ウォータージャーナル

ウォーターサーバーを選ぶポイントって何?

ウォーターサーバーにはたくさんの種類があり、会社によってレンタルのシステムも異なります。導入しようにもどうやって選べばよいかわからず、選ぶポイントを知りたいという人も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では、ウォーターサーバーを選ぶ際に知っておきたいポイントや注意すべき点などを紹介していきます。

RO水と天然水の違いを理解しておこう

shutterstock_417390778.jpg

ウォーターサーバーを選ぶポイントとしてまず重要なのが「RO水にするか天然水にするか」ということです。それぞれの水の性質をよく理解して選ぶようにしましょう。RO水とは、採取した水や水道水を逆浸透膜フィルターに通してろ過し、不純物を除いた水のことを指します。逆浸透膜フィルターはROフィルターとも呼ばれるもので、0.0001ミクロンという非常に微細な不純物まで除去できるフィルターです。原水を高い精度でろ過し、純水に近い状態にします。

水を美味しいと感じるためには、適度にミネラルなどの成分が入っていることが大切です。不純物を取り除いたRO水は安全ですが、物足りない味わいになるため、人工的にミネラルを加えて日本人が飲みやすいと感じる味になるように調整しています。採水地まで赴いて水を採取する必要がなく、人工的に製造できるため、一定の品質を保つことが可能です。料金も安いことが多いでしょう。

天然水は、採水地で採取された天然成分を含んでいる水です。安全性を高めるために、ろ過や沈殿、加熱殺菌といった処理を行っています。ほどよく天然ミネラルが含まれているため、味わいが豊かで美味しく感じることが多いです。メーカーは地層のチェックをしっかり行って、安全な水が取れる地域で採取しています。長い年月をかけて自然にろ過されてきていることもあり、基本的に水の安全性に問題はありません。RO水よりも価格が高くなることが多くなります。

ウォーターサーバーの料金

月々のコストがいくらかかるかも、導入前にしっかり確認しておきたいポイントです。いくら素晴らしい機能を持ったウォーターサーバーでも、毎月の家計に負担となるようであれば続けていくことは難しいでしょう。ウォーターサーバーの料金システムや相場は会社によってさまざまですので、よく比較検討することが必要です。なお、サーバー本体は購入するケースもありますが、通常はレンタルして使用します。レンタルした場合にかかる費用の内訳は、レンタル料金、水の代金と送料、電気代です。ほかに、メンテナンス料金が必要なところもあります。

レンタル料金のシステムはメーカーによって異なり、無料のところが多いですが、有料のところもあります。有料の場合、相場はひと月で500~1000円程度です。レンタル料金が有料でも、一定以上の水ボトルを購入すれば無料になるところもあれば初月のみ無料というところもあり、レンタルは無料でも水ボトルの購入ノルマがあるところもあります。どのようなシステムになっているか、事前にしっかり確認することが大切です。

水の料金は、基本的にボトル単位で決まっています。ボトルは12リットルサイズが一般的で、天然水の場合は1200~2000円程度、RO水は900~1200円程度が相場です。まとめ買いや3年間などの複数年契約をすれば割引価格が適用される会社もあります。水の送料は、基本的に全国どこでもかからない会社が多いです。ただし、会社によっては、北海道や離島など一部地域への配送に限り送料が必要になるケースもあります。その場合の送料は、200~1000円程度でしょう。

ウォーターサーバーを設置すると、電気代もかかります。使用環境によって多少の違いはありますが、毎月500~1000円程度が一般的でしょう。月々の電気代が300~400円程度の省エネタイプのサーバーもあります。これ以外に、会社によって発生することがあるのがメンテナンス料金です。メンテナンスの内容は会社によってさまざまで、毎年本体の交換を行うところもあれば、ユーザーによる日頃のお手入れを推奨し特に対応していないところもあります。ウォーターサーバーを衛生的に使用したいのであれば、メンテナンスサービスがあるところを選ぶのが望ましいでしょう。

メンテナンス費用は、無料のところもありますが、基本的には有料です。交換時に5000円程度かかるところもあれば、毎月500~1000円程度の費用が発生するところもあります。

ウォーターサーバーのデザイン

サーバー本体のデザインも、選ぶ際の重要なポイントです。水ボトルが丸見えになっている一般的なデザインからボトルが見えないスタイリッシュなデザインまで、会社によって多様なバリエーションがあります。ウォーターサーバーは高さがあるため、リビングなどに設置するとそれなりに目立つものです。おしゃれなサーバーにすれば部屋のインテリアにもなじみやすいでしょう。設置場所を決め、その部屋の雰囲気に合わせやすいデザインやカラーを選ぶことが大切です。

また、レバーの位置や水ボトルを置く場所など、使いやすいデザインになっているかどうかも重要なポイントとなります。ボトルを置く場所が高すぎると交換するときに辛いですし、水を汲む位置が低すぎると使いづらく感じるでしょう。ウォーターサーバーは毎日使うものですので、見た目の良さだけではなく、使い勝手がよいかどうかも検討する必要があります。

チャイルドロック機能の位置

赤ちゃんや小さな子どもがいる家庭では、チャイルドロック機能の種類やついている位置も選ぶ際の重要なポイントとなります。なぜなら、ウォーターサーバーは冷水だけではなく温水も出るからです。メーカーによって多少の差はありますが、温水は80~90℃ほどあり、小さな子どもが不用意に触って出してしまうと火傷をする恐れがあるでしょう。そのため、ほとんどのウォーターサーバーにはチャイルドロック機能が搭載されています。

チャイルドロックの方法は、製品によってさまざまです。主に、電子制御できるもの、ボタンを押しながらレバーを引くなど複雑な操作をすればお湯が出るもの、カバーで覆ってしまうものなどに分けられるでしょう。完全解除・簡易ロック・完全ロックと3パターンの設定が可能なものもあります。このうち、もっとも一般的なのは複雑な操作を同時にすることが必要なタイプです。幼い子どもにとって、ボタンを押しながらレバーを引くなどふたつの操作を同時にすることは難しいため、いたずらをしてお湯を出すリスクが軽減されます。

ただし、子どもがある程度大きくなるとうまく操作してしまう可能性がありますので、ロックをしていても注意が必要です。また、チャイルドロックの方法だけでなく、どこの位置にあるかも重要なポイントとなります。子どもの手が届く位置についていると、いたずらをして触っているうちに解除してしまうこともあるでしょう。そのため、上部や背面など子どもが触りにくい位置や見えづらい位置にあることが望ましいです。

なお、電子制御タイプは温水・冷水の両方のロックができることが一般的ですが、手動タイプは温水のみロックできるものが多いです。これは、冷水をうっかり出しても火傷などの恐れがないためでしょう。しかし、子どものいたずらで冷水を出しっぱなしにされたというケースもあります。心配な人は、冷水にもロックをかけられる製品を選ぶと良いでしょう。最初から温水・冷水の両方にロックできる製品もありますが、初期設定は温水のみでユーザーから申し出ると対応してもらえるケースもあります。

こだわりを持ってウォーターサーバーを選ぼう

shutterstock_1247263372.jpg

ウォーターサーバーがあればいつでも美味しく安全な水が楽しめます。赤ちゃんがいる家庭ではミルクを作るのにも役立つでしょう。ウォーターサーバーには多くの種類があり、それぞれ特徴や料金が異なります。水の性質や月々かかる費用、デザインなどこだわりたいポイントを先に決め、家庭に合ったものを選ぶことが大切です。