ウォータージャーナル

朝の洗顔は水洗顔で優しく、正しく洗おう


毎朝の身支度には洗顔が欠かせませんよね。洗顔は洗顔料を用いて行うのが主流かと思いますが、肌質によっては水洗顔の方がメリットが大きいことをご存じでしょうか?認知度が高まりつつある水洗顔は、正しい方法で行ってこそ効果が得られやすくなります。今回は、水洗顔のやり方についてご紹介します。

水洗顔ってなに?


shutterstock_497641336.jpg

まずは、水洗顔について簡単にご紹介します。

水洗顔は、洗顔料を使わずに水(ぬるま湯)だけで顔を洗う方法のことです。一見、十分に顔を洗うことができないのでは?と思われるかもしれませんが、肌質によっては多くのメリットも得られます。

水洗顔のメリット

水洗顔では、洗顔料を用いないため、本来肌に必要な油分まで取り除いてしまう心配がありません。乾燥肌に悩む人は、皮脂のとりすぎには注意が必要です。強力な洗顔料は、肌を綺麗に保つために必要な成分まで洗い流してしまう可能性がありますが、水洗顔の場合は必要以上の洗い流しをしないため肌の再生能力を高めることに役立ちます。

敏感肌の方は、洗顔料が刺激となり痛みを感じたり、肌荒れの原因になることもあります。水洗顔であれば、こうした刺激を防ぐこともできます。

水洗顔に向いている人

ここで注意しておきたいのは、誰もが水洗顔に向いているとは限らないということです。水洗顔が向いている人の肌質の特徴としては、敏感肌、乾燥肌、普通肌と言われています。

一方で、オイリー肌や混合肌の方は水洗顔が不向きな可能性もあります。皮脂が過剰に分泌された状態の場合、水洗顔では不十分となるからです。自分がオイリー肌かどうか分からない時は、水洗顔をしてみて肌のぬるぬる感が残るかどうか確認すると良いでしょう。正しい方法で水洗顔をしても、ぬるぬる感が残る場合は洗顔料を使った方が良いかもしれません。

ただし、オイリー肌の方の中には、実は乾燥肌であるというケースもあります。このケース
では、乾燥しているために過剰に皮脂が分泌されている状態です。そのため、実は洗いすぎ
を避ける方がベターで、水洗顔をしてみることをおすすめします。

混合肌の場合、Tゾーンなどの皮脂は目立つが頬は乾燥している、という状態かもしれません。そうした場合、皮脂が気にならない部分や乾燥している部分にだけ水洗顔を行い、皮脂が気になる部分は洗顔料を用いるという方法もあります。

水洗顔のやり方


shutterstock_111450263.jpg

それでは、水洗顔のやり方について詳しく見ていきましょう。

ステップ1 ぬるま湯に設定

水洗顔は、冷たい水ではなく30℃~35℃のぬるま湯で行います。気温の低い冬や、さっぱりしたい時はもっと熱い温度のお湯で洗いたくなるかもしれませんが、高温では皮脂が必要以上に取り除かれてしまい、水洗顔のメリットを感じにくくなります。また、水温が低すぎると肌が敏感に反応することもあるため快適とは言えません。

ステップ2 手を洗う

両手は、しっかりと洗い清潔な状態にします。手に雑菌がついたまま水洗顔をすると、様々な肌の悩みの原因につながることもあるため注意が必要です。

ステップ3 洗顔する

水でごしごし洗うというよりは、両手ですくった水を肌にパシャパシャとつけるようにして洗います。回数としては20回~30回程度です。Tゾーンなど、ベタつきが気になる部分は、指の腹をつかって撫でるように優しく洗います。

ステップ4 タオルで拭く

洗顔後は、タオルを軽く押し当てるようにして水気を拭き取ります。ゴシゴシと擦るのは肌を傷めてしまう原因になるためNGです。

水洗顔を行う上での要チェックポイント


水洗顔を行う際は、以下のポイントにも注意しましょう。

基本的には朝のみ行う

洗顔する場面は、メイクをする人なら朝と夜の入浴時の1日2回となるでしょう。水洗顔は、朝のみ行い、夜はメイクを落とすためにクレンジングと洗顔料でしっかり行うのが基本です。

もし、メイクをしない場合でも、夜は洗顔料での洗顔が良いと言われています。もちろん、
肌を傷つけないように洗顔料を使う際はよく泡立てて優しく行いましょう。

肌トラブルにつながった場合は皮膚科へ

もし、水洗顔をするようになって、かゆみやニキビの増加、赤みが目立つなどの肌トラブルが起きたら、そのままにせず皮膚科への受診をおすすめします。

水洗顔の効果には個人差があります。なかには、水洗顔が合わない人もいるため、皮膚科のドクターと相談しながら適切な方法を探すのがベストです。

水洗顔後は化粧水等をつけない

洗顔後は、保湿のために化粧水や乳液、美容液などを使ってケアするのが常識ですね。しかし、水洗顔のあとは基本的に化粧水等をつけないのもポイントです。

乾燥が目立つ部分については、部分的にワセリン等を塗るなどの対策をしましょう。

効果が出るまで2か月以上はかかる

水洗顔の効果が現れるのは、少なくとも2か月が経った後だと言われています。短期間で効果が出るものではないため、翌日すぐに実感できるわけではないことを知っておきましょう。

もちろん、効果が実感できるまでに1年かかる人もいるようです。その間には、スキンケア方法の変更に伴い肌あれのような様子が見られたりすることもあります。安心して続けていくために、必要時には皮膚科に相談しながら進めていくことが大事です。

特に、水洗顔を始めて2週間が経った頃、肌あれが起きやすくなると言われています。これは、洗顔料に含まれる保湿成分に頼れなくなったことで皮脂の分泌量が増えたり、毛穴の汚れが一時的に目立つなどの状態が代表的。その他には、かゆみを感じたり、かさぶたができるなどもあります。

多くの人が経験するのは、「はたけ」と呼ばれる状態です。小鼻や眉間など、白い汚れが飛び出す現象のことで、見た目はあまりよくありません。これは、毛穴の皮脂や角栓が飛び出したもので、タオルで拭けば大抵落ちます。しかし、見た目が悪いことから心配になる方が多いです。

はたけは、水洗顔を続けるうちに、徐々に目立たなくなってくるのが通常です。しかし、3か月経っても角栓がひどくなるようなら、水洗顔が合わない可能性も考えられますので、その場合は洗顔料での洗顔に戻すことをおすすめします。

水洗顔は正しい方法で継続することが大事


今回は、水洗顔のやり方について、注意点やポイントも含めてご紹介しました。すぐに効果は出ないものの、続けていくことで美肌作りに役立ったという人は多いです。

肌質によって合う・合わないはありますが、まずは正しいやり方をマスターして始めてみませんか?