ウォータージャーナル

ウォーターサーバーの水の硬度はどのくらい?

ウォーターサーバーを導入しようか検討している人の中には、ウォーターサーバーの水の硬度が気になる人もいるでしょう。体に合う硬度は人それぞれですし、硬度はコーヒーやお茶の味にも影響します。ダイエットや飲み物など、水をさまざまな用途を考えている人には硬度は大切なポイントです。この記事では、ウォーターサーバーの水の硬度を紹介します。

水の硬度について知ろう

shutterstock_1495932191.jpg

ウォーターサーバーやミネラルウォーターの話題で頻繁に目にする水の硬度とは、どのような意味なのでしょうか。硬度とは、水の中に含まれるミネラル成分の濃度を指します。ミネラル成分とは、主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンです。このミネラル成分が多ければ硬水、少なければ軟水と分けられます。具体的な数字では、軟水の硬度は0~60mg/L未満、中程度の軟水の硬度は60~120mg/L未満、硬水の硬度は120mg~180mg/L未満、非常な硬水の硬度は180mg/L以上という分類です。これはWTO(世界保健機関)の基準で、120mg/L以上が硬水の目安とされています。ただし、そもそも日本人は軟水に慣れているため、日本人の感覚では100mgまでが軟水と硬水が分かれる目安です。

日本で生活していると、最も多く触れるのが軟水です。地域差はありますが、国内の川やダム、湧き水などは軟水に近く、水道水もそこから取水しています。さらに、水道水の場合はろ過する過程でミネラル分なども取り除かれることになるため、硬度は低くなる傾向があるのです。

ウォーターサーバーの導入を検討している家庭では、水にも天然水やRO水、また天然水の中でもさまざまな種類があるため迷うこともあります。同じ水でも、どの水の種類を選ぶかは意外と大切な問題です。日本の軟水で暮らし慣れている人にとって、硬水を選ぶと体に合わないと感じることもあります。基礎的な知識として、日本人は硬度が低い軟水に慣れているので、そちらを選んだ方が無難だというポイントは押さえておいてもよいのではないでしょうか。

ミネラル分を多く含む硬度は?

硬水はミネラル成分を100〜120mg/L以上と多く含む水ですが、硬水にはどのような特徴があるのでしょうか。

硬水のミネラル成分の中には、主にカルシウムとマグネシウムがあります。どちらも人間にとって不足しがちな成分で、特に健康に気をつけている人は飲むだけで栄養が摂れるため硬水は便利です。また、ミネラルは腸に働きかける作用があり、便秘に効果があるとされています。特に、妊娠している間や授乳期間中は便秘になりがちのため、硬水を飲むことがおすすめです。ただし、赤ちゃんが飲むと下痢になることもあるので、ミルクへの使用には注意をした方がよいでしょう。

また、ミネラル成分は、飲み物を作る時に特定の成分に反応しやすいという特徴もあります。例えば、コーヒーの場合、カルシウムは苦みを抑え、マグネシウムは渋みを引き出す効果があります。そのため、硬水を使ったコーヒーは、酸味を感じにくくなる傾向があるのです。一方で、ミネラル成分が少ない軟水は影響が少ないため、コーヒー本来の味や香りを引き立てることができます。お茶の場合でも同じです。硬度が高すぎると、ミネラル成分がお茶の大切な要素であるカテキンやカフェインと反応してしまい、味が淡白になり香りも減少して濁った水色になる傾向があります。

コーヒーや緑茶など、豆や茶葉が大切なのは知っていても、使用する水はそれほど重視しないという人も多いのではないでしょうか。しかし、このような飲み物の99%は水が占めており、その水がコーヒー豆や茶葉の成分に反応して味に影響するのです。ウォーターサーバーの硬度が気になっている人は、水をそのまま飲むためにだけ使用するのか、あるいはコーヒーやお茶、料理など多くの場面で使いたいのか、さまざまなパターンがありえます。いずれにしても、目的によって水の硬度は重要だという点は知っておくと便利だといえるでしょう。

硬度が選べるウォーターサーバーがある

ウォーターサーバー会社によっては、さまざまな硬度を用意しており、家庭で自由に選べる会社もあります。これはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ウォーターサーバーの導入の際にネックになり迷うポイントの1つが、水の種類です。例えば、ウォーターサーバーを契約しておらず、水をスーパーやコンビニ、あるいはインターネット通販などで日常的に購入している家庭では、いつも水を自由に選べるというメリットがあります。普段は飲料用に軟水を常備しておいて、腸の動きが悪い時だけは硬度が高い水を買うということも可能です。一方で、ウォーターサーバーを契約している場合は、水が自宅まで定期的に届けられます。せっかくお金を払って水を購入しているのに、わざわざお店やインターネットで別の水を買うことには抵抗を感じる人もいるのではないでしょうか。

また、ライフスタイルによって使いたい水の種類が変わることもあります。例えば、妊娠中であれば便秘がちになりやすいですし、お腹の赤ちゃんにも栄養を送らなければならないため、栄養が不足しがちになります。そこで、妊娠中には手軽にミネラル分などの栄養を採る手段として硬水は便利です。しかし、出産した後は赤ちゃんにミルクを作ったり、もっと成長すればお茶を飲ませるようになります。その際に、硬度が高いと子どもの腸に負担をかけてしまう可能性があるため、どちらかといえば、硬度を抑えた軟水がふさわしいのです。

このように、ウォーターサーバーを使ってみると、硬度を変えたいと考える時が出てきます。ウォーターサーバー会社と契約する時には、取り扱っている水の硬度、硬度のバリエーション、そして、途中で切り替えることができるかどうかをあらかじめ確かめることが大切です。

ウォーターサーバーの硬度は?

ウォーターサーバーの水の硬度はどれくらいなのでしょうか。ウォーターサーバーの水には、天然水とRO水の2種類がありますが、これらはどちらとも軟水であることがほとんどです。日本では軟水の目安が約100mg/Lまでですが、代表的なウォーターサーバーの硬度は1.05mg/Lといった超軟水から、83mg/Lといった標準的なタイプまでさまざまなものがあります。

ウォーターサーバーの硬度に関しては、RO水という種類を理解しておくと便利です。RO水とは、原水の不純物を取り除くためのろ過に、RO膜という超微細孔のフィルターを使った水です。このRO膜は、放射性物質をはじめとするほとんどの不純物を除去することができる代わりに、体にとって有害ではないミネラル成分も一緒に除去してしまいます。そこで、ろ過した後にミネラルを添加して適度な硬度に調整するのですが、その時に日本人の感覚に合わせるよう硬水の量を抑えるため、ウオーターサーバーの硬度は軟水であることが一般的なのです。

また、天然水の場合でも、あまりにも硬度が高いと合わない人もいます。そのため、ウォーターサーバーの水の硬度は飲みやすい軟水であることが普通だと考えておくとよいでしょう。純粋な水としてそのまま飲むだけでなく、コーヒー、お茶、赤ちゃんのミルクなどに使いたい人や、子どものお腹にあまり負担をかけたくない家庭でも、ウォーターサーバーの水は安心して使うことができます。

軟水のウォーターサーバーの水は赤ちゃんも安心して飲める

shutterstock_337144532.jpg

ウォーターサーバーを導入する時は水の硬度が気になりますが、基本的に軟水は赤ちゃんの体にも負担をかけずに飲ませることができ、コーヒーやお茶の本来の良さを引き立てることができるという特徴があります。ウォーターサーバーは、多くの場合、RO水というバランスの良い軟水が使われているため、赤ちゃんがいる家庭でも安心して飲めるのです。