ウォータージャーナル

水道水をまずいと感じるのはなぜ?美味しくできる方法は?

水分補給は、元気に生活するためにとても必要なことです。日本の水は安全なので水道水を飲む方は少なくありませんが、一方でそんな水道水を「まずい」と感じる方も多く存在します。そこでここでは、水道水をなぜまずいと感じるのか、美味しくできる方法などについてご紹介していきます。

水道水は美味しい


shutterstock_587948843.jpg

日本の水道水は、非常に厳しい水質の基準が定められています。

・日本の水質基準は 0.04mg/L 以下
・フランスの水質基準は0.15 mg/L 以下
・ニュージーランドの水質基準は0.06 mg/L 以下

このことから、どこの国の水道水と比べても、非常に綺麗で美味しい水道水となっています。基本的には浄水器や沸騰をせずに飲めるくらい、とても美味しいはずなのです。しかしながら、中には「水道水がますい!」という方がおり、何らかの原因によって水道水をまずいと感じてしまうことがあるようです。では、なぜ水道水をまずいと感じてしまうのでしょうか。

水道水がまずいと感じる理由


水道水をまずいと感じる理由には、非常に様々なものがあげられます。

◎塩素が残留している

水道水の最終工程に、浄水場にて塩素で水を消毒するという工程があります。この最終工程の段階で塩素が残ることがあるのですが、その残った塩素がカルキ臭を発します。このカルキ臭が苦手な人はかなり多いようです。

◎有機物質の殺菌

水は基本的に無機質ですが、有機物質が含まれていることがあります。こういった有機物質を殺菌するために過マンガン酸カリウムを使用するのですが、この過マンガン酸カリウムが水道水にたくさん含まれていると、渋みを生み出してしまうことがあるのです。口当たりが非常に悪く、非常にまずく感じてしまいます。

◎水の温度

飲みやすい水の温度は10~15℃前後だと言われています。しかしながら、水道水は気温の変化によって温度が変わるので、暑い時期だと15℃以上になってしまいます。そのせいでおいしい水の温度から外れ、まずいと感じるようになるというわけです。また、先程ご紹介したカルキ臭も、実は水の温度が高くなればなるほど強く感じやすくなると言われています。

◎貯水槽の汚染

住んでいる場所によっては、水が貯水槽で管理され、そこから自宅へ運ばれる場合があります。しかしこれは、水道管から直接水が送られてこないため、衛生面から考えても良くない状況です。衛生面が悪くなった水は、水質が落ちて美味しくなくなってしまいます。

◎カビの臭い

カビ臭は、高温の時期に発生しやすいものです。カビ臭はカルキ臭とは違うものですが、発生してしまうと美味しくありませんし、体にも良くありません。

◎水道管の汚れ

水道水は、水道管を通って自宅まで運ばれてきます。そんな水の通る水道管の中が錆びていたり、汚れていたりすると、どうしても水まで汚れてまずくなってしまうものです。また、この場合には、本来ならば無色透明の水が錆びの色をしているなど色にも変化があります。

水道水をまずいと感じない対策!美味しくできる方法とは?


shutterstock_1135897586.jpg

様々な原因によってまずくなる水道水ですが、美味しくするための対策方法もあります。

◎汚れの原因を取り除くと良い

水道管が錆びたり汚れてしまっている時や、貯水槽が不衛生だったりと、何らかの汚れが原因で水がまずくなっているのであれば、その汚れを無くすということが1番の対策方法になります。この場合には、自分自身ではどうにもできませんので、水道会社や管理会社へ連絡をして、しっかりと点検をしてもらうようにすると良いしょう。

◎レモンを入れると良い

レモンには、ビタミンCという栄養素が含まれていますが、ビタミンCはカルキ臭の原因となる塩素に反応を起こします。レモンを水の中に入れると、塩素をしっかりと除去してくれるので、カルキ臭を無くすことができるのです。水にレモンを入れると普通の水よりも美味しくなりますし、レモンの嬉しい栄養素も摂れるのでおすすめです。

◎空気に触れさせると良い

実は水を空気に触れさせることで、塩素を手軽に抜くことができます。だいたい半日〜1日ほど、容器に入れて蓋を開けておくだけで完了です。ただし、空気に触れた水道水は菌の繁殖スピードが早いので、塩素を抜くことができたら直ぐに飲むようにしてください。

◎冷蔵保存すると良い

温度のせいで水道水がまずいと感じなら、水道水を冷やして飲むようにしましょう。冷やすと水道水の味も感じにくくなります。冷蔵庫で冷やす時間を待てれないのであれば、氷を入れることでも解決になりますよ。

◎浄水器をつけると良い

とにかく手間なくお手軽に美味しい水道水を飲みたいのであれば、浄水器をつけることが一番のおすすめです。浄水器は蛇口の口部分につけるタイプがありますので、そういったものを利用すれば美味しい水道水が出てきます。浄水器は、塩素・カルキ臭・カビ臭・不純物など、非常に数多くのものを取り除いてくれます。

◎沸騰させる

沸騰させることによってカルキ臭を消し、美味しく飲むことができます。そのまま白湯として飲んでも体に良いですし、冷たい水が飲みたいのであれば冷蔵庫や氷で冷やしてから飲むようにしましょう。

◎水道直結型のウォーターサーバーの使用

水道に直結するタイプのウォーターサーバーを使用すると、水道水が格段に美味しくなります。お金はかかりますが、手軽に美味しい水を飲めるのでおすすめです。もちろん、水道直結型ではなく、ただのウォーターサーバーでも問題ありません。

それぞれの原因に沿った対策を!


水道水がまずいと感じる理由としては、塩素の残留・有機物質・水の温度・貯水槽や水道管の汚染・カビなど、非常に沢山のものが挙げられます。それぞれの理由に沿った対策を取れば美味しい水道水を飲むことができるので、まずは水道水がまずい理由を見つけるところから始めてみてくださいね。