ウォータージャーナル

ミネラルウォーターは腐る?開封前と開封後の変化について解説

最近では、ウォーターサーバーを利用する方が増え、健康や美容のためにも水を積極的に飲むという方が多くなってきています。そこでここでは、ミネラルウォーターは腐るのか、開封前と開封後の変化などについてご紹介をしていきます。

ミネラルウォーターは腐るの?


shutterstock_146471507.jpg

そもそもミネラルウォーターは腐るのかということですが、結論から言うとミネラルウォーターは腐らないものであると言えます。腐るということは、空気中の雑菌など、微生物がそれぞれの食材の中のタンパク質などを含んだ有機物を食べ、分解した状態だからこそ起こりえるです。

しかしながら、水はもともと無機物なので、タンパク質といったものは存在していません。このことから、雑菌から分解されることはありえないので、水そのものは腐らないと言えます。例え、ミネラルウォーターの賞味期限をすぎたとしても、ペットボトルの水は衛生面では特に問題は無いということが分かります。また、私たちが住んでいる日本の国内産ミネラルウォーターの場合には、水が腐らないよう殺菌処理を行うことが義務付けられています。つまり、ミネラルウォーターは開封前だと腐ることは無いのですが、空気中の細菌と触れた途端、腐敗が進行してしいってしまうというわけです。

ミネラルウォーターにはなぜ賞味期限があるの?


腐らないミネラルウォーターにも、きちんと賞味期限があります。ではなぜ、ミネラルウォーターは腐ることがないのにも関わらず、賞味期限というものがあるのかご存知でしょうか。

実は、ミネラルウォーター自体には問題は無いものの、ミネラルウォーターが入れられている容器である、ペットボトルに問題があるのです。ペットボトルには、わずかながらにも気体透過性があり、通気性が良くなっています。このことから、ペットボトル入のミネラルウォーターを長い間保管しておくと、周囲のもののにおいが移ってしまう可能性があります。周囲のにおいが水へ移り風味が変わることで、水本来の味わいを損ねてしまうことも考えられるのです。

その他にも、長期保存する段階で容器を通じて水がどんどん蒸発し、元々印字されている内容量よりも少ない量のミネラルウォーターになってしまいます。飲食品といったものは、食品衛生法や食品表示法など様々な法律を守らなければならず、その法律はかなり厳しいものです。その中の1つに計量法というものがあり、表示した内容量よりも少ない場合には計量法違反となってしまいます。様々な理由からミネラルウォーターには賞味期限が設けられているのです。

ミネラルウォーターの賞味期限


shutterstock_535807606.jpg

◎開封前

ミネラルウォーターを開封する前の賞味期限としては、常温保存でも冷蔵保存でも変わりはありません。パッケージに記載された賞味期限どおりに飲むことができるようになっており、保存状況の指示通りに保管しておけば適した状態を保ってくれます。肝心な賞味期限ですが、1.5〜2リットルのサイズのものだとだいたい2年、550ミリリットルのサイズのものだと1年程度となっています。商品によって異なるので、購入するたびに確認するようにしましょう。

◎開封後

ふたを一度開けた開封済みのミネラルウォーターは、腐ってしまうので早めに飲んだ方が良いと言えます。また、賞味期限があるものの、開封したその瞬間から賞味期限は適用外となってしまいます。開封後は賞味期限に関係なく、できるだけ早めに飲みきってしまうようにしてください。

開封後は、常温の場合であれば1日ぐらいが限界だとされています。また、冷蔵庫保存の場合であれば、常温保存よりも少しだけ長い2~3日程度となっています。沸騰させれば、1週間程度なら飲むことはできますが、どれも早く飲みきる方が安全でしょう。

ミネラルウォーターはサイズによって賞味期限の長さが違う


ミネラルウォーターは、サイズによって賞味期限の長さが異なります。その理由は、外部から受ける影響の違いにあると言われています。サイズが大きいミネラルウォーターの場合には、外部からの影響は分散されやすいのですが、サイズの小さいミネラルウォーターの場合には表面積が小さいことから、外部からの影響を受けやすくなってしまうのです。このことから、サイズが大きいミネラルウォーターの方が、サイズの小さいミネラルウォーターに比べると、賞味期限が長く設定されています。未開封のミネラルウォーターを長期保存をしたい場合には、賞味期限が長いものを選ぶようにすると良いでしょう。

ミネラルウォーターの保管方法


◎未開封のミネラルウォーター

ミネラルウォーターを長期で保存する場合には、きちんとした保管場所を選ぶことが非常に大切になってきます。直射日光が当たる場所や、湿度や温度が高い場所は必ず避けるようにしてください。また、匂いが移る可能性もあるため、ミネラルウォーターを保管している近くに匂いの強いものは置かないようにしましょう

◎開封後のミネラルウォーター

開栓後のミネラルウォーターの場合には、空気中の雑菌が入る可能性があり、すでに賞味期限が関係なくなってしまっているため、少しでも腐敗を遅めるためにも冷蔵庫での保管をおすすめします。冷蔵庫で保管の上、早めに飲むようにしましょう。

開封したら早めに飲みきる!


水は無機質であり、さらにミネラルウォーターは殺菌処理がきちんと行われているものであることから、開封されない限り腐らないものと言えます。開封してしまうと腐敗が進んでいきますので、できるだけ早く飲みきることが大切です。ミネラルウォーターについてしっかりと知っておくと、災害時にも非常に役立つのでおすすめです。