有機フッ素化合物PFAS
(ピーファス)とは? 毎日飲むお水への影響は?
クリクラ、feel freeの安全性は?

有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)は、一部の地域の地下水や水道水から検出され、
体内に入った場合に排出されにくく、人体に有害な影響を与える可能性があると考えられています。
PFASの基礎知識と、お水への影響、PFASに対するクリクラ、feel freeの安全性について解説しています。

( P F A S )

PFAS(ピーファス)とは、人工的に作られた有機フッ素化合物の総称です。水や油をはじき、熱に強いという特性から様々な製品に使われており、その種類は4700以上あると言われています。焦げつきにくいフライパンや、食品の包み紙などの身近な日用品から、防災服や自動車の部品にまで幅広く使用されており、PFAS の中でも、PFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)、PFOA(ペルフルオロオクタン酸)は、幅広い用途で使用されてきました。

しかしながら、私たちの生活の中で役立ってきた一方で、自然分解しにくく、高い蓄積性を有することが確認され、人体や環境に対しての有害性が明らかとなり、現在では国内での使用・製造や輸入が原則禁止されています。※1

※1 PFAS の概況と今後の対応-環境省

P F O S P F O A

PFASは水に溶けやすい性質があります。PFASを含んだ工場排水や廃棄物の処理によって河川や地下水に流れ出て、一部の地域の地下水や水道水からPFOSとPFOAが検出されています。

水道水などから体内に入った場合に排出されにくく、長期的に摂取した人の健康被害が懸念されているため、日本では、2020年4月に「水道管理目標設定項目」が設けられ、PFOS・PFOAの暫定目標値が設定されました。ここで定められた暫定目標値は、「PFOS及びPFOAの量の和として50 ng/L以下」で、これは、体重50kgの人間が1日2Lのお水を生涯にわたって摂取したとしても健康に害がないとされる値です。※2

現在のところ、どの程度の量が身体に入ると影響が出るのかについてはいまだ確定的な知見はないため、国際的に様々な知見に基づく検討が進められています。※2

PFASを除去する動きは今後さらに大きくなることと考えられます。


※2 PFOS PFOA に関するQ&A集-環境省

P F A S に、
ラ、 feel free

クリクラは、厳しい検査基準をクリアした安心安全なお水を提供しています

クリクラのお水は、宇宙開発の現場などでも利用されている最先端テクノロジーの逆浸透膜(RO膜)システムを使用し、原水に含まれる不純物や雑味をしっかりと取り除き水の純度を高めた”ROミネラルウォーター”です。そして、厳しい水質安全基準を満たしたものだけに、良質なミネラルを加えたお水で、安心安全で高品質なお水を提供しています。

feel freeは、PFOS/PFOA除去試験済で、不純物をしっかり除去しています

PFOS/PFOA 除去試験済で、不純物をしっかり除去。feel freeよりろ過された水は、ミネラルはそのまま、安心安全なおいしいお水ができます。
※試験機関:株式会社 総合水研究所

より安心安全に飲んでいただくために、有機フッ素化合物(PFAS)検査を実施しています

<クリクラ>

そんな安心安全なクリクラのお水を、より安心安全に飲んでいただくために、クリクラでは、定期的に有機フッ素化合物(PFAS)検査を実施いたします。

これまでの検査で、PFAS(PFOS/PFOA)が検出されたことはありません。

全国の製造プラント22カ所の有機フッ素化合物検査結果

札幌プラント札幌西プラント仙台プラント宇都宮プラント本庄プラント和光プラント品川プラント町田プラント千葉プラント千葉Gプラント千葉Sプラント鈴繁プラント綾瀬プラント名古屋プラント名岐プラント京都プラント住之江プラント神戸プラント西南プラント博多プラント南九州熊本プラント共栄プラント

<feel free>

そんな安心安全なfeel freeのお水を、より安心安全に飲んでいただくために、feel freeでは、有機フッ素化合物(PFAS)検査を実施済です。

ろ過能力試験結果において、PFAS(PFOS/PFOA)は未検出(検出限界値1ng/L未満)でした。

検査結果:
feelfree【PFOS及びPFOAろ過能力試験結果】はこちら
putio【PFOS及びPFOAろ過能力試験結果】はこちら

※ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)及びペルフルオロオクタン酸(PFOA)の量の和として、水道水の水質管理値0.00005mg/L以下(暫定)に適合している。

これからも、毎日、安心安全なお水を
お届けいたします。