ウォータージャーナル

軟水と硬水の違い・水の硬度って何?


皆さんは、水に硬度があるということをご存知でしょうか。実は、水には軟水と硬水というものが存在をしており、それぞれに違いがあるのです。そこでここでは、そんな軟水と硬水の違いや水の硬度についてご紹介をしていこうと思います。

水の硬度とは


shutterstock_155878760.jpg

水に硬度があるというと、「水って硬いの?」や「水って柔らかいの?」と思う方もいるようですが、一般的に水の硬度は水の硬さや柔らかさを示しているものでは無いのです。水の硬度とは、水に微量に含まれているカルシウム 塩・マグネシウム 塩などといった質量を、とある方法で表現したものとなっています。

基本的には、質量濃度(質量 ÷ 体積)となっていますが、とある1種類の塩に換算する質量濃度(質量 ÷ 体積)で表されることがあります。これらのことから、硬度が低い水のことを軟水と言い、逆に硬度の高い水のことを硬水と言うのです。また、軟水と硬水のWHO(世界保健機関)が定めている基準値は、硬度が120mg/l以下のものが軟水としており、硬度が120mg/l以上のものを硬水としています。

軟水とは


では、水の硬度の中でも軟水とはどのようなものなのでしょうか。先程もご紹介をしたとおりに、軟水はカルシウムやマグネシウムといった金属イオン含有量が少ない水のことを示しています。また、私たちが住んでいて日頃から口にすることの多い日本の水には、硬度の低い軟水がほとんどだとされているのです。このことから、日本の水道水は水の硬度が約120未満となっている軟水が多いと言われているのです。

これを踏まえ、日本の水道水から出てくる水のほとんどが軟水だと言えるのです。また、日本では南西諸島・関東地方の一部・福岡県一部といった、僅かな地域を除いて、ほとんどの地域の水が軟水に属しています。いわゆる、一部の地域では硬水を取り扱っているのです。河川の流域の面積が少なければ少ないほど、ミネラルの溶解が少なくなるということから、硬度が下がって軟水になると言われています。

軟水に期待できる効果

軟水は、とにかく全てに対して優しいお水となっています。肌・髪の毛・お腹など、使用するにあたって全ての場所へ優しいお水です。より良い毎日を送ることができるお水です。

硬水とは


では、軟水とは逆に硬水とはどのようなものなのでしょうか。硬水も先程ご紹介をしたとおりに、カルシウムやマグネシウムといった金属イオン含有量が多い水のことを示しています。軟水は日本に多いとされていますが、逆に硬水は北欧の水へ多い傾向にあります。アメリカ合衆国では、東部・南部・太平洋岸には軟水が多くなっており、南西部には硬水が多くなっています。

また、日本でも少ないと言うだけで硬水も見られることがあり、日本では関東地方の一部や南西諸島へと見られることがあります。しかしながら、そのほとんどの地域の水は軟水となっているのです。水源自体が硬水であるのは、沖縄本島中・南部または本部半島・読谷となっていますが、この場所で家庭などへ配られる水道水には、硬度を下げる処理を施しているのです。

硬水に期待できる効果

硬水の場合には、下剤に含まれている成分でもあるマグネシウムか多く含まれているということから、便秘解消の効果を期待することができます。普段便秘気味で苦労している方は普段の軟水を硬水に変更にて硬水を飲むことによって難なく便秘解消することができるということから、普段から好んで硬水を飲む方も居るのです。また、その他にも血液をサラサラにしてくれるなど病気のリスクを減らしてくれる嬉しい効果も得られるのです。

軟水と硬水の違い


shutterstock_254321788.jpg

軟水と硬水の1番大きく言える違いといえば、やはり硬度が大きく違うと言うことです。軟水と硬水では、それぞれで適している料理が異なります。軟水の場合には、無味そして無臭であることから、素材の味を活かすことの多い日本料理を作る際には大変向いているといえます。逆に硬水は、お肉ならではの独特の臭みを消してくれたりアクを出やすくさせてくれたりなど様々な効果を期待することができるということから、洋風系のお肉の煮込み料理に向いていると言えます。

軟水と硬水では、使用をするにあたって安心安全さが違います。軟水は赤ちゃんでも安心して使用することができるお水でありながらも、硬水はお腹が緩くなったり胃や腸が弱い方にはおすすめすることができません。硬度が大きく違う軟水と硬水では、摂取することによって得られる効果も大きく変わってくるのです。

また、飲んだ時の口当たりも大きく変わってきます。濃度が高いとされている硬水では、口当たりが重みとなっていることから多少の苦みを感じてしまいます。逆に濃度の低い軟水では、まろやかな口当たりそしてさっぱりとした風味が特徴敵となっているのです。普段から軟水を口にしている日本人であれば硬水を飲んだ時に「美味しくないな」と感じてしまうことがあります。

軟水と硬水はそれぞれに合った使い道がある


硬度の違う軟水と硬水には、先程ご紹介をしたとおりにそれぞれ違いがあります。それぞれに違いがあり、メリットやデメリットもあるということから、それぞれにあった使い道はあります。


・軟水に合う使い道

軟水に合う使い道としては、日本料理、炊飯、緑茶、スキンケアなどが挙げられます。

・硬水に合う使い道

硬水に合う使い道としては、洋風系のお肉の煮込み料理、パスタ、パエリア、紅茶、コーヒー、ダイエットなど挙げられます。

軟水と硬水には様々な違いがある


軟水と硬水の違いには、硬度だけでなく適している料理・安心安全さ・期待できる効果・口当たりなど、様々な違いがあることをおわかり頂けたのではないのでしょうか。この違いをしっかりとしったうえで、今後軟水と硬水を普段から使い分けてみてはいかがでしょうか。