ウォータージャーナル

ウォーターサーバーの良いところが知りたい!

ウォーターサーバーを導入しようかどうか迷っている人はウォーターサーバーの良いところが明確に知りたいでしょう。また、良い面だけでなく、悪い面もみてトータルに考えたいはずです。使用時の注意点などが分かれば、なおよいでしょう。ここではウォーターサーバーのメリットとデメリット、および選び方などについて紹介していきます。

ウォーターサーバーのメリット

shutterstock_1218985651.jpg

ウォーターサーバーの最大のメリットは温水と冷水がいつでも飲める点でしょう。温水を用意しようとするとヤカンや電気ポットが必要になりますが、ウォーターサーバーさえあればシンプルなレバー操作だけで温水を出せます。温水が常に用意されているので、ホットドリンクやインスタントのカップラーメンを作るときに重宝するでしょう。また、冷蔵庫なしで冷水を用意できるのも便利です。人がおいしいと感じる水の温度はだいたい10度前後といわれています。ウォーターサーバーがあれば、その丁度良い冷たさの水を簡単に用意できるのです。夏場の熱中症予防にもなりますので、小さいお子さんや高齢者がいる家庭では活躍する機会が特に多くなるでしょう。

水がおいしいだけでなく、安心安全に飲めるのもメリットです。ウォーターサーバーの水は大きく分けると、ナチュラルミネラルウォーターとRO水があります。ナチュラルミネラルウォーターは化学処理されていないので、水道水のようなカルキ臭がないのが特徴です。人間に必要なミネラルが豊富に含まれているのも、うれしいポイントといえるでしょう。

一方、RO水は水に含まれるミネラルや不純物を除去した水のことです。不純物が取り除かれていますので、赤ちゃんのミルクを作る際などにぴったりです。ただし、お味の方は無機質なため、大人が飲むには物足りない面もあります。ナチュラルミネラルウォーターもRO水も、どちらも安心安全という意味では変わりませんので、ある程度は好みで選択しても問題ないでしょう。

ウォーターサーバーを契約すると自宅まで定期的に水を運んでもらうサービスを受けることができます。水を運んでもらう周期は、メーカーにもよりますが、ある程度指定することが可能です。この定期配送を利用すれば、自分で水を買いに行く手間が省けるでしょう。ペットボトルは1、2本ならまだしも、大量に購入すると運ぶのは相当な重労働になります。

この定期契約は1回の配送で最低でもボトル2本以上をノルマとしているところもあります。あまり水を飲まない月だと余ってしまう事態もあり得るでしょう。そのような場合は定期配送の中止を依頼することができます。選択できる配送の周期や休止できる期間はメーカー毎に異なるので、事前に確認するようにしましょう。

ウォーターサーバーはもしものときに、災害時の備蓄用水として活用できることもメリットの一つです。緊急時のために1人あたり1日3リットルの水を常に用意しておくと安心ですが、これは飲料用だけを想定した場合です。トイレや洗濯でも水を使いたいのであれば、さらに水が必要になります。ウォーターサーバーのボトルは1本で12リットルのタイプがほとんどです。スーパーなどに売っているペットボトルよりもサイズがはるかに大きく、災害用の保管に向いています。

定期配送を受けていれば、水が途切れなく届くので、意識していなくても水を備蓄することになります。もし定期配送をしていなければ、うっかりと買い忘れる人も多いでしょう。ただ、いくらウォーターサーバーが水の備蓄に向いていても、停電になってしまえば使えないのでは、と疑問を持たれるかもしれません。ウォーターサーバーには種類があり、停電時でも使えるタイプがあります。非常時に備えるのが目的であれば電源がなくても使えるウォーターサーバーを選択するようにしましょう。

ウォーターサーバーのデメリット

メリットが充実したウォーターサーバーですが、残念ながらデメリットもあります。まず、ボトルが重いため設置が大変だということです。1本12リットルのタイプがメインのため、女性や高齢者など、体力がない人にとってはそう簡単に運ぶことができません。1本の量が多い分、一度取り替えてしまえば、しばらく交換しなくてよいのですが、この1回がかなり大変なのです。

設置スペースの問題も見逃せないデメリットかもしれません。ウォーターサーバーはコンパクトなものもありますが、大きいものもありますので、設置スペースはそれなりに必要です。スペースがあっても、平らで丈夫なところでなくては不安定になるということもあります。費用についても気になるところです。ミネラルウォーターはスーパーやネット通販であれば2リットルのものでも100円前後で買えます。ウォーターサーバーのレンタル料金や配送料、電気代などを考慮すると、どっちが得なのか考えてしまうケースもあるでしょう。どちらが得なのかは月に消費する水の量にも依存するので、一概にはいえません。

ウォーターサーバー使用時の注意点

ウォーターサーバーを使用する際にはいくつか注意点があります。ウォーターサーバーの水は水道水のように塩素で殺菌処理されていません。そのため、衛生管理には十分に気を配る必要があります。特に水の注ぎ口やボトルの差込口は雑菌が繁殖しやすいので、日常的に手入れをするようにしましょう。また、ウォーターサーバーは積極的に活用しなければ損になるケースもあります。基本的には水を定期購入する仕組みになっていますので、水をあまり使わない場合は余計な水代を払うことになるでしょう。途中で解約した場合は違約金が発生することもあります。

設置場所についてもあらかじめよく検討しておくようにしましょう。自宅のどこに置くかをあらかじめ決めておらず、後になって実は場所がなかったという事態だけは避けなくてはなりません。ウォーターサーバーのオーソドックスなサイズは幅と奥行きが40センチ前後、高さはだいたい1メートルぐらいが目安となります。

良いウォーターサーバーの選び方

良いウォーターサーバーの選び方にはポイントがあります。何よりもまず、水のおいしさや性質にこだわりましょう。これらはミネラル成分や硬度などに左右されます。コーヒーや紅茶が好きなのであれば、軟水との相性が良いです。ダイエット中の人であれば、ミネラルが豊富な硬度高めの水が適しているでしょう。赤ちゃんや妊婦の人は、ミネラルがあまり入っていないRO水を選択すると良いでしょう。費用面から考える視点も必要になります。配送料やメンテナンス代、サーバーの電気代などが毎月いくらかかるかをしっかり計算しておきましょう。サーバーのレンタル料金やメンテナンス代が無料のところもあります。

使い切りのボトルか、回収ボトルかどうかで選択するのも悪くはないでしょう。使い切りのボトルであれば、空になったものを処分できますが、回収ボトルの場合、次回配達時まで保管しておかなくてはなりません。使い切りのボトルは外気に触れませんが、回収ボトルは外部の空気がボトル内に入り込むことで水を出す構造です。回収ボトルの場合、外気が原因でボトル内の水の鮮度が悪くなる可能性はゼロではありません。水の鮮度に強いこだわりがあるなら使い切りのボトルがよいでしょう。

ウォーターサーバーはデザインがおしゃれなものも増えてきています。自宅のインテリアになるようなデザインの良いサーバーを購入するのも面白いかもしれません。設置スペースに余裕がないのであれば、卓上タイプやスリムタイプを検討してみましょう。

ライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選ぼう

shutterstock_1067094056.jpg

ウォーターサーバーはおいしいくて安全な水を飲めたり、非常時に役立ったりするメリットがあります。定期配送で自宅まで水を運んでもらえる点も便利です。しかし、その反面、費用が高くなったり、設置場所が必要になったりするデメリットもあるでしょう。ウォーターサーバーのメリットとデメリットをよく理解し、自分のライフスタイルに合わせたものを選ぶことが重要になります。