ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

ウォータージャーナル

可愛いけど味は微妙!?美味しいデトックスウォーターが飲みたい!

見た目がおしゃれで人気の高いデトックスウォーター。しかし、見た目とは裏腹に、自分で作ってみたものの美味しくない!と感じる人が多いようです。今回は、美味しいデトックスウォーターの作り方や知っておきたいポイントをご紹介します。

そもそもデトックスウォーターとは?


shutterstock_425146195.jpg

デトックスウォーターとは、水や炭酸水にフルーツや野菜、ハーブなどを入れたドリンクのことをいいます。甘味料などは使わず、使った素材の味や香りが楽しめ、素材として用いた食材の水溶性の栄養も摂れるとされています。

海外のセレブなどが毎日の飲み水として愛用しているなど、その人気は長く続き、フォトジェニックな見た目から世界中の人に知られ、実際に手作りをしている人も多いです。

しかし、キレイな見た目とは裏腹に、その味はあまり好評ではないことも。使用する食材のチョイスが、デトックスウォーターの味に大きく影響することは間違いありません。

デトックスウォーターは本当にデトックスに役立つの?

デトックスウォーターと言われるからには、当然デトックスに役立つと思っていませんか?確かに、生の野菜やフルーツをカットして使用するため、水溶性の栄養素は水に溶けるでしょう。しかし、どの程度溶け出すのかははっきりとした検証がされていません。過度に期待しすぎない方が良いでしょう。

デトックスウォーターのメリット

デトックスウォーターは、スムージーとは違い素材をカットし水に入れるだけなので手間がかからず簡単です。使う道具は限られているため、準備や後片付けもパパッとできる点がメリットでしょう。

その効果は不明なものの、水に溶けた素材の栄養を水分補給と一緒に摂取できるのも嬉しいですね。

デトックスウォーターは、そのおしゃれな見た目も人気を後押ししています。透明な瓶に色とりどりの野菜や果物が入っているだけで、とても華やかです。

デトックスウォーターの味


shutterstock_281445413.jpg

デトックスウォーターの味は、使用する素材によって変わってきます。「デトックスウォーターは美味しくない」と考える人も、使う素材によっては飲みやすいと感じる可能性はあります。

デトックスウォーターは苦い?

よく、デトックスウォーターを「苦い」と表現する人がいます。確かに、定番のハーブ・ローズマリーなどは苦味がでやすい素材です。時間が経てば経つほど苦味は増すため、素材によってはあまり時間が経過しないうちに飲んだ方が美味しく感じるものもあります。

美味しいデトックスウォーターを作るには?

ハーブや野菜がメインのデトックスウォーターは、甘味が少なく草っぽい香りばかりが目立つ傾向にあり、苦手だと感じる人も多いです。そのため、ハーブを使うのであればミントなどクセやアクの少ないものがおすすめです。

特におすすめなのは、レモンやオレンジ、みかんなどの柑橘類。フルーツは美味しいデトックスウォーターに欠かせない存在とも言えるほど、飲みやすくなります。

デトックスウォーターのおすすめレシピ


shutterstock_627005615.jpg

それでは、飲みやすいデトックスウォーターのおすすめレシピをいくつかご紹介します。

柑橘ベースの爽やかなデトックスウォーター

・水または炭酸水500ml
・オレンジ1/4
・グレープフルーツ¼

輪切りやいちょう切りにした柑橘を入れて一晩置きます。ミントを入れてもアクセントになりますが、変色しやすいため飲む少し前に入れましょう。爽やかな味を好まれる方におすすめです。

鮮やかなベリーのデトックスウォーター

・水または炭酸水500ml
・ラズベリー 適量
・ブルーベリー 適量
・いちご 30g
・オレンジ 1/2

フルーツの鮮やかな色合いが素敵なデトックスウォーターです。ベリー類はお好みでOK。

フルーツの味を感じるデトックスウォーター

・水または炭酸水500ml
・キウイフルーツ1/2
・パイナップル適量
・メロン適量
・すいか適量
・グレープフルーツ適量

味の出やすいフルーツを選ぶと、より美味しくなりそうですね。スーパーなどで販売している、カットフルーツの詰め合わせなどを活用しても良さそう。

デトックスウォーターを作る際の注意点


デトックスウォーターを作る時は、以下のポイントに気を付けましょう。

皮はキレイに洗う

しばしば、デトックスウォーターが危険だという情報を見かけることがありますね。これは、果物や野菜に付着している農薬を心配して言われているようです。

果物を皮ごと使う場合はよく洗うか、無農薬のものを選びましょう。野菜はよく洗ってから使用します。もし、農薬の心配があるようなら、皮は剥いた方が無難です。

1日以内に飲みきること

デトックスウォーターは、長期保管には適していません。一晩置いてから飲み始める方が多いと思いますが、なるべく前の晩に仕込んだものは次の日で全部飲みきるようにしましょう。水に浸かった野菜や果物は、菌が繁殖しやすいため特に夏場の食中毒には注意が必要です。

美容効果やデトックス効果に過度の期待をしない

デトックスウォーターは美意識の高い海外セレブなどを中心に広まったこともあり、美容に良いのでは?と関心を寄せる方もいるでしょう。なんとなく、生の野菜やフルーツから溶けた水を飲むと、そのままの栄養をしっかりと摂取できそうなイメージもあるため、体に良さそうと感じるのは当然です。しかし、デトックスの効果や美容効果を示すものは今のところないため、はっきりとしたことは言えないのが現状です。

デトックスウォーターの味にこだわるなら柑橘系がおすすめ

これまでデトックスウォーターの味が合わないと感じていた方は、使う素材を変えて再度作ってみてはいかがでしょうか。特に、爽やかで見た目も可愛いオレンジなどの柑橘系は、すっきりとした甘味と香りでクセがなく、デトックスウォーターをほのかに美味しくしてくれるでしょう。

デトックスウォーターは日持ちしませんので、傷まないように保管環境に注意しながら1日以内に飲みきることをおすすめします。