ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

ウォータージャーナル

水の保存期間は?ペットボトルの賞味期限について

水に賞味期限があるということはご存知でしょうか。水にもきちんと賞味期限があることからしっかりと守って飲むことが必要になります。ここでは、そんな水のペットボトルでの賞味期限についてご紹介をしていきます。

水道水の保存期間


shutterstock_9153880.jpg

水道水の一般的な保存期間としては、常温の場合には3日程度とされており、冷蔵庫内といった涼しい場所での保管になると10日程度とされています。この保存期間の中であれば、水を安全に飲むことができると言われています。水道水には、基本的に残留塩素を1リットルあたり0.1ミリグラム以上保持するようにと、厚生労働省令からしっかと義務付けられています。この残留塩素は水道水を綺麗に保つためにも必要不可欠なものであり、病気の原因となる微生物や細菌の繁殖を抑えてくれています。しかしながら、水道の蛇口から出して保存をした場合、先程ご紹介をした保存期間を過ぎていってしまうと、水道水に含まれている残留塩素も徐々に減少をしてきてしまうのです。

残留塩素が減ってしまうと、細菌が繁殖をしてしまうリスクも非常に高くなってしまい、飲料水としても保存用としても適さない、捨てるべき水もしくは雑用として使用すべき水へとなってしまうのです。このことから、保存期間が過ぎてしまった水は、できるだけ雑用水として使用をしたりするようにして、絶対に口にしないようにしてください。

水道水を保存する時の注意点


もし、水道水を保存する場合ですが、水道水はそのまま飲むとカルキ臭いという理由から、家庭にて飲む場合には位置もポットや鍋ややかんなどにて沸騰をさせてから飲んでいるという方がほとんどかもしれません。カルキ臭の原因となるものは、残留塩素です。この残留塩素をしっかりと除去してしまえば、もちろんおいしく水を飲むことができます。

しかし、先程もご紹介をした通り、残留塩素は微生物や細菌の繁殖を抑えてくれるというとても重要な役割をしてくれているということから、沸騰させてしまったり浄水器を通してしまったりした残留塩素を除去している水は、保存には向いていないのです。このことから、水道水を保存する場合には、絶対に沸騰をさせたり浄水器を通したりはせずに、水道の蛇口から直接容器に注ぐようにして保存をするようにしてください。

水道水は長期保存には向いていない


水道水は、3日〜10日しか保存をすることができないということから、長期保存には向いていません。災害の多い日本だからこそ、長期保存をすることのできる食品や水を自宅にて保存しておくことは必要とされており、万が一水道水を保存するとなると大量の水をかなりの頻度で交換していかなければなりませんし、少しでも保存期間を過ぎてしまうと飲むことができなくなってしまい、大変勿体ないです。このことから、水道水には長期保存は向いていないのです。では、どのような水が長期保存に向いているのかということですが、それはペットボトルに入っているお水(お店などにて売られているミネラルウォーターといった水)なのです。

ペットボトルの水の賞味期限


shutterstock_28816852.jpgペットボトルの水、いわゆる水道水から出る水ではなくお店で販売をされているペットボトル入りのミネラルウォーターですが、そのほとんどのものが、濾過をされていたり、加熱をされていたりなどの様々な工程を経ることによって、雑菌を取り除いてきています。雑菌が入り込んでしまっている水は、品質が劣化をしてしまい、保存には大変不向きとされています。

お店で販売されているペットボトル入りの水であるミネラルウォーターは、雑菌のない水が腐敗することは外部から異物が侵入しない限りないとされているということから開封をしない限り長期の保存には向いています。ペットボトルの水の場合、未開封で、高温・高湿な場所を避けて保存をした場合には、なんと基本的には何年でももつと言われているのです。実際に、最近では備蓄用として5年間の間にわたって保存をすることができる水が商品化されてきており、市販がされているのです。

基本的なペットボトルの水の賞味期限


ペットボトルの水の賞味期限としては、500ミリリットルのペットボトルな場合には平均1年程度とされており、1.5リットル〜2リットルのものの場合にはだいたい2〜3年程度とされています。これはいずれも開封をしていない未開封の場合であり、万が一開封をしてしまった場合には、賞味期限に関係なく速やかに飲むようにしてください。

なぜペットボトルの水に賞味期限があるのか


では、なぜ長期に渡って水は飲むことができるのに、ペットボトルの水には賞味期限が表示をされているのでしょうか。その理由としてはペットボトルの容器には通気性があるからなのです。この通気性があると長期保存をしている過程にて、容器を通じて水が蒸発をしていくのです。この蒸発をしていってしまうと、印字してある内容量(1リットルや2リットルなど)がだんだんと減っていってしまい、気づけば中身が少なくなってしまうのです。

飲食などの品に関しては、食品衛生法や食品表示法などといったさまざまな法律を守らなければならないとされており、その中のひとつに計量法というものがあります。ラベルなどへ表示をしていた内容量よりも少ないとなってしまうと、これは計量法違反へとなってしまいます。このことから、印字してある容量をきちんと保てる期間までを賞味期限として区切られています。

水の賞味期限と保存期間


水の保存期間としては、水道水は大変保存期間が短いことから、長期保存には向いていません。ペットボトルの賞味期限は書かれているものの、実際には味とは関係なく計量法違反になってしまうことから記載をされています。しかしながら、賞味期限は守っていて損の無いものですのでしっかりと賞味期限を守り、より良い水を摂取していくことかできると良いですね。