ウォータージャーナル

RO水ってなに?ウォーターサーバーを設置する前に知っておこう

「そろそろウォーターサーバーを家に置こうかな」そう考えている人の中には、RO水という言葉を始めて聞いたという人もいるのではないでしょうか。ウォーターサーバーを選ぶ時、天然水のものを選ぶのか、それともRO水を選ぶのか...。今回は、RO水の特徴や天然水との違いについてご紹介します。

RO水ってなに?普通の水と何が違うの?


shutterstock_637621396.jpg

RO水は、水中の不純物やミネラルを除去した水のことで、限りなくピュアウォーター(純水)に近い状態のものとなります。

不純物等を取り除くために、RO膜という超微細孔のフィルターを通してろ過します。そのため、不純物はもちろんですが、カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラルまで取り除かれます。

RO水のもととなる水(原水)は、河川の水や地下水、水道水と幅広いです。水分子以外のほとんどは除去されているため、安全性が高い点が特徴。赤ちゃんのミルク作りや洗顔、医療現場などでも使われています。

ウォーターサーバーや市販のRO水のほとんどはミネラルが添加されている

もともと、RO水は製造の過程でミネラルまで除去されます。しかし、水の味を決めるとされるミネラルがない状態では、あまり美味しいとは言えません。赤ちゃんのミルク作りなどにはミネラルの入っていないRO水が便利ではありますが、大人が普段気軽に飲用するには物足りないと感じる人が多いです。

ウォーターサーバーで飲むことのできるRO水の多くは、人工的にミネラルが添加されているものが多く、味についても満足できる状態にしてあります。

つまり、RO水には2種類あり、ミネラルが添加されたものとそうでないものがあるということです。

天然水とは?

それでは、次に天然水について見てみましょう。

天然水は、地下や川などから採水した水を飲める状態に処理した水のことです。富士山麓など日本各地には有名な水源があり、どこでとれた水なのか分かるようにラベリングされた市販の水も多いですよね。

天然水は、採水地により味が微妙に違うのが特徴です。これは、採水地によって含まれる成分が違うことが影響しています。日本の天然水のほとんどは口当たりがなめらかで飲みやすい軟水が占めています。

天然水は、もともと不純物があまり含まれておらず、処理の方法も限られています。飲める状態にするために、ろ過や沈殿、加熱、殺菌のみが行われていて、特に非加熱の天然水は旨味や味が損なわれにくく本来の味を感じやすいと言われています。

天然水の味を左右するミネラルについては、採水地により含有量が異なりますが、天然のミネラルが豊富に含まれているという点にメリットを感じる人は多いです。

ウォーターサーバーを選ぶ際に知っておきたいポイント


shutterstock_538336039.jpg

ウォーターサーバーの多くは、基本的にRO水か天然水のどちらか一方となっています。サーバーの機能はそれぞれ違い、総合的に判断することが大事です。

特に、天然水とRO水のどちらを選んだら良いか悩む人は多いでしょう。ここからは、それぞれのメリットや検討すべきポイントについてまとめます。

RO水のウォーターサーバー

RO水のウォーターサーバーの場合は、まずミネラルが添加されているものかどうかを確認することをおすすめします。先程もお伝えしたように、ミネラル無添加のものは無味無臭で、水の味に慣れている方には物足りない味わいかもしれません。しかし、赤ちゃんのミルク作りや料理の際には使いやすいと言われています。その他にも、洗顔や寝癖直し、ガラスやグラスの洗浄に便利です。

ミネラル分が人工的に添加されたRO水は飲みやすいといった特徴があります。天然水に比べると味の質は落ちるのではないかと心配されるかもしれませんが、実際のところは天然水に近い味わいを実現しているものが多いです。

また、RO水は天然水に比べると採水コストが低いことから、ウォーターサーバーの利用にかかる費用もリーズナブルな傾向にあります。天然水のように採水地ごとに味が違うといったことはなく、常に一定の品質が保たれています。

メーカーにもよりますが、RO水のウォーターサーバーの場合、ボトルは再利用できるものを使っていることが多いため、ゴミが出ません。自分で処分する手間が省け、エコにもつながります。

天然水のウォーターサーバー

天然水のウォーターサーバーを選ぶメリットももちろんあります。天然水には、天然のミネラルが豊富に含まれています。自分に合った採水地の天然水であれば、美味しくミネラルを摂取できるでしょう。

天然水は、何百年もかけてろ過された自然の水です。美味しさを徹底的に求めたい人には自分の好みに合った水を選ぶ楽しみもあるでしょう。

ただし、このメリットがデメリットにつながることもあります。採水地の天然水が口に合わない可能性もあるということです。日本の天然水のほとんどは飲みやすいとされる軟水ではありますが、当然ミネラルの含有量はそれぞれ違うため、こだわりのある人には合う・合わないが分かれるかもしれません。

また、RO水に比べると採水地が限定されるためコストがかかり、若干ウォーターサーバーの使用料が高めになることも考えられます。

安全性はどちらも変わりなし

RO水のウォーターサーバーと天然水のウォーターサーバー、どちらが安全性が高いのか疑問に思うかもしれません。結論から言うと、どちらも安全性はしっかり確保されているため心配する必要はありません。

RO水は不純物を取り除いた安全な水



今回は、RO水とは何なのか、天然水と比較しながらその特徴をご紹介しました。RO水は特別なフィルムを通してろ過し不純物を限りなく取り除いたお水です。ウォーターサーバーのRO水にはミネラルが添加されているものも多く、美味しく飲むことができます。

もし、これからウォーターサーバーを設置したいと考えているのであれば、今回ご紹介した内容やポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。RO水と天然水とで迷った時には、それぞれの特徴やメリットも考慮してみてください。もちろん、各メーカーのサービス内容やウォーターサーバーの機能などを総合的に判断し、じっくり検討されることをおすすめします。