ウォータージャーナル

水洗顔はニキビ肌に効果あるの?


水洗顔は、美容に人一倍気を遣う職業の方にもよく実践されている洗顔法ですが、しばしばニキビ肌改善のために始める人もいます。そこで気になるのが、効果の有無ですよね。果たして、水洗顔はニキビ肌改善に役立つのでしょうか。今回は、水洗顔がもたらす効果とニキビ肌改善の可能性についてご紹介します。

水洗顔が美肌につながると言われるわけ


shutterstock_218371675.jpg

水洗顔は、洗顔料を使わずに水だけで洗顔する方法のことです。お金が一切かからず簡単に実践できるというメリットがあります。

水洗顔では、肌の再生に必要な成分を残すことで美肌に近づける効果が期待されています。洗顔料による刺激をなくし、必要な皮脂まで洗い流してしまわないことから、乾燥肌や敏感肌に悩む人に特におすすめの方法です。

強力な洗顔料を使うと、肌への刺激があったり、肌を美しく保つ上で必要となる皮脂まで必要以上に洗い流してしまうという可能性があると言われています。皮脂をごっそり落としてしまうと、乾燥につながり、足りない皮脂を補おうとして過剰に皮脂を分泌することにもつながりかねません。

実は、水洗顔でも大半の皮脂や汚れは落ちると言われています。それには正しい方法を守って実践する必要がありますが、水洗顔に向いている人であれば肌の自然治癒力を高めて健康的な状態に近づけます。

水洗顔に向いている人・いない人

水洗顔は、簡単に実践できる点がメリットですが、中には肌質的に向いていない人もいます。一般的に、水洗顔に向いているのは乾燥肌・敏感肌・普通肌の人です。

オイリー肌や混合肌の人は、水洗顔に向いていない可能性があります。ただし、オイリー肌と思われていても実は乾燥肌が原因でオイリー肌になっているインナードライ肌の場合は水洗顔がおすすめです。

なぜオイリー肌や混合肌の人が水洗顔に適していないのか、その理由を見てみましょう。水洗顔では、オイリー肌の人の過剰に出た皮脂を洗い流すことができず、残りすぎた皮脂が酸化して肌あれやニキビの発生につながってしまう可能性があります。

つまり、オイリー肌の場合、ニキビを改善したくて水洗顔を試したとしても、さらにニキビが増えたり悪化する可能性があるため注意が必要です。

水洗顔はニキビに効果があるのか?


先程ご紹介したように、水洗顔に向いている人と向いていない人がいます。水洗顔に向いていない人の場合、ニキビがさらに悪化することにもなるため、一概におすすめできるものではありません。

とはいえ、ニキビに悩む一部の人によっては、水洗顔が良い結果をもたらす効果も期待できると言われています。では具体的に、どのようなケースがニキビ肌の改善に役立つのでしょうか。

季節の変わり目でニキビが出る人には水洗顔がおすすめ!?

常にニキビに悩まされているわけではないけど、季節の変わり目にニキビができやすくなるという人にとっては、水洗顔が役立つ可能性があります。

季節の変わり目でニキビが出やすくなるのは、寒暖差によって肌が乾燥しやすくなることが1つの原因です。この寒暖差による乾燥が原因であれば、水洗顔によって肌本来の自然治癒力を高めニキビの発生が抑制される効果が期待できると言われています。

水洗顔は刺激をおさえ角質層のバリア機能を高める

強力な洗浄力のあるクレンジング料や洗顔料の使用は、肌の角質の未熟化につながり、様々なダメージに弱くなるようです。洗顔料はもちろんですが、化粧品や肌に優しいとされる石鹸でさえ刺激を感じるほど、敏感になってしまうことも。

こうして角質層のバリア機能が低下した肌では、炎症を拡大化させる刺激となり、ニキビができやすくなります。

水洗顔は、刺激のない洗顔法です。強い刺激となる洗顔料などの使用で角質が剥がれやすくなっている肌を徐々に整えることで、ニキビのできにくい肌に近づける効果があると言われています。

水洗顔だけでニキビが改善するとは限らない


shutterstock_1096855883.jpg

水洗顔に向いている人であっても、一時的にニキビ肌が改善する可能性がありますが、長期的にニキビができない肌を目指すのは困難です。

水洗顔によって洗顔料の刺激を抑え、未熟がった角質を育てていくと、赤みや炎症が軽減する効果が得られやすくなります。確かに、この時点ではニキビに効果的だと思われるでしょう。

しかし、完全にニキビのない状態は実現せず、途中で改善がストップしたかのような状態になることもあります。これは、水洗顔で角質の剥がれが抑制されたぶん、皮脂が詰まってニキビが増えやすくなるからです。

ここで洗顔料を使ったケアに戻ると、赤みや炎症がぶり返し、もとの状態に戻ってしまうという失敗を多くの人が経験するといいます。

水洗顔によって赤みや炎症がひいて、敏感な肌を脱却できたら、次のステップに移行することが大事です。

例えば、スキンケア以外のニキビ予防にも目を向けてみてはいかがでしょうか。疲労回復やストレス解消のために十分な睡眠時間を確保することや、冷えを改善することも肌を良い状態に近づけると言われています。

さらに、ニキビについて専門医の意見を参考にし、自分に適したケア方法を知るのも大事です。

水洗顔を行う際の注意点


水洗顔に切り替えて、肌トラブルが悪化した場合は通常通りのケアに戻しましょう。場合によっては、皮膚科への受診をすると安心です。水洗顔は、肌質によっては合わない人もいるということを覚えておきましょう。

また、日中メイクをする人は、朝のみの水洗顔をおすすめします。メイクを水洗顔でしっかりと落とすことが難しいです。毛穴に残ってしまった化粧汚れがニキビの悪化につながる可能性も十分にあります。

水洗顔を行う際は、体温よりも少し低めの水温が適しています。40℃を越える水温では、必要な皮脂まで洗い流してしまい、水洗顔のメリットを得られにくくなります。

水洗顔でニキビが改善しやすい人とそうでない人がいる


今回は、水洗顔がニキビの改善に効果的なのかご紹介しました。残念ながら、すべての人に水洗顔が向いているとは言えないため、ニキビ解消に必ず役にたつわけではありません。

しかし、一部の人にとっては、肌の持つ自然治癒力を高め赤みや炎症を起こしにくくなる効果があるとされています。

ぜひ、気になる方は正しい方法で水洗顔を試してみてくださいね。