ウォータージャーナル

水ってアルカリ性なの?飲み水のpH値について

世間では、アルカリ性飲料が体に良いとされていますが、実際のところどうなのか、気になりますよね。普段飲んでいる水のpHはどのくらいなのか、調べてみたことはありますか?今回は、飲み水のph値について、またアルカリ性飲料が良いとされる理由をご紹介します。

水のph値ってどのくらい?


shutterstock_1030623007.jpg

世間一般では、水素水やアルカリイオン水などを代表するアルカリ性飲料が体に良いとされています。

具体的にどう体に良いのか、これには諸説ありますが、実際に効果が証明されているのは胃酸の中和効果のみとなっています。美肌に良いとされる説については、信頼できるデータが今のところないようで、今現在でははっきりしたことが分かりません。しかし、アルカリ性の水が胃腸に良いとされていることついては確かなようです。

水がアルカリ性であるかどうかは、pH値を見ることで分かります。水溶液には酸性・アルカリ性、中性の3種類の状態がありますね。どの状態に当てはまるかどうかはpH値で確認します。

ここで、ピンとくる方もいるかもしれませんが、小学校の理科の授業では、水のpH値をリトマス紙で調べる実験をしますよね。その実験ではおそらく中性を示していたのではないでしょうか。

しかし、厳密に言えば、pH値は水によって異なります。水が全て中性というわけではないということです。

pHとは?

pHとは、水の中に含まれる水素イオンの濃度のことです。pHの数値は0~14まであり、どの数値に当てはまるかによって酸性・アルカリ性・中性かが分かります。pHがちょうど7であれば中性です。7未満の場合は酸性、そして7よりも多ければアルカリ性となります。

飲み水には基準値がある

あまり知られていないかもしれませんが、私たちが普段飲む水道水や天然水、ミネラルウォーターなどにはpH値の規定があります。

実は、飲み水のpH値は高すぎても低すぎても良くありません。私たちが安全に水を飲める基準値があるということですね。

日本では、水道水やミネラルウォーターの成分規格について、pH値は5.8~8.6の範囲内という規定が設定されています。

飲料水としてのベストなpH値は?

日本の基準値であるpH5.8~8.6以内であれば、飲用には問題ないとされており、どのくらいの数値がベストかという科学的な根拠はないようです。

ただ、人間の体液のpH値は7.35~7.45の弱酸性であることから、中性もしくは弱酸性であるpH7~8くらいが理想的だと言われています。

アルカリイオン水は体にどんな影響をもたらすの?


shutterstock_717077242.jpg

さて、ここからはアルカリイオン水について見てみましょう。アルカリイオン水は、健康や美容に役立つと噂されていますが、実際は「なんとなく体に良さそうだから」とその効果について深く知っている人は少ないのではないでしょうか。

アルカリイオン水には、いくつかのメリットがあるようです。しかしその一方で、人によっては体に合わなかったりとデメリットを感じる人もいます。

アルカリイオン水ってどんな水?

アルカリイオン水の正式名称は「アルカリ性電解水」です。水道水に電極をあてて、水分子がマイナス極に寄った水のことで、pH値は9~10くらいとなっています。つまり、アルカリイオン水は中性に近い弱アルカリ性。ストレスや偏食などで酸性に傾いてしまいがちな現代人の体を中和させると言われています。

ルカリイオン水のメリット

弱アルカリ性の水には胃酸の中和効果が認められていることを、冒頭でご紹介しました。この効果については立証されており、アルカリイオン水が胃腸症状の改善に役立つことは厚生労働省も認めているところです。

あくまでもこの効果はアルカリイオン整水器で作られたアルカリイオン水で認められたものではあります。胃酸過多の状態にある人がアルカリイオン水を飲むと、胃酸の量を正常に戻してくれる効果が期待できるようです。

その他にも、腸内の環境を整えて慢性下痢の改善や、食後のうがいに使用することで口臭や虫歯予防に役立つことも期待されています。

飲み水には適していませんが、pH値の高い強アルカリイオン水であれば油汚れや皮脂汚れといった酸性の汚れを分解し落としやすくなるため、掃除にも使えそうです。

アルカリイオン水の注意点

アルカリイオン水は胃酸過多の改善に役立ちますが、胃酸過多ではない人の場合はかえってデメリットになる可能性があると言われています。胃酸が出る量が軽減すると、正常な状態の人にとっては食べ物がうまく消化しきれないといった不調につながることも考えられます。

また、アルカリイオン水のpH値が高すぎると、胃腸症状の改善にはつながらず刺激が強すぎてかえって不調を招くことも懸念されます。

つまり、アルカリイオン水を飲んだからといって誰もが不調を改善できるわけではないということです。「健康に良いから」と薬のように飲むのは、人によってはかえって逆効果になる恐れもあるため、過信しすぎないようにしましょう。

クリクラのお水は弱アルカリ性


クリクラ ロゴ.png

https://www.crecla.jp/about/

クリクラのお水は体に良いとされる弱アルカリ性。原水に含まれている不純物を最先端の技術で取り除いているため、安心して飲むことができます。

赤ちゃんの離乳食やミルク作りにもおすすめで、クリクラのサーバーを設置している産院は多数あります。

良質なミネラルを含む軟水なので、口当たりがまろやかでとても美味しいお水です。出汁の味を引き出し、素材の味を引き立たせてくれるため料理に使うのもおすすめです。

いつでも手軽に弱酸性のお水を飲むことができるという点で、クリクラのウォーターサーバーはとても便利。サーバーのレンタル料をはじめ宅配料や入会金、解約金といったお金がかからないため、誰でも気軽に設置しやすいのも魅力です。

飲み水はその都度購入しているという人にとっては、特にメリットが大きいのではないでしょうか。2週間に1回のペースで配送員が伺いますので、注文の手間や残量を心配する必要もありません。重たいペットボトルを購入する労力がなくなるだけでもかなり嬉しいですよね。