ウォータージャーナル

水分代謝ってなに?高める方法は?

むくみが気になる事はありませんか?もしかしたら水分代謝が悪いことが原因なのかもしれません。水分代謝は日常生活を少し見直すことで高めることが出来ます。水分代謝とは何か。水分代謝を高める方法をご紹介します。

水分代謝とは


shutterstock_708369496.jpg

水分代謝とは、不要な水分を体の外に排出する仕組みのことです。水分代謝が低くなると、不要な水分が体にとどまったままになり、むくみや便秘、体調不良などの原因になると言われています。

水分代謝が低いと起こりやすい症状は?


・むくみ
冷えの原因はいくつかありますが、その中の一つに水分代謝の低下が挙げられます。水分をため込み血流が悪くなる事で体が冷え、水分代謝が低下してむくみが発生します。

・便秘
体内の水分調整が上手くいかず、腸に老廃物をため込む状態になっています。水分を体内に溜め込みすぎて、下痢になる人もいます。

・自律神経の乱れ  
水分代謝が低いと、血流が悪くなり栄養が行き届かなくなることで自律神経が乱れることがあります。自律神経が乱れると頭痛や倦怠感、体温の異常と免疫にまで影響が出てくると言われています。

水分代謝をあげる方法は?


水分代謝をあげるには、日常生活を見直すことが重要です。デスクワークや立ち仕事など長時間同じ姿勢や、立っている時間が長いほど水分代謝が悪くむくみやすくなります。少し意識を変えて、水分補給をこまめにしたり、運動をしたり、体を温めることなど積極的に行い水分代謝をあげていきましょう。

・水分をこまめに摂る
むくんでいるから水分を控えた方がいいという考えは間違いです。適度な水分を摂る事でむくみの予防に繋がります。量は適量を1.5リットルを少しずつ分けて飲み、汗をたくさんかいたときは、それに合わせて多く摂取しましょう。水分補給の際は常温の水を飲むことをオススメします。朝起きた時には白湯を飲むと体や内臓が温まり代謝があがりやすくなります。夏場でも冷たいものを食べすぎない様にして、できるだけ体を冷やさないようにしましょう。

・筋肉を鍛える
筋肉は水分代謝をあげる役割があり、体全体の基礎代謝もアップします。女性が男性よりもむくみやすいのは筋肉量の違いがあるからです。筋肉は上半身よりも下半身に多く、ふくらはぎの筋肉を鍛えることで下半身の水分を上半身に送るポンプのような役割をしてくれます。ふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれていて、鍛えることで水分代謝を高めるだけでなく健康にも役立つ筋肉なのです。


・体を冷やさない
体を冷やすと血行が悪くなり、水分代謝が落ちやすくなります。シャワーだけで済ませたりしないで夏でも湯船につかることが大切です。夏場は冷房で体が冷える状態が多く冷えの原因にもなります。そこでお湯につかり、体を温めることで血行が良くなり水分代謝があがりやすくなるのです。

・水分代謝を促すカリウムを摂る
カリウムは体内の余計な塩分を外に排出し、体内の水分調節をしてくれる働きがあるのです。塩分は水分を停滞させる性質があり、むくみの原因となりますので普段から減塩を心掛けましょう。カリウムは野菜や果物などに多く含まれていますが、加熱すると溶け出してしますので、調理したい場合はスープにして飲むと無駄なく摂取できます。

カリウムを多く含む食材


shutterstock_1525473638.jpg

・とろろ昆布
とろろ昆布はアルギン酸とカリウムが結合していて、腸の中でカリウムを放出してくれる働きがあります。他にも豊富な栄養素が含まれていて、カルシウム、ヨウド、ビタミンB群、食物繊維も摂取する事ができます。

・納豆
大豆製品にはカリウムが多く含まれていて、大豆を発酵させた納豆はナットウキナーゼの効果で血行も良くなり、水分代謝を高める手助けをしてくれます。また良質なたんぱく質、大豆イソフラボン、ビタミンB群の働きで体のコンディションも保ちやすくなります。

・かつお節
かつお節は、たんぱく質、カリウム、リン、ビタミンD、必須アミノ酸が含まれていてダイエットにも向いています。必須アミノ酸は筋肉づくりに役立つ栄養素です。

・バナナ
朝食べる事が多いバナナは、果物の中でもカリウムを多く含んだ食材です。カリウム以外にも食物繊維、糖質、ビタミンB群、アミノ酸成分、さらには免疫力システムの向上などバランスととれた栄養補給を素早く出来る、とても優れた食べ物です。

マッサージでむくみを解消する


リンパマッサージやツボを押すことで血行を促進するやり方で、むくみや冷えの解消に効果があります。お風呂に入りながら行うとより効果を期待することができるでしょう。

・リンパマッサージ
足の先にたまっている水分を上に押し上げるようにマッサージしていきます。足裏から太ももまで各部位を10回ほどマッサージして、足の付け根まで運んであげるイメージで行いましょう。

足つぼマッサージ

・豊隆
すねの骨の外側でひざと足首の真ん中にあるツボ。外側の筋肉が一番盛り上がっている場所です。ふくらはぎに有効なツボなので、刺激すると水分排出効果があります。ゆっくりと垂直に押してください。

・陽陵泉
ひざの外側の少し下に飛び出した骨の下側のくぼみです。膝をまげると探しやすいですよ。このツボは内臓の動きをよくする効果があり、溜まった老廃物の排出を促してくれます。
イタ気持ちいいところまで押してみましょう。

・太衝
足の甲にあるツボで親指と人さし指の間をなぞり、指が骨にぶつかったところのくぼみにあるツボです。気血の循環を良くしてくれて、むくみに効果的です。痛いと感じる方は、あまり強く押さないでゆっくりと垂直に押してください。

食生活と運動で水分代謝を高めよう


体の水分代謝が低いと、むくみを引き起こしたり体調不良になりやすい事が分かりました。仕事などで長時間同じ体勢や1日中立ちっぱなしで、むくみで悩んでいる方も多いと思います。健康の為にも塩分を控える食事やカリウムを意識して摂取し、日頃の運動を心掛けて水分代謝をあげていきましょう。