ウォータージャーナル

ピュアウォーターってなに?意外と多い活用法


純度の高いピュアウォーターは、飲み水以外にも様々な場面で重宝します。しかし、ピュアウォーターと聞いても普通の水と何が違うのか分かりにくいですよね。そこで今回は、ピュアウォーターの特徴やミネラルウォーターとの違い、活用法についてご紹介します。

ピュアウォーターとは?


shutterstock_1030623007.jpg

ピュアウォーターは、水中にあるほぼ全ての不純物が除去された水のことをいいます。水の味を決めるという、カルシウムやマグネシウムといったミネラルまで取り除かれており、水分子以外はほぼ含まれていません。そういったことから、純水な水という意味のピュアウォーターと呼ばれています。

ピュアウォーターには、蒸留水と浄化水とがありますが、大部分を占めるのは逆浸透膜システム(ROシステム)でろ過する逆浸透膜浄化水(RO水)となっています。

ミネラルは人間の体に必要な栄養なので、これを除去してしまっては意味がないのでは?と思われるかもしれませんが、もちろん食事で補うこともできます。ピュアウォーターならではの癖のない口当たりや飲みやすさ、不純物がないという安全性の高さ、飲用以外にも様々な活用法があるという点から選ばれやすくなっています。

ピュアウォーターには様々な活用法がある

ピュアウォーターには、様々な活用法があります。また後ほど詳しくご紹介しますが、飲用だけでなく食事や美容・健康にも役立ちます。

ピュアウォーターは、市販のミネラルウォーターや水道水が苦手な人でも飲みやすいというメリットがあります。

特に、ミネラルを多く含む水を飲むと、下痢などの症状を起こしやすい人には便利です。また、赤ちゃん用の粉ミルクを作る時にもおすすめ。粉ミルクには既に成長に必要なミネラル分が含まれているため、必要以上にミネラルを与えて腎機能に負担をかける心配もありません。

ミネラルウォーターとの違い


ピュアウォーターの特徴について知ったら、次はミネラルウォーターとの違いについて見てみましょう。

ミネラルウォーターの特徴

ミネラルウォーターは、その名の通りカルシウムやナトリウム、マグネシウムといったミネラルを含んだ水のことです。ミネラルウォーターは市販の水というイメージがあるかもしれませんが、水道水や井戸水も多少のミネラルを含んでいるため、ミネラルウォーターと言えます。

ミネラルウォーターは、含まれるミネラルの量により硬度が異なります。日本の水道水や天然水のほとんどは硬度が低めの「軟水」。海外では、硬度が高い「硬水」もよく飲まれています。日本でも、海外から輸入したお水の中には硬水がありますが、軟水に比べると飲みにくさを感じる人が多いようです。しかし、便秘の解消などの目的で意識的に硬水を飲んでいる人はたくさんいます。

上手に使い分けることが大切

ピュアウォーターとミネラルウォーターとの大きな違いは、ミネラルが含まれているかどうか、という点です。良し悪しはなく、それぞれの特徴を知った上で上手に使い分けると良いでしょう。

ピュアウォーターの上手な活用法


shutterstock_525211945.jpg

それでは、ピュアウォーターの活用法について見てみましょう。ピュアウォーターは、飲むだけではなく、料理や美容、掃除にも使えます。

料理に使う

ピュアウォーターは雑味がないため、出汁との相性が抜群です。また、食材本来の味を引き立たせてくれるため、素材を活かした料理も作りやすいというメリットがあります。

・出汁をきかせた煮物料理

ピュアウォーターは、素材や出汁の味を引き立たせるため、和食には特にぴったりです。出汁をとる時にも灰汁が出にくいというメリットがあります。

・炊飯

お米を炊く時は、一番始めに使う水と炊く時のお水が特に重要と言われています。米が吸収する水分の多くは一番はじめに使う水ということはよく知られていますよね。そのため、一番はじめに使う水は早い段階で捨てるのが基本です。この最初の水をピュアウォーターにすると、浸透力の高さからふっくらと炊き上がると言われています。

・お茶やコーヒーに

日本茶や紅茶、コーヒーは、茶葉や豆による味の変化を楽しめますが、使う水によっても味は変わります。ミネラルを取り除いたピュアウォーターなら、茶葉や豆本来の味を感じやすくなるでしょう。

美容に使う

・洗顔や髪のセットに

敏感肌の人の中には、水に含まれる不純物が刺激になる人もいるようです。ピュアウォーターは、不純物を取り除いているため、刺激が少なく安心。素肌には、できるだけ刺激の少ないものを使いたいと考えている人におすすめです。

また、ピュアウォーターは超軟水のため、髪に浸透しやすいという特徴もあります。スプレーボトルに入れると、簡単に寝癖直しスプレーとして活用できます。

・薬を飲む時にも

薬は、あまり知られてはいませんが、できるだけ硬度が低い水が良いとされています。ミネラルがたっぷり含まれた硬水の場合、大事な成分を変えたり吸収を抑える可能性があるからです。ピュアウォーターなら、そういった心配もありません。

掃除などに使う

・鏡、ガラス掃除に

ピュアウォーターは水道水よりもものを溶かす力が強いとされています。これは、不純物の有無の違いによるもので、拭き掃除全般におすすめです。ただし、繊維の残りやすいタオルを使うのではなく、吸水性の高いマイクロファイバーを使いましょう。

・グラスの洗浄に

ガラスのコップやワイングラスなど、ピカピカに保ちたい食器はピュアウォーターでの洗浄がおすすめです。水道水はミネラルによって水あかが残りやすくなるため、美しい状態を保ちたい場合はピュアウォーターをおすすめします。

ピュアウォーターは様々な場面で使える!上手に使い分けよう


今回は、ピュアウォーターの特徴やミネラルウォーターとの違い、活用法についてご紹介しました。

ピュアウォーターとミネラルウォーターのどちらが良いの?と疑問に思っていた方には、どちらもそれぞれ良いと感じていただけたのではないでしょうか。

飲み水や調理に使う水をすべてピュアウォーターに変える必要はありませんが、そのメリットを知り、上手に活用するとより食べ物や飲み物が美味しくなるでしょう。