ウォータージャーナル

アルコールを分解するには水分が必要!

お酒を飲んだ後喉がく乾いてしまう経験はないでしょうか。アルコールを摂取したときに水分補給を怠ると脱水症状を引き起こす危険があります。アルコールと水分の関係について詳しくみていきましょう。

アルコールと水の関係


shutterstock_1776374666.jpg

アルコール分解する過程で水分が必要です。アルコールを体内に摂り込むと、胃から約20%、小腸から約80%が吸収されます。

体内に入ったアルコールの多くが肝臓でアルコール脱水素酵素という酵素で酸化されて、アセトアルデヒドになります。その後アセトアルデヒド脱水素酵素の働きで無害なアセテート(酢酸)に分解されます。

酢酸となったあとはTCAサイクルにのってエネルギーとなり二酸化炭素や水になり、最終的に尿や汗、呼吸などとして排出されるのです。この分解過程や尿として排出されるときに水分が必要となります。

アルコールには利尿作用がある


アルコールには体内の水分を排出させてしまう利尿作用があります。利尿作用が高まる理由は、体内の尿の排出を調節している抗利尿ホルモンの働きを抑えてしまうことです。

抗利尿ホルモンは尿の排出を減らし、体の中の水分量を一定に保つ働きがあります。
アルコールにより抗利尿ホルモンの働きを抑えられてしまうことで、必要以上に水分を尿として出してしまうのです。アルコールの量が増えるほど利尿作用は強くなり、発泡酒よりビールを飲んだ時の方が利尿作用は強いと言われています。

50gのアルコールを摂取すると利尿作用は600~1000mlと言われており、ビール1Lを飲むと約1.1Lが尿として排出されてしまいます。そのため水分補給のつもりでアルコールを摂取すると脱水を早めてしまうので大変危険です。
アルコールを分解する過程や利尿作用により、アルコールを摂取すると身体から水分が失われることがわかりました。アルコールを摂取るときには上手な水分補給をして脱水症状にならないようにしましょう。

・飲酒する前に水分補給をする
利尿作用で排出される水分は、摂取したアルコールがそのまま出ているわけではありません。利尿作用により体にある水分が排出されてしまうので、お酒を飲む前はコップ1杯程度の水を飲むと良いでしょう。

・飲酒中に水分補給する
飲酒中に水分を摂ると脱水症状防止の他にアルコール分解が促進され、酔いにくくなる効果も期待されます。

・飲酒した日の就寝前に水分補給する
アルコールによる作用で水分が不足している状態にくわえて、就寝中はコップ1杯程度の汗をかいてしまうので、必ず就寝前にも水分補給をしましょう。水分が不足した状態だと翌日のむくみの原因にもなります。

アルコール摂取時に失われる栄養素


アルコールを摂取したことにより、アルコール消費に使われたり尿と一緒に排出されてしまう栄養素があります。おつまみなどを一緒に摂る事で、失われた栄養素を補給していきましょう。

・ナトリウム
尿や汗と一緒に排出されてしまいます。ナトリウムは体の機能を調節したりしていて、血中のナトリウム濃度が低下すると低ナトリウム血症になる恐れがあります。塩が含まれているおつまみを食べることでナトリウムを補給出来ます。

お酒を飲むときは水分補給を



shutterstock_403780948.jpg

・ビタミンB群
アルコール分解するためにビタミンB1は必要な栄養素です。お酒を飲んだ量だけビタミンB1も消費されます。ビタミンB1が不足すると身体の疲労を感じるようになったりします。悪酔いを避けるためにもビタミンB1の入った食材を食べましょう。おすすめは、冷奴、枝豆、レバー、豚肉などです。

・亜鉛
亜鉛にはアルコールを分解する作用があるのですが、亜鉛はアルコールが肝臓で分解されるときに必要な脱水素酵素の材料であったり、酵素に働きかけてアルコールを分解されるときに使用されるのです。亜鉛不足をさけるために、大量に飲酒しないことと、牡蠣など亜鉛が含まれた食材を摂取するようにしましょう。

二日酔いにも水分補給が効く?


二日酔いの予防にも上手に水分補給をすることで効果が期待できます。二日酔いの原因は、アセトアルデヒドが体内で処理できずに残っていることで、それにより吐き気や頭痛、不快感が起きてしまうのです。

二日酔いを予防するためには、アルコール分解をスムーズに行う事が大切です。水を摂取する事で水分量が増え代謝も良くなり、アセトアルデヒドの濃度も薄めることができ、二日酔い緩和に効果があると言われています。ですが、どんなに水分を多く摂取しても分解には時間がかかります。飲んだ量が多ければその分体内からアルコールが抜ける時間と比例していくのです。

二日酔いの症状が酷いようであれば、電解質が含まれている経口補水液を飲むと体に浸透しやすくなり症状を和らげることができるかもしれません。

お酒を飲んだら水分補給を忘れずに!


お酒を飲んでいるとつい忘れがちな水分補給ですが、上手に取り入れることでよりお酒を楽しんで飲むことが出来るようになります。しっかりと水分補給して、自分のペースで飲むことで翌日もスッキリとした1日を過ごしましょう。