ウォータージャーナル

ウォーターサーバーの水に添加物が入っているのか知りたい!

ウォーターサーバーを契約しようか検討中の人は、ウォーターサーバーの水に添加物が入っていると聞いたことがあるかもしれません。そして、一体どのような添加物が入っているのか、人体に良くない影響はないのかなどが気になるのではないでしょうか。この記事ではウォーターサーバーの水に使用される添加物や安全性の高さについて説明します。

ウォーターサーバーの水に添加物は入っている?

shutterstock_476933734.jpg

ウォーターサーバーに使用される水には添加物が入っていないものと入っているものがあり、それぞれの特徴やメリット、デメリットがあります。

まず、添加物が入っていない水としては天然水と無添加のRO水を挙げることができます。天然水はペットボトルのミネラルウォーターと似た性質の水で、特定の水源から採水した地下水を原料とするものです。また、天然水の場合、不純物を取り除くためのろ過や沈殿、加熱による殺菌以外には物理的・化学的処理をしていません。それから、源水に含まれるミネラル分などを豊かに含むことが天然水の特徴です。その点が天然水のメリットであるため、採水地は富士山麓や清流の上流といった水質の良いエリアが厳選されていることも多くあります。

天然水のデメリットとしてはRO水よりも価格が高い傾向があることです。加えて、天然水の処理に使用されるフィルターでは完全に除去できない不純物があるともいわれています。

一方、RO水とは天然水よりもさらに細かいフィルターを使ってろ過した水のことをいいます。そして、RO水には添加物が入っているものと入っていないものがあり、ウォーターサーバーに使用される水には添加物が入っているものが一般的です。添加物が入っている場合はろ過によって除去されてしまったミネラル分を補う物質が添加されているのです。体に悪影響のある添加物ではありません。

RO水とは?

RO水を製造する際は、「RO膜」「逆浸透膜」と呼ばれる非常に目の細かいフィルターを使用します。どれほど細かいかといえば0.0001ミクロン単位の穴です。ちなみに1ミクロンは0.001mmなので、0.0001ミクロンは1千万分の1mmということになります。そのため、イオン分子や水(H2O)分子以外はROフィルターを通過できません。不純物を含むあらゆる物質がフィルターに残り、ろ過後は完全に水分子だけを取り出すことができるのです。このように精製されたRO水を「純粋」「ピュアウォーター」「ろ過水」と呼ぶこともあります。

水道水には多種類の不純物が含まれているといわれています。たとえば、古い水道管が劣化することによってゴミやちりが混入したり、鉛やカビ、雑菌やウィルスが発生したりすることがあるのです。一説によると、日本国内の上水道管のうち1割以上が法定耐用年数を超えた状態のままで使用が続けられているとされています。また、消毒のために添加されている塩素はカルキ臭の原因であるだけでなく、有機物と結合することによって発がん性物質であるトリハロメタンに変化する可能性も指摘されています。また、2011年3月11日に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故により、水道水に混入した放射性物質を心配する人も増えています。

また、地下水に含まれる有害物質として知られるようになったものが農薬や除草剤、生活排水などから発生する硝酸態窒素です。多くの自治体が井戸水を使用している家庭に水質検査を推奨しています。加えて、水質の良い水源から採水されているはずのミネラルウォーターにも硝酸態窒素が含まれている可能性があるのです。

RO水の最大のメリットとは、こういったすべての不純物を除去することが可能なため、安全性が非常に高いということです。それゆえに、赤ちゃんのいる家庭など家族の健康を最優先したい人は、安心して使用できる安全性の高い水として、RO水のウォーターサーバーを選ぶことが多くなっています。

RO水は他にも多くのメリットを備えています。まず、RO水は価格がリーズナブルな傾向にあるということです。RO膜でフィルタリングをすれば、原理上は泥水や海水からでもRO水を作ることができます。つまり、普通の水道水を原料として利用できるため、ミネラルウォーターや天然水のように限定されたエリアから採水する必要がなく、コストを抑えることが可能なのです。中には天然RO水をうたっているウォーターサーバーもあり、その場合には特別な名水から採水しなくてもコストの低い地下水や湧き水を原料として使用できます。

それから、RO水は浸透力が高いため、料理に使うと素材の味を引き出しやすくなる点もメリットです。だしを取るときや煮物を作るときなどにもRO水を使うとおいしくできます。ミネラル分を多く含まないためpHが低い軟水・超軟水となり、お茶やコーヒーをいれる目的にも適しているのです。

加えて、賞味期限が長いこともRO水の持つメリットです。RO水はあらゆる不純物を除去しているため、雑菌やカビを繁殖させる栄養成分も含んでいません。そのため、空気中に存在する菌や人体の常在菌に触れても菌が繁殖しにくく、水が腐ったり変質したりしにくいのです。一般的にウォーターサーバーの水の消費期限は天然水の場合で1カ月以内ですが、RO水の場合は3カ月程度とされています。水のボトルを開封する前であれば、天然水の賞味期限は約半年であることに対し、RO水は約1年間と長いため、災害などに備えて水をストックしておきたい場合にも便利です。

RO水の添加物は危険?

このようにメリットが多いRO水ですが、多少のデメリットがないわけではありません。それは水に含まれるミネラル分まですべて除去してしまうことによって発生します。ミネラルの含有量やバランスは水の味を決定する要素のため、まったくミネラルを含まないRO水は文字通り「味気ない」水ということになるのです。

また、RO水が持つ浸透力の高さも裏を返せばデメリットになるともいえます。ミネラル分を含まない水はその状態では体内に吸収されにくいため、体が持っているミネラルを奪って吸収されやすい状態になろうとするのです。その結果、人間の4大必須ミネラルと呼ばれるカルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウムが不足する可能性があります。たとえば、歯や骨からカルシウムが溶け出すことによって成長期の赤ちゃんや子ども、骨や歯がもろくなる高齢者などの健康に良くない影響が出かねないという説があるのです。

そのデメリットを解消するために必要なものがRO水に添加される物質といえます。ウォーターサーバーの水は、飲んでおいしく感じるミネラルバランスを計算した結果、適量のミネラル分をRO水に添加して提供されていることが多いのです。味を付けた水は厳密には「水」という名称で販売できないため、ミネラル分を加えた水は「デザインウォーター」と呼ばれて人気を博しています。

それから、ミネラル分を添加することによって体内の必須ミネラルを壊すおそれもなく、体に吸収されやすい水にすることが可能です。ミネラル分は電解質(イオン)物質とも呼ばれており、体液に近い濃度でイオン物質が含まれている水はスピーディーに体に吸収されます。水分補給に最適として販売されているスポーツ飲料などが代表的な例ですが、スポーツ飲料の場合は甘味料なども多く含むという問題もあるのです。その点、ミネラル分を添加したRO水なら、余分なカロリーを摂取せずに水分だけを効率良くとることができます。

このように、RO水に使用される添加物は適度な量のミネラル成分のため、健康への悪影響を心配する必要はまったくありません。

RO水はおいしい?

RO水に添加されるミネラル分の量やバランスはウォーターサーバー会社や商品によって異なるため、場合によっては「やや味気ない」と感じる場合もあるかもしれません。RO水は軟水・超軟水のため料理や飲み物を作るのには適していますが、そのまま飲むと味に違和感をおぼえることもあります。しかし、水はもともとはっきりとした味を持つものではないため、種類の異なる水の味の違いをどの程度感じるかは人それぞれでしょう。また、飲みなれるうちに違和感が少なくなっていくこともあります。ウォーターサーバーで提供されるRO水がおいしくないと感じた場合は、慣れるまではコーヒーや紅茶などの飲み物や料理に使用すると良いでしょう。

ウォーターサーバーの水の添加物は安全

shutterstock_539876497.jpg

RO水を使用するウォーターサーバーの水には添加物が含まれていることが一般的ですが、添加されている物質は人間にとって必須とされるミネラルのため、安全です。RO水のメリットは逆浸透膜によって不純物を徹底的に除去できることといえます。そのようにして精製されたピュアウォーターにミネラルを添加すると味が良くなるほか、水分が体に吸収されやすくなるというメリットもあるのです。