ウォータージャーナル

水を飲みすぎるとどうなるの!?一気に大量に飲まないように注意

水は私たちの生活にはかかせないもので毎日飲んでいます。生きるうえで欠かせない水ですが、飲みすぎてしまうとどうなってしまうかご存知でしょうか。ここでは、水の一気飲みや大量摂取の危険性についてご紹介をしていきます。

私たち人間の身体と水の関係


shutterstock_110180087.jpg

実は、私たち人間の身体と水の関係はとても深いものです。私たち人間の身体は実はほとんどが水分でできているということをご存知でしょうか。実は、私たちの身体の約60%~70%は水でできているのです。水分量は人それぞれの体格、年齢などによりに個人差が出てきてしまいますが、だいたいこのぐらいは水分でできています。

身体へと含まれている水分量は、私たちが赤ちゃんのときには約75%と通常の水分量の時に比べるとかなり多めになっており、老人になると約50%~55%と通常の水分量と比べるとかなり少なくなっており、このことから私たち人間の体内の水分量は歳をとっていくごとに減少していってしまうことを見受けることができます。

また、そのほかにも男性よりも女性のほうが体内の水分量は少ない傾向にあります。身体を構成している細胞に含まれている水分量は、それぞれの脂肪の量と深く関係をしています。このことから、身体が成長をしていくとともに身体の脂肪の量が増え、それとともに身体の水分量は少なくなっていくのです。このことから、男性よりも女性のほうが身体についている脂肪が多いということから、体内の水分量に性別で差が出てきてしまうのです。

水の基本的な摂取量


では、体内の水分量の多い私たち人間ですが、水はどのぐらい摂取すれば良いのかご存知でしょうか。水の摂取量については、目安として生活活動のレベルが低い集団の場合には1日にだいたい2.3リットル〜2.5 リットル程度の水の摂取が望ましいとされており、生活活動のレベルが高い集団の場合には1日3.3リットル〜3.5 リットル程度の水の摂取が望ましいと推定がされています。

あくまでもこれは基本的な摂取量であり、私たち人間のほとんどがこの基本的な摂取量よりも少ない摂取量で毎日を過ごしているとも言われています。また、この水の基本的な摂取量ですが、液体の水だけでなく食べ物に含まれている水も含まれますので、水だけで摂取することが困難な方は水分量の多い食べ物を摂取して補うこともおすすめです。



水を飲み過ぎると水中毒になる!?


基本的な摂取量がある水で、私たちにとってはかかせない水ですが、水の飲みすぎには注意が必要です。水については、ただ水を飲めばいいというわけではないのです。水の摂取量だけでなく飲み方を間違えてしまえば、それは水中毒を引き起こしてしまいかねないのです。

水中毒とは



shutterstock_507857977.jpg

水中毒とは、水を一気にたくさん飲み過ぎてしまったこと(過剰な水分摂取)によって引き起こされる中毒のことを示しています。私たちが日頃から飲んでいる水は、体内で利用がされた後に、排泄処理能力のある腎臓にてきちんとした処理が行われています。しかしながら、この腎臓の排泄処理能力よりもさらに多い水を飲んでしまうと、体内の電解質バランスが崩れていってしまい、低ナトリウム血症を引き起こしてしまいます。

水中毒の症状


水中毒の主に挙げられる症状には、軽症の場合には頭痛・嘔吐・浮腫といった症状が現れてきます。重症になってしまった場合には、意識障害と言ったらかなり重い症状が現れてきてしまいますので注意が必要です。水中毒は、血液中のナトリウムイオン濃度が低下をしていくとともに、以下にご紹介をする症状が生じてきてしまいます。

・130mEq/L :疲労感(軽度のもの)

・120mEq/L :頭痛・嘔吐・精神症状

・110mEq/L :性格の変化・痙攣・昏睡状態

・100mEq/L :神経の伝達が阻害されてしまい、呼吸困難などを引き起こしてしまい結果的に死亡をしてしまう。

水中毒を甘く見ている方は多いようですが、水中毒は重篤化してしまえばしまうほど、命に危険が及んでしまうものです。このことから、水中毒にならないために日頃から気をつけることが必要なのです。

水中毒になってしまった場合の治療方法


では、万が一水中毒になってしまった場合、どのような治療法によって改善をすることができるのかご紹介をしていきます。

①水分の摂取の厳重な制限と水排泄促進

水中毒は、水の飲みすぎによって起こるものです。その摂取してしまった水をしっかりと排泄できるように促進していくこと、そして水中毒をより重篤化させないためにも水分の摂取を厳重に制限をしていかなければなりません。

②原因疾患を特定して治療

③心因性多飲症によるものの場合、その原因の解明、解決

④尿崩症に対する薬物治療(DDAVP)が原因の場合、薬剤の中止

以上のように、水中毒になってしまった場合、それぞれの原因に合わせて様々な治療法が行われます。



水中毒にならないためには?


一気に大量摂取してしまうと水中毒になりかねません。1日に2リットル以上摂取することが望ましいことから一気に飲んで済ませる方もいますが、一日のうちにこまめに分けてトータルで2リットル以上摂取することができると良いです。

水だけを摂取しているとより低ナトリウム血症が起るリスクが増えます。このことから、ナトリウムを含んでいる経口補水液を水の代わりに補給すると良いです。そうすれば、低ナトリウム血症を防ぎ水中毒になることをより防ぐことができるのでおすすめです。

飲み方には気をつけて正しい水の飲み方を!


水を一気に飲みすぎてしまうと、水中毒というとても怖い病気を患ってしまいます。水中毒は重篤化してしまえば、命に危険が及んでしまうものです。少しでも水中毒にならないためにも日頃から水の飲み方には十分に気をつけて、正しい水の飲み方をするように心がけ、水中毒にならないようにすることができれば良いですね。