ウォータージャーナル

水道水のカルキ臭さの原因と美味しく飲めるテクニックとは?

水道水はなんとなく苦手。水だけで飲むのは抵抗がある。そんな人はいませんか?水道水を飲むことに抵抗のある人は水道水のカルキ臭さが嫌いという人が多いようです。そもそもカルキとは何なのでしょうか?今日は水道水の匂いの原因とちょっとしたひと手間で水道水を美味しく飲むテクニックをご紹介します!


カルキ臭さの秘密は化学反応?


カルキは正式名称を次亜塩素酸カルシウムといい、さらし粉と呼ばれるものです。このさらし粉は消石灰に塩素を吸収させて製造されており、漂白・消毒の効果があります。これを固形化したものがよくプールで使用される固形の消毒薬ですね。このカルキは塩酸と反応して塩素を発生します。この発生した塩素のにおいこそ、あのツンとした独特のカルキ臭さの元です。もともと塩素による漂白作用は知られていましたが、塩素自体のにおい、及び毒性の強さから漂白剤としての使用は困難でした。しかし、塩素を石灰水に溶かすと安全かつ漂白作用を維持できることが発見され、1799年に個体で保存できるさらし粉が完成したのです。現代の日本でも遊離塩素または結合塩素で水道水の消毒を行っています。
塩素消毒の利点としては
①塩素は消毒の効果が大きくて確実
②消毒の効果が後々まで残る(残留効果)
③大量の水に対応可能である
④残留塩素の測定が簡単
など消毒方法として大変優れています。塩素のツンとくるにおいは言い換えれば消毒の効果がずっと続いている証拠でもあるのです。


ペットボトルを使ったカルキ抜きの方法


①ペットボトルに水道水を入れ10秒振る
カルキの成分は衝撃に弱く、振ることで分解され水から分離する性質を持っています。そのため水道水をペットボトルに入れてキャップをよく締めたら10秒ほど思いきり振るだけでカルキ臭を軽減することが可能です。
②紫外線に当てる
また、カルキは日光に含まれる紫外線でも破壊されます。瓶やペットボトルなど透明な容器に水道水を入れて日当たりの良い場所に1時間以上置いておくと、紫外線によって水中の塩素が分解されます。ポイントは日光をしっかり当てること。6時間程度当てるとより確実に効果を実感できます。
③冷蔵庫で冷やす
水は体温より20~30℃低い時に最も美味しく感じると言われています。そのため水道水を冷蔵庫で冷やすとより美味しく飲め、塩素のにおいも気にならなくなります。また、一晩置くことでカルキが蒸発するので、ペットボトルに入れた水を常温で一晩寝かせ、その後冷蔵庫に保存するのがお勧めです。


沸騰させるとカルキ臭さが抜ける?


水道水を沸騰させることでカルキを蒸発させることもできます。
この時大切なのは沸騰後もしばらく加熱を続けることです。沸騰してすぐに加熱を止めてしまうと完全にカルキを抜くことができません。
水をヤカンに入れてから5~15分程度弱火で煮沸します。この時ヤカンのふたは開けておきます。煮沸すると塩素以外にも発がん性や催奇形性など毒性が問題視されているトリハロメタンやトリクロロエチレンといった有害物質を除去することが可能です。
※トリハロメタン
湖沼水やそれを水源とする河川の水中にある有機物質と下水などが混入した河川水中の有機物質と遊離塩素との反応により作り出された消毒副生成物
※トリクロロエチレン
ジクロロエタンに塩素を加えた有機塩素化合物。吸入すると中枢神経系を抑制し、頭痛・めまい・錯乱を引き起こす恐れがある。1970年代以降はほとんどすべての国で食品及び医薬品工業での使用が禁止されたがそれ以前は洗浄剤やクリーニング剤として広く使われており、土壌汚染や地下水汚染を引き起こした。


水道水に何か一つ加えるだけで水が美味しくなる?


①レモン汁を入れる
水道水にレモン汁を入れるとビタミンCが塩素を中和し、カルキを分解します。さらにレモンの酸味と香りで美味しく飲めます。カルキを分解する作用はレモンだけでなくビタミンCが含まれているものであれば大丈夫。ビタミンCの粉末でも代用可能です。
②緑茶に通す
茶こしに一つまみの緑茶を入れて水道水をゆっくりとおすと、緑茶に含まれるカテキンが残留塩素と反応して分解されます。
③炭を入れ一晩置く
炭の内部の無数の穴が塩素を吸着除去し、炭のミネラル分を溶け込ませてまろやかな味に変えます。炭は2~3ヵ月ほど繰り返し使用できます。
また、朝一番の水は有機物の濃度が通常よりも濃いためバケツ1杯分程度は飲用や食用には使用せず、掃除やお皿洗いに使用するのがお勧めです。

いかがでしたか?ほんのちょっと工夫することで水道水をより美味しく安全に飲むことが出来ます。自分に一番合った方法で試してみてくださいね!


クリクラQ$A TOP