ウォータージャーナル

水の常温保存は何日もつ?腐ることはあるの?

水は常温保存で何日持つのかご存知でしょうか。水の常温保存についてきちんと知っておかなければ、お腹を下すなど大変危険な事態を引き起こしてしまうかも知れません。そこでここでは、水の常温保存の期間や、腐ることはあるのかなど、気になる点についてご紹介していきます。

常温保存の保管場所や気をつけることとは


shutterstock_77875327.jpg

・雑菌のない水は、腐らないと言えます。しかしながら保存方法には気を付けなければいけません。未開封の状態で直射日光を避けての保管、高温や多湿を避けて保管をします。賞味期限は、そのお水を美味しく味わえる期間のことですのでできるだけ期限内に飲むようにしましょう。

・ペットボトルには通気性があり、その性質上匂いがする場所に長時間置いてしまうと、フタや容器にまで匂いがついてしまうことがあります。これはひどい場合中の水にまで移ってしまうことがあるので注意が必要です。ペットボトル入りの水を保存する場合には、匂いが強いものとは一緒にしないよう注意するようにしてください。

・海外から輸入したミネラルウォーターなど、中には殺菌処理をしていない水もあります。開封したお水の賞味期限は1日程度ですのでその日に飲むようにしましょう。

未開封の場合の常温保存の期間


ペットボトルが未開封の場合には、常温保存でも問題ありません。それぞれのメーカーによって保存期間は異なりますが、ほとんどのものが2~3年程度です。さらに、備蓄用のものだと5年持つものもありますし、長いものだとなんと15年ももつものもあるなど、商品によってはかなり長い期間保存できます。

開封済みの場合の常温保存の期間


ミネラルウォーターのペットボトルのラベルには、基本的に賞味期限の日付が書かれています。しかしながら、これらの賞味期限は1度でも開封してしまうと全く関係なくなってしまいますので注意しましょう。中には賞味期限が長いからと言って開封済みの水を常温で長期保存する方もいますが、大変危険ですのでめてください。酷い場合には病院にお世話になる状況も考えられます。開封済みの水の日持ちの目安ですが、だいたい1日が限度とされています。かなり短いようにも思えますが、雑菌も入りやすくなるのでおかしな話ではありませんね。

少しでも開封した水を長持ちさせたいのであれば


shutterstock_387649135.jpg

◎口を直につけて飲まない

よく、ペットボトルの水をそのまま口をつけて飲む方がいますが、ペットボトルに口をつけて飲んだことによって、雑菌が入る可能性が非常に高くなります。そのせいで日持ちがしないのです。少しでも日持ちをさせて長く飲みたいのであれば、直接口をつけて飲むのではなく、必要な分だけコップに注いで飲むようにしましょう。「外出先だとコップがないから厳しい」という方もいると思いますが、最近ではペットボトルのふた部分に直接取り付けられる便利なコップがありますので、そちらを付けておけばどこでもコップが利用できて便利です。

◎沸騰させる

ペットボトルを開封したあとでも、煮沸をしてしまえば保存できる期間を伸ばすことは可能です。空気から入った雑菌、口から入った雑菌など、ペットボトルの水の中に含まれている細菌を、沸騰することで殺菌し、未開封のときのペットボトルの水により近づけることができるます。また、さらに煮沸したあとに滅菌処理した水筒や保温容器にいれておくと、だいたい1週間~数週間程度保存することも出来るなど、かなり保存期間が伸びます。しかしながら、たとえ沸騰させたとしても、1度開封して飲んだものは、空気に触れた時点で細菌の繁殖が進んでしまっています。少しでもリスクを下げたいのであれば、沸騰させたとしても早く消費することを心がけるようにしてください。

◎冷蔵庫に入れる

開封するとどんどん劣化が進んでしまいます。冷蔵庫に入れることで、たった1日程度しか保存できない常温保存と比べ、2~3日程度長く日持ちさせることができます。しかし冷蔵庫に入れているから安心と思うのではなく、できるだけ早く飲みきることがおすすめです。

水道水の常温保存について


ここまでは、販売されているミネラルウォーターの常温保存についてご紹介してきましたが、水道水の常温保存について少しご紹介をします。水道水は空いているペットボトルに入れた場合、直射日光の当たらない涼しいところで常温保存した場合だと、だいたい3日はもつと言われています。3日経つころから塩素の濃度が減っていってしまうことから、それ以上の保存はおすすめしません。

より長持ちする水は未開封のペットボトル水


より長持ちをする水と言えば、未開封のペットボトルのミネラルウォーターです。未開封であると、常温保存可能です。最近では、災害が非常に多く起こることから、日頃から水を貯蓄している方も多いことでしょう。長期保存できる水であるからこそ困りませんし、いざと言う時に必ず役に立ちますので、あなたも今日から少しだけでもペットボトルの水を貯蓄してみてはいかがでしょうか。



開封済みのものはできるだけ早く飲もう!


水を常温保存した場合、未開封だと何年でも持ちますが、開封済みの水はだいたい1日が限度となっています。少しでも長持ちさせたいのであれば未開封のものを、開封済みのものは口を付けなかったり沸騰させたりなど、様々な方法を試してしみましょう。水の保存期間について理解し、より安心・安全に水を飲めるようにしたいですね。