ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

ウォータージャーナル

硬い水とは?硬水の特徴や柔らかい水(軟水)を解説

皆さんは、水に硬度というものがあるということをご存知でしょうか。意外と知らない方は多いものです。しかしながら、水の硬度はとても身近なものですので、知っておきたい知識でもあります。そこでここでは、硬水の特徴や、軟水についてご紹介をしていきます。

水には硬度がある


shutterstock_564214408.jpg

すべての水には硬度というものがあります。水の中には、主にカルシウムイオン、マグネシウムイオンが含まれているわけですが、1000mlの水の中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値のことを硬度と呼びます。硬度の度数によって、その水が硬いのか、それとも柔らかいのかが決まってきます。WHO(世界保健機関)の基準の場合、水の硬度が0~60mg/l 未満なら軟水、60~120mg/l 未満なら中程度の軟水、120~180mg/l 未満なら硬水、180mg/l以上なら非常な硬水と表現するよう定められているのです。硬度は硬度[mg/l]=(カルシウム量[mg/l]×2.5)+(マグネシウム量[mg/l]×4.1)という計算で割り出せます。

硬い水とは


先程ご紹介した通りに、硬度が1120~180mg/l 未満なら硬水、180mg/l以上なら非常な硬水と言います。硬水は、カルシウムやマグネシウムといった金属イオンの含有量が多い水です。基本的に、硬水は北欧の水に多いとされています。北欧系やアメリカ合衆国の南西部などでは硬水が多く、日本では関東地方の一部に見られたり、そのほか南西諸島にも見られることがあります。しかしながら、日本ではあまり硬水が見られることはありません。

柔らかい水とは


こちらも先程ご紹介した通り、硬度が0~60mg/l 未満なら軟水、60~120mg/l 未満なら中程度の軟水と言います。軟水は硬水とは真逆で、カルシウムやマグネシウムといった金属イオン含有量が少ない水のことを示しています。日本ではほとんどの地域の水が軟水とされています。しかしながら中には硬水が出る地域もあり、水源が硬水になっている沖縄本島中・南部および本部半島・読谷などでは、水道水の硬度を下げる処理を施しているそうです。外国では、アメリカ合衆国の東部・南部・太平洋岸に軟水が多く見られます。

それぞれの水の特徴をご紹介


◎硬い水の特徴

・ミネラル分が豊富
硬水はとにかくミネラル分が豊富なところが特徴です。カルシウムやマグネシウムが豊富なので、硬水はミネラルの補給にとても適しています。日本人は軟水に慣れ親しんでいる分、ミネラルが不足しがちです。軟水を硬水に変えるだけで簡単にミネラルを補給できるとして、最近では飲水を硬水に変える方も大変多くなってきました。

・下痢になる可能性
なんと、硬水に含まれているマグネシウムは、市販の下剤にも使用されている成分です。このことから、過度の飲用は胃腸に負担をかける事があり、酷い場合には下痢を引き起こしてしまいます。胃腸が弱い方には硬水はおすすめすることができません。

・煮込み料理に最適
硬水は、お肉の臭みなど、料理をするに当たって気になる匂いを消してくれと言われており、煮込み料理に適しています。

◎柔らかい水の特徴

・肌に優しい
軟水はお肌に優しいです。硬水を使用するとお肌が突っ張ったりすることがありますが、軟水はそのようなことはありません。また、お肌だけでなく髪の毛にも優しく、硬水を使用するとギシギシになってしまうものの、軟水だと手ぐしでも難なく指が通るので髪を痛める心配がありません。

・内臓に負担が少ない
軟水だと、赤ちゃんや子どもなど、胃や腸の弱い方でも難なく飲むことができます。

・泡たちが良い
軟水は洗剤の泡立ちが非常に良く、洗濯に適しています。硬水の場合、石鹸カスが出て大変なことになる可能性もあるので注意が必要です。

・和食に最適
軟水は素材本来の味を損ねないことから、出汁を利かせる料理にも適していますし、素材の味を活かす和食に適してします。

何故水にミネラルが入るのか


shutterstock_1495932191.jpg

山や大地に降った雨が地面へ染み込み、その中で岩の成分などが長い時間をかけて水に溶け出します。こうして水にミネラルが入ってくるのです。自然の力が非常に素晴らしいということがわかります。水に含まれているカルシウムやマグネシウムといった成分は、岩石などの自然にある成分です。私たちにとってとても大切な成分です。

日本には軟水が多い?


日本は山と海が近く、傾斜が急な地形をしています。大陸の水に比べると、岩石と接する時間が短く、成分が溶け出す時間が少ないため軟水になるというわけです。また、日本の場合には火山活動が活発であることから、火山の活動によってできた場所が多く、地層の多くが火成岩でできています。さらに、多くの火成岩の主成分はケイ酸と呼ばれる物質です。カルシウムやマグネシウムといったものはあまり含んでいません。このようなことから、日本の水は硬度の低い軟水になっているのです。

硬水にはミネラル分が豊富に含まれている


硬い水と柔らかい水について、それぞれの良いところや悪いところをしっかり把握しておけば、より良い水分の摂取を行うことができます。是非とも、この機会に硬水に挑戦をしてみてはいかがでしょうか。