ウォータージャーナル

ウォーターサーバーの温度は何度が最適?

ウォーターサーバーの用途はさまざまです。例えば、カップラーメンや赤ちゃんのミルクを作るなどで使用することもあるでしょう。しかし、用途によって適温は変わってきます。また、ウォーターサーバーの機種によっても温度は違うものです。そこで、ウォーターサーバーの温度は何度が適温なのか解説していきます。

◆ウォーターサーバーの温度はメーカーによってさまざま

ウォーターサーバーの温度はメーカーによって異なることが多くあります。一般的には、冷水だと5~10℃前後、温水だと80~90℃程度となります。つまり、冷蔵庫で冷やしたような冷たい水が飲みたいときでも、温かいお茶を淹れたいときでも対応できる程度の温度であるということです。中には、温水が70℃程度という機種や、同じメーカーであっても機種によって対応可能な温度が違う場合があります。また、設定温度の調節ができる機種などもあるので、使用するウォーターサーバーがどのような機能を備えているのか確認することは必須です。

◆省エネモードにすると温度はどうなる?

ウォーターサーバーは温水の温度のみを調節できる場合が多いですが、機種によっては冷水の温度が調節できるものもあります。温度調節ができる機種には省エネモードが備わっていることがあり、省エネモードにすることによって温度の設定を変えることができます。通常では冷水の場合5~10℃前後の温度ですが、省エネモードにすることによって少し温度が高くなり、12~15℃程度になります。また、温水の場合は冷水の逆に温度が少し下がり、通常80~90℃程度である温度が、65~75℃程度に下げることができるのです。再加熱機能がある機種もあるので、熱いお湯にしたい場合は再加熱をしましょう。
省エネモードは温度の調節のためというよりも、電気代の節約のために備わっているものなので、好きな温度に設定できるというわけではありません。高温の温水を保つことによって電気代がかかってしまうということが気になるという人は使用したほうが良いのではないでしょうか。しかし、あまりに頻繁に再加熱をするようであれば、余計に電気代がかかってしまうこともあるので、賢く利用しましょう。また、省エネモードがついていない場合でも、水と温水を混ぜることによってぬるま湯を作ることもできます。

◆調乳やカップラーメンに適した温度は?

赤ちゃんのミルクを作る場合、あまりに熱すぎるお湯を使うことは良くありません。なぜなら、熱すぎるお湯は粉ミルクに含まれるミネラルを破壊してしまうためです。しかし、温度が低すぎると粉ミルクに細菌がいた場合に殺菌することができないので注意が必要です。一般的には、70℃以上の熱すぎない温度が適温とされています。ウォーターサーバーでミルクを作る場合、気をつけなくてはいけないのが、省エネモードになっている場合です。省エネモードのとき温水の温度は、65~75℃程度に下がります。つまり、適温よりも低い温度になっていることがあるのです。これでは、粉ミルクに細菌がいた場合に殺菌することができません。また、通常モードでは温度が高すぎることも考えられるので、水でうめたり冷ましたりして温度を調節する必要があります。赤ちゃんのやけどやデリケートなお腹の調子を守るためにも、適温を守ることが大切になってくるのです。

カップラーメンを作るときには、沸騰するくらいに熱いお湯を使用することが一般的です。ウォーターサーバーの温水を沸騰させることはできませんが、90℃以上であればカップラーメンを作るのに十分でしょう。また、再加熱の機能があるウォーターサーバーであれば、温水の温度を上限まで上げられます。再加熱を利用することで適温にすることができます。

◆場面に応じて機能を使い分けよう

ウォーターサーバーはメーカーや機種によって、省エネモードや再加熱の機能があり、ある程度温度をコントロールすることができます。電気代の節約や、利用する目的に応じて機能を使い分けましょう。

*記事に関連した情報を見る
ウォーターサーバー「クリクラ」の機能・仕様について