ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

ウォータージャーナル

腐った水を飲んだ時、どうすれば良い?

汲み置きした水道水、市販のペットボトルのお水など、「いつから飲んでいるんだっけ?」とふと思うことはありませんか?蓋をあけてからしばらく経ったペットボトルのお水を躊躇なく飲める人はそう多くないはず。しかし、時には「まだ大丈夫だろう」と
口にしてしまうこともあるでしょう。今回は、腐った水を飲んでしまった場合、どうすれば良いのかご紹介します。

そもそも水が腐るとは?どのような状態?


shutterstock_353152880.jpg

本来、水そのものは無機質ですから、腐ることはありません。しかし、水道水の場合や、一度でも口をつけたペットボトルの水などは、腐ることがあります。水が腐ると、硫黄のような臭い、あるいは雑巾の濡れた臭いなどと表現されることが多いです。このような状態になると、明らかに普通の水とは違う臭いに気がつくでしょう。しかし、見た目や臭いに変化がみられないとしても、劣化し腐っている可能性もあります。

水が腐る原因は、水の中に含まれる不純物や細菌などです。水道水や口をつけた水、蓋をあけたペットボトルの水には、微量ながら不純物や細菌が含まれています。これらの不純物や細菌が原因となり、時間の経過とともに腐っていきます。

水道水は安全ではないの?

日本の水道水の安全に関わる基準は、世界の中でもトップレベルに厳しいと言われています。ですから、蛇口から出る水をそのまま飲むことができます。この安全性を守るために、水道水には塩素が含まれています。塩素は、水に含まれる大腸菌などの人体に有害な病原菌の繁殖を抑え、消滅させる役割を果たしています。

しかし、水道水を汲み置きした状態で時間が経過すると、徐々に塩素の効果は弱まっていきます。そのぶん、細菌が繁殖しやすい環境となり、腐ってしまうというわけです。

水道水の保管に関しては、お住まいの地域の水道局のホームページなどで詳しく紹介されています。水道水の保管は常温で3日、冷蔵庫で10日までが安全に飲める期間としている場合が多いです。しかし、これは清潔な容器で一度も開封したり口をつけたりしなかった場合に限ります。口をつけた場合は、その日のうちに飲みきることをおすすめします。

家庭によっては、水道水の塩素のにおいが苦手で浄水器を設置していることもあるでしょう。浄水器は、その都度おいしい水を飲むためには便利ですが、水道水の汲み置きには適していません。浄水器が塩素を取り除くことで、細菌の繁殖がしやすい状況となるためです。

もちろん、水道水の保管期間を過ぎても、飲用しなければ様々な場面で使うことはできます。植物への水やりや洗濯、掃除など、生活用水として無駄なく使用しましょう。災害時、トイレを流すための水としても役立ちます。

市販のペットボトルの賞味期限が長いのはなぜ?

水道水の保管期間を知ると、なぜ市販のミネラルウォーターの水は賞味期限が長いのか気になりますよね。市販のお水は、不純物が少なくなるように調整したり、空気に触れないようにボトリングしてあったりと、腐らないように工夫がされています。そのため、長期保管も可能となっているようです。

腐った水を飲むとどうなるの?


shutterstock_624063254.jpg

腐った水をうっかり飲んでしまったら...。明らかに異臭のする水を口にすることはないかもしれませんが、「このくらいなら大丈夫だろう」と飲みかけて数日放置していたお水を飲むことは、人によってはあるかもしれません。

腐った水、つまり病原菌などが繁殖した状態の水を飲んだ場合、繁殖した菌を体内に入れることとなります。これは、衛生面のあまり整っていない海外の生水や水道水にも言えることですが、こうした水を飲むことで健康を損なう可能性があります。

例えば、下痢や腹痛、発熱、嘔吐、吐き気などの症状が代表的です。影響を受ける細菌により病名や症状は異なり、その程度も様々です。一時的な症状で済むこともあれば、医療機関での治療が必要なこともあります。

飲んだ水が腐っていたかも!?どうすれば良い?

うっかり飲んでしまった水が、もし腐っていた可能性があったなら...。気がついた時には、とても焦ってしまうかもしれませんね。先ほどもご紹介したように、腐った水を飲んだことで起こり得る症状やその程度は様々です。

水を飲んで何らかの不調が見られた場合は、その原因によって治療法も変わってきます。一時的な不調で症状が収まるのであれば心配もないことが多いですが、症状が収まらなければ速やかに医療機関への相談をおすすめします。

不調の原因が明らかに腐った水によるものであれば、早く体内から出すために綺麗な水を飲みましょう。

腐った水を飲まないために


shutterstock_511513108.jpg

未開封のペットボトルのお水であれば、賞味期限や消費期限までその品質は保たれます。しかし、一度でも蓋を開けたものや、口をつけたものは「できるだけ早いうちに」とラベルに書かれているものも多いように、1日以内に飲みきることをおすすめします。

空き容器やペットボトルに水道水を入れて保管する場合、常温であれば3日、冷蔵庫なら10日が目安となります。うっかり保管期限を過ぎてしまわないように、ラベルに日付を記入するなどの工夫をして対策しましょう。

特に、夏の暑い時期に水筒や空のペットボトルに水を入れて持ち運ぶ人は注意が必要です。できるだけ日光の当たらない涼しい場所に置き、その日のうちに飲みきるようにしましょう。また次の日に同じ容器を使う場合は、きちんと洗って清潔を保つのもポイントです。

油断しないで!水も腐ることはある


今回は、水が腐る原因や、腐った水を飲んでしまった時の対処についてご紹介しました。本来、水そのものは腐るものではありませんが、不純物や菌などの影響によっては腐ることもあります。

見た目や臭いから判断できなくても、実は飲み水として適していない状態のものもあることを知っておくと、今後意識しながら水を飲むことができるのではないでしょうか。飲料水として相応しくない状態の水を飲んでしまった場合、症状の出方に注意して、症状が続いたり酷くなるようであれば、必ず医師の診察を受けて適した治療をしてもらいましょう。