ウォータージャーナル

ウォーターサーバーを使用すると痩せるのは本当?

ウォーターサーバーが人気である理由のひとつに、健康によいと考える人が多いことが挙げられます。ダイエットと水には密接な関係があるとする説も多く、ウォーターサーバーを使用すると痩せるのか気になる人もいるでしょう。おいしい水を飲みながら痩せることができるのなら、ダイエットを考える人にとって有効な選択肢となります。ここでは、ウォーターサーバーの使用で痩せやすくなるケースや、その理由を紹介します。

ウォーターサーバーがあると水を飲む習慣ができる

shutterstock_324342278.jpg

水は人間が生命を維持するにあたって欠かすことのできない物質です。にもかかわらず、水を口にする回数が少ないという人も少なくありません。その理由を考えてみましょう。まず、水がおいしくないということが挙げられます。蛇口をひねればすぐに飲める水が手に入る国は非常に少ないといわれますが、そのなかのひとつである日本においても、水道水はおいしくないと感じる人も多いのではないでしょうか。ウォーターサーバーで使用する水はとてもおいしく、これまで感じていた「水はおいしくない」という概念をいい意味で裏切ってくれます。おいしいものを口にしたくなるのは、ごく自然なことでしょう。

水道水を飲むことに抵抗がある人にとっては、ボトルウォーターの購入も有効な選択肢になります。しかし、水は非常に重たいので運搬も容易ではありません。購入後、自宅まで運ぶことが億劫になれば、自然と水を購入する回数も減っていきます。ウォーターサーバーの使用では、水が自宅まで配送されるケースがほとんどであり、運搬の不便を感じることもなく、快適です。定期的に水が届けられるので、買いすぎて在庫を余らせてしまったり、買うのを忘れて飲みたいときに飲めなかったりといった事態も防げます。

もう一点、ウォーターサーバーならではの特徴として、水温の管理を行ってくれることが挙げられます。設置した水はサーバーが適温に調整してくれるため、水温を気にする必要もありません。サーバーによっては、冷水と温水を使い分けることもでき、必要に応じて選べるのもうれしいポイントです。水は、飲むことを強制されても飲めるものではありません。水を飲みたくなる環境を整えることが大切です。ウォーターサーバーを使用すれば、いつでも快適においしい水を飲めるので、自然と水を飲む習慣ができていきます。

なぜ水を飲むと痩せるの?

水をたくさん飲むことは、多くのダイエット法で推奨されています。その理由は、水を飲むことで減量を促す効果が期待できるためです。まず、しっかりと水分を補給すると代謝が上がります。汗をかきやすくなることで、代謝がよくなったと実感する人も多いでしょう。汗は水分のみならず、体内の老廃物などを排出する機能もあるので、代謝が活発になり、体調が整っていきます。尿の量が増えることも、水を飲むことで実感する大きな変化です。排尿は非常に高いデトックス効果があり、尿をしっかり出すことが痩せる秘訣といっても過言ではありません。

便秘が原因で痩せにくくなっている場合は、水を飲むことで便通がよくなる効果も期待できます。便も汗や尿と同様に、体内の老廃物を排出する役割を持っていますが、体内の水分が不足していると便が固くなり、排便が困難になってしまうことも少なくありません。しかし、十分な水分を摂ることで、便の状態が改善されることもあります。水を飲むことは、ダイエットの大敵である食欲を押さえることにもつながります。食べたいものを食べずに我慢することは初めはつらいものです。それでも「お腹が空いたら水を飲む」ことを習慣にすると、食欲を抑えられるうえにデトックスもできて一石二鳥の効果が期待できるでしょう。

ウォーターサーバーの水をダイエットに効果的に飲む方法

水を飲めば痩せるからといって、ただやみくもに大量の水を飲めばいいというわけではありません。ウォーターサーバーの水をダイエットに活用する場合は、効果的に飲むことが大切です。まずは、自分が1日に飲む水の量を把握しましょう。目安となる量は、体重50kgの人で2リットルです。それよりも体重が多かったり少なかったりする場合は、調整して自分に合う水の量を計算しましょう。ウォーターサーバーに使用するボトルの容量をあらかじめ確認し、1日に飲む量を確認すると管理も簡単です。

水は一気飲みせず、少量をこまめに摂るほうが効果があります。喉が渇くと、つい一気に飲み干してしまいたくなりますが、それは体内の水分量がかなり減っていることを意味します。その状態が長く続けば、脱水症状などの不調を招く恐れもあるので、喉が渇いたと感じる前に、水分補給する習慣をつけましょう。水を飲むときは、ゆっくりと喉を通すことを意識します。すると、一度に大量の水を飲むことを防げるうえ、体にとっても負担が少なく、効率的な水分補給ができます。

水の温度は常温が理想的です。夏はキンキンに冷やして、冬は沸くほどに熱いお湯を飲みたいという人もいるかもしれませんが、極端に冷たかったり熱かったりすると、効率的に水分が吸収されません。多少冷やしたり、温めたりすることは問題ありませんが、できるだけ常温に近い温度の水を飲むよう心がけましょう。

水を飲みすぎると太るって本当?

ダイエットのために水を飲むことは、多くの場合でプラスに作用します。その一方で「水太り」ということばがあることも事実です。「水を飲みすぎると水太りになるのでは?」と心配な人もいるでしょう。確かに、代謝が落ちている状態の体に多くの水を摂り込むと水分が溜まってしまい、むくみやすくなります。しかしこれは、水分が足りていないがゆえに代謝が落ちている状態だということでもあるのです。日頃から水を飲む習慣がないと代謝は落ちてしまい、急激な水分の摂取でむくみを感じるようになります。これが、水を飲みすぎると太るといわれる理由です。

しかし、この状態は水をこまめに飲むことで改善されていくことがほとんどです。徐々に代謝が上がっていくと、むくみは解消されて痩せやすい状態になることも期待できるでしょう。一方、代謝が落ちる原因は水分不足だけではありません。体が常に冷えている状態では、どれほど水をたくさん飲むようにしても代謝が思うように上がらないこともあります。効率的に水分を摂り込み、代謝を上げるためには、体を温めることも大切です。そうはいっても、夏でも厚着をしなければならないということではありません。長時間にわたって同じ姿勢でいることを避ける、日頃から軽いストレッチを習慣的に行う、極端に冷たい飲み物を飲まないといったことを実践しましょう。

また、アスリートなどが減量のために水分を摂らない事例がありますが、これは競技において必要な減量措置であり、一般的には推奨されない方法です。人体は非常に多くの水分で維持されているため、水分を摂らなければ確実に体重は落ちます。しかし、その後に水を飲めば元に戻るどころか、代謝が落ちている状態となっているためにむくんでしまいます。ダイエットのために水を飲むのなら、一時的な体重の増減を重視するのではなく、長期的で緩やかな体重の減少を目指しましょう。

基本的に、水を飲みすぎたからといって体重が増加していくことはありません。しかし、体の状態によってはむくみが発生し、以前よりも脚などが太くなったと感じる可能性はあります。水を飲むことによってむくみを感じたら、代謝を上げる生活習慣へとシフトしていきましょう。

ダイエットにはウォーターサーバーがおすすめ!

shutterstock_668692573.jpg

水を飲むことはダイエットはもちろん、健康的な体を維持する基本といっても過言ではありません。しかし、何事も継続することが大切です。ウォーターサーバーのおいしさや手軽さは、有効な方法といえるでしょう。これまで水を飲んでダイエットをしようと思ったけれど続かなかったという人や、これから水を飲んでダイエットをしたいと考えている人は、ウォーターサーバーの利用を検討してみてはいかがでしょうか。