ウォータージャーナル

水洗顔ってなに?期待できる効果やメリット、行う際の注意点

美容情報に敏感な方は、水洗顔という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。水洗顔は、美容に人一倍気を遣う職業の方々を中心に注目を集めている洗顔法です。今回は、水洗顔とは何なのか、メリットや注意点を含めてご紹介します。

水洗顔とは?


shutterstock_218371669.jpg

水洗顔は、その名の通り洗顔料を使わずに水だけで顔を洗う方法のことです。洗顔料を使わないと、洗ったことにはならないのでは?と思われるかもしれませんが、その効果を感じている人はたくさんいます。

ただし、水洗顔を行う際には注意しておきたいポイントがいくつかあります。間違った方法で行うと、その効果を感じにくくなるだけでなく、場合によっては肌を傷めてしまう原因にもつながる可能性があります。

水洗顔で期待できる効果については、また後ほど詳しくご紹介していきますが、肌荒れ・肌質の改善などに役立つとされ、美しい素肌を維持するために長期的に続けている方も多いです。

水洗顔で期待できる効果とメリット


では、具体的に水洗顔を行えばどのような効果が期待できるのか、見てみましょう。

洗いすぎによる肌トラブルを防ぐ

肌を清潔に保つことは大切ですが、一方で洗いすぎによる負担にも注意が必要だと言われています。肌トラブルの原因のひとつには、洗顔料による刺激や洗いすぎも考えられることから、水洗顔によって洗いすぎを防ぐことで改善できる可能性もあります。

洗いすぎが招くのは、乾燥です。肌が乾燥すると、乾燥を補うために皮脂を過剰に分泌してニキビや吹き出物につながることもあります。

本来、肌には自然治癒力が備わっています。適度な皮脂は肌を綺麗に保ち新陳代謝を活発にさせる上で不可欠ですが、強力な洗顔料の使用等で洗いすぎてしまうと、皮脂を必要以上に取り除いてしまうことになり、肌の再生に必要な成分まで洗い流してしまいます。

水洗顔では、当然ですが水しか使いません。肌への刺激を抑え、肌本来のもつ自然治癒力を失うことなく健康的な状態を維持しやすくなると言われています。

簡単で経済的

水洗顔は、正しい方法を守ることが大事ですが、その方法はさほど難しくありません。そして、何よりお金をかけずに行うことができるため、誰もが始めやすい点がメリットです。

水洗顔を始めるにあたり、用意するものは何もありません。水洗顔をおすすめするのは朝ですから、慌ただしい時間帯であっても時間をかけず行うことができ、むしろ水洗顔を行う前よりも時間短縮できます。

水洗顔を始める前に知っておきたいこと


shutterstock_348957842.jpgいざ水洗顔を始めよう!と実践する前に、いくつか確認しておきたいことがあります。

水洗顔に向いているかどうか

肌質は、人それぞれ特徴がありますよね。一般的に、水洗顔に向いているのは、乾燥肌の人や敏感肌の人、特に悩みのない普通肌の人となります。

オイリー肌や混合肌の人は、皮脂が残りすぎることにより肌トラブルにつながる可能性もあるため注意が必要です。こうした場合は、水洗顔よりも洗顔料での洗顔の方が良い状態を保ちやすいでしょう。

ただし、自分ではオイリー肌だと思っていても、実は乾燥肌が隠れている人もいます。この場合、乾燥が原因で皮脂が余分に出てしまっている状態なので、水洗顔の効果が期待できます。

水洗顔の方法

水洗顔のやり方についてご紹介します。

まず、水洗顔は冷たい水ではなく30℃くらいのぬるま湯で行います。熱いお湯では皮脂のとりすぎにつながり、乾燥を招く原因にもなります。手を洗って清潔な状態にし、ぬるま湯を両手ですくって顔にパシャパシャと付けるように20回程度洗います。

皮脂が気になるTゾーンなどは、指の腹を使ってやさしく擦り、清潔なタオルを当てるようにして水気をとります。

水洗顔の頻度は、基本的には朝1回。敏感肌でメイクもほとんどしない人などは、朝と夜の2回とも行っても良いですが、一般的にはメイクをしっかり落とすために夜は通常のクレンジングと洗顔料を用います。水洗顔をした後は、化粧水などのスキンケアは行いません。

すぐに効果は出ない

水洗顔は、長期的に行うことで効果が見られるようになります。そのため、すぐに効果の有無を判断することはできません。水洗顔の効果が表れ始めるのは、2か月くらいからと言われていますが、これも個人差があります。

水洗顔に切り替えた後、一時的に肌の不調を経験する方が多いようです。これは、変化の過程で生じることなので焦らなくても良い場合がほとんどです。以下にご紹介する、よくある水洗顔の経過で起こるトラブルについて知っておくと、冷静に判断できるでしょう。

経過中の肌トラブルについて

特に、水洗顔に切り替えて2週間が経過した頃に肌の不調を感じる方が多いです。例えば、かゆみ、かさぶた、「はたけ」と呼ばれる状態などが代表的。

「はたけ」は、毛穴の皮脂や角栓が飛び出してにょろにょろと出ている状態のことです。見た目が美しくなく、汚れが表面化することから、心配になり水洗顔を諦めてしまう人もいますが、これはやがて改善し気にならなくなるケースがほとんどです。毛穴から飛び出した白い汚れは、タオルでやさしく拭き取りましょう。ただし、3か月過ぎても改善しない場合は、水洗顔が向いていないのかもしれません。

かゆみは、特に朝・夕の2回とも水洗顔に切り替えている人に見られやすいと言われています。こうした場合は、朝だけ水洗顔にすることで改善することがあります。

珍しいケースとなりますが、水洗顔で肌表面の角質層が厚くなりかさぶたになる人もいます。これは悪い現象ではなく、むしろお肌の新陳代謝が整ってきている証拠です。しかし、無理に剥がすのはよくありません。必要に応じて、皮膚科に相談されることをおすすめします。

水洗顔を行い始めると、このような一時的な肌トラブルはよくあることです。しかし、先程ご紹介したように、水洗顔が合わない人もいますので、無理に続けようとせずに気になった段階で皮膚科の医師に相談しながら行うと安心です。

水洗顔は正しい方法で根気強く


今回は、水洗顔とは何か、効果やメリット、始める前に知っておきたいポイントをご紹介しました。

効果の有無が分かるまでには時間がかかるため根気強く続けていくことが大事ですが、お金をかけず簡単に行えるため、誰もが習慣化しやすいのではないでしょうか。

これから水洗顔を始める方は、ぜひ正しい方法で試してみてくださいね。