、カリウムは腸の動きを活性化してくれます。そう聞くとミネラルを含むサプリメントでも代用出来そうですが、水に溶けたミネラルのほうが体への吸収が良く、体に成分を取り入れやすいのです。ダイエットをしている人は、普段飲んでいる水を硬水に変えるだけでもっと効果が上がるかもしれません。一方、軟水は体への吸収が良いため、スポーツや肉体労働などで汗をかいたときに飲むのがお勧め。胃腸に負担がかからない水でもあり、素早く吸収してくれるので体の疲労を和らげてくれます。また老廃物の排出や、肌の角質をほぐして柔らかくする効果もあるため、美肌効果が高いのも特徴です。肌荒れや乾燥肌が気になる方は硬水より軟水を積極的に摂取しましょう。病気で体が弱っている時、赤ちゃんや子供、お年寄りにも体に負担をかけずに摂取できるのは軟水です。


軟水と硬水、賢く使い分けて生活を楽しもう!


このように、軟水と硬水はシーンによって使い分けると大きいメリットがある事がわかりました。水道水から出る水は軟水が一般的ですが、近年ではウォーターサーバーやミネラルウォーターを利用することにより気軽に硬水も飲めるようになっています。ただ一つ注意しなければならないのは、日本に住んでいる以私たちは軟水を飲んで育ってきたということ。そのためいくら体に良いからと言って硬水を急にガブガブ飲んでしまうと、胃腸に負担がかかり下痢などの体調不良になる恐れがあります。ミネラルウオーターは硬水が多いですが、まずはミネラルやカルシウムの硬度がそれほど高くない硬水を少しずつ飲んでいくことがお勧めです。徐々に硬度の高い硬水を取り入れて、ダイエットや腸内環境の改善に役立つことが出来たら良いですね。また泡立ちが良く入浴や洗濯に向いており、日本食には柔らかい味わいを出し風味を増してくれるのが軟水です。特にデメリットもなく、日常で取り入れるには問題のない水ですが、最近の日本の食卓は欧米化が進み、ミネラルやカルシウムが不足しているのも事実です。日常生活や食事のシーンによって、硬水と軟水をうまく取り入れ、使い分けていくことが出来たら嬉しいですね。

ウォーターサーバーの消費電力をサーバーの種類別でみる
ウォーターサーバーのレンタル料・ボトル料金をみる
無料お試しを申し込む

ウォーターサーバーのクリクラTOP