ウォータージャーナル

長期保存はNG!水は常温保存でどのくらいの期間大丈夫?

皆さんは、基本的な水の保存期間についてご存知でしょうか。水の正しい保存期間を知っておくと、災害時にも役立つなど、とても便利な知識です。ここでは、そんな水の長期保存がNGな理由や常温保存の期間など、保存期間についてご紹介をしていきます。

水の保存期間


shutterstock_109955987.jpg

気になる水の保存期間ですが、水道水の場合には東京都水道局の発表によると、3日〜10日程度とされています。この期間内であれば、水道水の水は安全に飲むことができると言われています。一方ミネラルウォーターなどの販売されている水の場合には、ラベルやペットボトルの本体などへ賞味期限が書かれており、未開封であれば賞味期限まで飲むことができます。

なぜ水は長期保存がNGなの?


なぜ水は長期保存がNGなのかということですが、ペットボトルの水の場合には、ほとんどの場合濾過や加熱といった工程を経えきており、余分な雑菌を取り除いています。余分な雑菌が入り込んでしまっている水は品質が劣化をしてしまいます。雑菌のない水が腐るということは、どこからかの外部から異物が侵入をしない限り絶対的に有り得ません。

このことから、未開封で、高温・高湿のところを避けて暗所で涼しい場所にて保存がされているペットボトルの水であるのであれば、賞味期限に限らず基本的には何年でも保存をすることは可能だと言われています。それでは、なぜ水のペットボトルには賞味期限がきっちりと表示がされているのでしょうか。

一般的にペットボトルの容器は通気性があるように設計をされています。このことから、長期にわたって保存していると、容器を通じることによって水が蒸発をしていってしまうのです。そうすると、元々容器のラベルへと印字をしてある内容量が、月日を追うごとにだんだんと減っていってしまいます。一般的には飲食類は食品衛生法といったものや、食品表示法といったものなど、さまざまな法律を守らなければいけません。

その中のひとつに計量法というものがあり、表示した内容量よりも少ないとなってしまうとこれは計量法違反へとなってしまいます。このことから、一般的にペットボトルに印字がされてある賞味期限は、容量量をきちんと保つことのできる期間とされています。このことから、水は長期保存には向いていませんので、できるだけ早く飲みきることをおすすめします。

水は常温保存が可能?期間は?


shutterstock_1201770529.jpg

水は常温保存をすることは可能です。期間は保存方法によって異なります。

・水道水

水道水の場合には、どうしても空気に触れてしまっていたり、残留塩素があったりなどという理由などから3日が常温保存では限界とされています。この水道水の保存期間ですが、最初にもご紹介をしたとおりに、東京都水道局の発表によって決められているものです。

・ペットボトルの水

ペットボトルの水の場合には、未開封の場合には安心して長期にわたって常温保存をすることができます。

開封した水は常温保存でどこまでもつのか


開封したあとのペットボトルの場合には、細菌が混入をしてしまうことから、本来の何年もある保存期間とは全く関係なくなり、賞味期限は1日が限度と考えられています。開封した水でコップに注ぐなどして飲んで口をつけていない場合だとしても、時間とともにおいしく飲めなくなる可能性は、空気に触れてしまっていることから非常に高まります。

コップ飲みの場合の日持ちの目安としては、夏の暑い時期の場合には当日〜数日、冬の寒い時期の場合には1週間程度は持つと言われています。しかしながらこれはあくまでも目安ですので1度開封をした飲み物はできるだけ早く飲みきることが良いです。

水の正しい保存方法


水道水

・保存する容器は清潔にする

容器の中だけでなく蓋の周りや内側など、全ての部分をしっかりと清潔な状態にて水を注ぎます。一度口を付けてしまっているものなど、清潔が保たれていない容器を使用してしまうと、水の腐るスピードが格段に早くなります。容器は何回も同じものを使用するのではなく、定期的に変えるようにすると良いです。

・煮沸や浄水処理は行わないこと

水道水を細菌や微生物から守ってくれる塩素は、煮沸や浄水器を通すとほぼ完全に除去がされてしまいます。これはすぐに飲むのであればとても良いことなのですが、塩素を除去してしまっている水は、雑菌が繁殖しやすいことから、保存には向いていません。

ペットボトル

・保存方法を守ること

保存方法は、それぞれのミネラルウォーターのラベルなどにしっかりと記載がされています。その記載されている内容に従い、しっかりと保管をすると良いです。先程もご紹介をした通り、未開封であれば賞味期限通りに保存をすることは可能ですが、一旦開封をしてしまうと賞味期限内の保管ができなくなってしまうことから、できるだけ早めに飲みきることがおすすめです。直射日光や高温の場所での保管は避けるようにして、暗所で涼しい場所へ保存をするようにしてください。(これは水道水の場合もおなじ)

・開封後はできるだけ早く飲む

ミネラルウォーターはしっかりと殺菌が行われていますが、どんなに殺菌がされている水だとしても、一度開封をしてしまうと、空気中にある細菌などが混入をしてしまい、水質がどんどんと悪くなっていってしまいます。そのため、ミネラルウォーターの場合には開封後には賞味期限に関係なく、できるだけ早く飲みきるようにしてください。

水の常温保存は可能だが保存期間は短い


水は常温保存をすることができますが、冷蔵保存に比べると保存期間は短いです。また、水の長期保存はNGであり、開封した場合には未開封の時に比べるとより早く飲むようにしなければなりません。しっかりと水の保存期間を覚えておき、より美味しいお水を口にすることができると良いですね。