ウォータージャーナル

備えは大事!水道水の保存期間と適切な保存方法とは

災害時の備えとして、水を備蓄している家庭は多いのではないでしょうか。そこで気になるのが、水道水の保存期間はどのくらいが目安なのかという点ですよね。せっかく保存しておいても、安全な飲み水として機能するのか心配になっていませんか?今回は、水道水の保存期間や適切な保存方法についてご紹介します。

水道水の保存期間は意外と短い


shutterstock_1007226595.jpg

水道水は、飲み水として使用する場合、どのくらい保存できるのでしょうか。きちんと清潔なペットボトルなどに入れておけば、長期的に保存できると思っていませんか?

実は、水道水を安全に飲むための保存期間は、さほど長くありません。災害時の飲料水を確保するために、多くの自治体が水道水のくみ置きについての情報を開示していますが、そちらを参考にしてみましょう。

東京都水道局によると、水道水の保存期間は直射日光を避けた涼しい場所での保存で3日程度としています。冷蔵庫に入れた場合は少し長くなり、10日程度までが目安になっています。

これは、水道水を保存した場合の、安全に飲用できる期間の目安です。もちろん、飲用以外の用途であればこの期間を過ぎても問題ありません。しかし、飲用水として使用できる期間が意外と短いと感じる方は多いのではないでしょうか。

なぜ水道水の保存期間は市販の水より短いのか


市販の水に比べると、水道水の保存期間は明らかに短いですよね。どうしてそのような違いが起こるのか、気になりませんか?

水道水には、病気のもとになる微生物や細菌の繁殖を抑えて安全に飲用できるようにするために、残留塩素が含まれています。残留塩素は、1リットルあたり0.1㎎以上保持することが義務付けられていますが、時間の経過とともに徐々に減少していってしまいます。

残留塩素がしっかりと残り、安全に飲み水として使用できる期間が、常温であれば3日、冷蔵庫であれば10日ということですね。

つまり、保存期間の過ぎた水道水は、残留塩素の働きが期待できず、水に含まれる微生物や細菌が繁殖しやすい状況になり、健康を損ねる可能性が出てくるということです。

この残留塩素の濃度については、地域によって微妙な違いがあるようです。自治体によっては、水道水の保存期限の目安が異なる可能性があるため、ここでご紹介した期限はあくまでも目安として参考にしてみてください。

一方で、市販のペットボトルで販売されているミネラルウォーターは、その多くがろ過や加熱によって雑菌を取り除いた状態で製品化されています。そのため、未開封の状態であれば長期的に保存できるものがほとんどです。

こうした違いをきちんと理解し、災害時の水を備蓄しておく際には保存期限をしっかり意識して管理しておく必要がありますね。

水道水を保存する時の注意点


shutterstock_77231128.jpg

水道水を飲用水として保存するためには、保存期限以外にもいくつか注意しておきたいポイントがあります。

保存用の水道水は蛇口からそのまま注ぐ

先ほどご紹介したように、水道水は残留塩素によって微生物や細菌の繁殖を抑えています。そのため、沸騰や浄水器により残留塩素を除去してしまった水は、保存には適していません。

ふだんの飲み水としては、沸騰した水や浄水器を通した水の方がカルキ臭が抜けて美味しいかもしれません。すぐに飲むための水であれば、このような方法で水道水を飲むのは問題ありませんが、保存用としては向いていないことを知っておくと役立ちます。

保存用の水道水を確保する際には、必ず蛇口から出る水道水をそのまま容器に注ぎましょう。

冷蔵庫や冷暗所で保存する

保存用の水道水は、常温保存よりも冷蔵庫での保存の方が少し長持ちします。これは、残留塩素が日光や高温に弱いためです。冷蔵庫に入れて保管することは困難な場合は、できるだけ日が当たらない場所に置いて保管されることをおすすめします。

水道水の保存期限を過ぎたものは、飲用水としての使用は適切ではありませんが、洗濯や掃除、花壇の水などには使えます。

使用する容器は清潔なものを選ぶ

水道水を保存する時は、水を満タンに入れて密閉するように保管します。使用済みペットボトルを活用する際は綺麗に洗ってから使いましょう。汲み置きした水を飲む場合は、容器に直接口をつけるのではなく、コップに注いでから飲むと衛生的です。

災害時に備えて水道水を保存する時は


災害時に備えて水道水を保存しておく場合、どのくらいの量が必要となるのかも気になるところですね。一般的な目安としては、大人の場合1日に必要となる水は約3リットル、乳児の場合は約1リットルと言われています。家族が多ければ多いほど保存量は多くなりますが、いざという時に困らないように備えておきたいですね。

飲み水として使用するために備蓄する際は、先ほどもご紹介したように保存期限に注意し、水を入れる際は空気に触れないよう容器いっぱいに補充しましょう。保存期限を忘れてしまうことが心配な方は、ラベルにして貼っておくと便利です。

保存期限の過ぎた水道水の活用方法


飲用水として保存期限が過ぎてしまった水道水は、健康を損なう危険性があるため飲み水としては適していません。保存期限の目安についてはそれぞれの自治体が発表するもので確認し、適宜取り替えましょう。

飲用水として使えなくなった水道水は、他の方法で活用することができます。洗濯や掃除、食器洗い、洗顔、歯磨き、花壇の水やりなどに使い、無駄にしないように気を付けたいですね。

水道水は保存期限に注意し適切に使おう


今回は、水道水の保存期限についてご紹介しました。市販のミネラルウォーターなどとは違い、水道水は冷蔵庫に入れたとしても飲用水として長期保存はできません。市販の水にも賞味期限はありますが、水道水はもっと短いということを覚えておきましょう。

水道水は、保存しているうちに残留塩素が減り、細菌が繁殖しやすい状況に変わっていきます。健康を損なわず安全に飲むために、自治体の発表する保存期限について確認しておきましょう。

災害時の備えとして、水を用意しておくことはとても大事です。保存期限に注意しながら、万が一の時に備えておきましょう。