ウォータージャーナル

イオン交換水と蒸留水の違いは?精製水の種類についても解説!


イオン交換水と蒸留水の違いについてご存知でしょうか。実はこの2つの水の種類には、かなり違いがあるのです。そこでここでは、そんなイオン交換水と蒸留水の違いについて、そして精製水の種類についてもご紹介をしていきます。

精製水について


shutterstock_564214408.jpg

これからご紹介をしていくイオン交換水も蒸留水も、全て同じ種類に分類されます。それが精製水です。精製水とは、水道水から作られている水であり、水道水を精製したものとなっています。水道水に比べると、かなり安全性の高い水です。一般的な水道水とははるかに水質が違い、殺菌・滅菌処理が施されているということから、精製水には不純物がほとんど含まれていないのです。

精製方法としては、精製水の種類によって異なりますが、ろ過・紫外線・沸騰など様々なものが挙げられます。そのことから、飲水として飲むことができるということだけでなく、化学工業や機械工業などにて精密機器や製品などの洗浄に使用をされまり、コンタクトレンズの洗浄液に使用がされたり、化学や生物学関係といった実験に使用がされたりなど、さまざまな場面にて活用がされてきているのです。

精製水のメリット・デメリット


では、精製水のメリット・デメリットとしてはどのようなものがあげられるでしょうか。

メリット

・不純物がほとんど含まれていない
・安全性が高い
・様々な面で活用できる

デメリット

・菌が繁殖しやすい
・消費期限が早い
・ミネラルウォーターよりは美味しくない
・無味無臭(味がほとんどない)

イオン交換水とは


イオン交換水は、イオン交換樹脂と呼ばれる樹脂で作られているろ過材に、水道水を通すことによって精製する水となっています。このイオン交換水を作るイオン交換樹脂は、水中に含まれるイオン成分を吸着する代わりとして自らが持っているイオン成分を水中に排出してくれるのです。イオン交換水を作るイオン交換樹脂は家庭用の浄水器によく使用されています。

蒸留水とは


蒸留水は、水を加熱などによっていったん沸騰させることによって、気体を水蒸気にしてそれを別の場所で冷却して液体に戻した純水のことを示しています。一般的に蒸留水を作るために行われる蒸留は、水自体の純度をあげるために行われるものとなっています。蒸留水は、飲料水として販売されているだけでなく、コンタンクレンズの洗浄水・科学実験・器具の洗浄水・薬剤の希釈用水など、数多くの場面にて活用されてきています。

イオン交換水と蒸留水の違い


では、そんなイオン交換水と蒸留水の違いは何なのでしょうか。イオン交換水はイオン交換樹脂と呼ばれる樹脂で作られているろ過材に水道水を通して精製しており、蒸留水は水道水を沸騰させたことによって発生をした水蒸気を冷却したことにより精製した水です。

純度は同じぐらい高くなっています。しかしながら、イオン交換水の方が水以外の成分がほとんど含まれていないことから、より純度は高くなっています。蒸留水は水質が変化しやすいことから場合によっては水道水よりも危険性が高くなります。しかしながら、蒸留水のイオン交換水の場合には、不純物が含まれていないことから安心して飲むことができます。

精製水の種類


shutterstock_1588397833.jpg

イオン交換水や蒸留水以外に一般的とされている精製水の種類についていくつかご紹介をしていきます。

・超純水

超純水とは、電解質を除去することと一緒に電解質以外の溶解成分である全有機体炭素と微粒子と生菌とシリカ成分などを、可能な限り除去した ている水のことを示しています。

・純水

純水とは、原水を蒸留・イオン交換・ROなどによって、電解質やその他の溶解成分をほとんど除去ている水のことを示しています。

・RO水

RO水とは、水にRO膜処理を施している水のことを示しています。

ウォーターサーバーに向いている精製水とは?


比較的、ウォーターサーバーに向いている精製水は、蒸留水でも純水でも超純水でもイオン交換水でもなく、RO水となっています。一般的なウォーターサーバーでは、蒸留水・純水・超純水・イオン交換水といった水を使用しているメーカーは少なく、実際に使用した方の声もあまり良いものはありません。しかしながら、近年ではRO水をウォーターサーバーに使用するメーカーやご家庭が増えてきており、その使い勝手の良さやメリットの多さなどから、精製水の中では1番ウォーターサーバーに向いていると言われています。

精製水を手に入れる方法とは?


全てをご覧になったうえで、精製水を手に入れたいと思う方もいるかと思いますが、一体精製水はどこに売られているのか気になりますよね。

通販サイト

精製水は通販サイトで販売されています。送料もかかりますが、重たい水であることから自宅にお届けしてくれる点ではとても良いですね。

ドラッグストア

精製水は、最寄りのドラッグストアでも販売されています。自分で買いに行かなければなりませんが、その分通販サイトに比べると送料もかからずお手ごろ価格にて手に入れることができます。

自分で作る

実は精製水は自分でも作れます。購入するお金が勿体ないと感じる方やすぐ消費してしまう方などは、精製水器を使用することにより、自宅で簡単に精製水を作ることができるのでおすすめです。精製水を定期的に買うよりも機械を買って半永久的に使用することかできる方がコストパフォーマンスは良いです。

精製水の値段


通販サイトやドラッグストアなどにて精製水を購入する場合、やはり気になるのは値段だと思います。基本的に精製水は普通に販売をされているミネラルウォーターなどと比べてもさほど値段は変わりません。だいたい500mlのペットボトル1本で100円前後となっていることから、比較的手を出しやすい値段をしているのではないのでしょうか。

イオン交換水と蒸留水は全く違う水


イオン交換水と蒸留水にはあまり違いがないものの、実際には全く違う水です。同じ精製水の種類には他にもたくさんのものがあるということから、あなたがより自分自身に合う精製水を利用することをおすすめします。同じ精製水でありながらもしっかりと中身は違いますので、その違いについては理解しておくことがおすすめです。