ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

ウォータージャーナル

ウォーターサーバー選びの分岐点!ワンウェイとリターナブルの選び方とは?

もしもウォーターサーバーを導入するなら、ボトルのタイプを選ぶのは避けて通れない道です。ワンウェイボトルとリターナブルボトル、それぞれに特徴があるのでよく調べてから決めましょう。どちらが適しているかは使用者の事情によって異なります。この記事では、ウォーターサーバーのボトルの選び方について解説していきます。

ウォーターサーバーにおける2つの方式

shutterstock_1198193653.jpg

現行のウォーターサーバーでは2種類のボトルが採用されています。まず、「ワンウェイ方式」はいわゆる使い捨て型です。使い終わり、中身が空になったボトルは使用者で処分します。容器をメーカー側に返却する必要はありません。一方、「リターナブル方式」は「回収型」です。空になったボトルはメーカー側に渡します。新しいボトルが届けられたとき、担当者に持ち帰ってもらうケースが大半です。回収されたボトルはメーカーで消毒や洗浄がほどこされ、再び中身を入れて家庭に届けられます。

ワンウェイ方式の特徴とは?

ウォーターサーバーのボトルを選ぶには、種類ごとの特徴を知っておく必要があります。まず、ワンウェイ方式は「常に新しいボトルを使える」のがメリットです。使いまわしのボトルではないので、気持ちよくウォーターサーバーを使用できるでしょう。もちろん、リターナブル形式のボトルが不潔なわけではありません。回収されたボトルはメーカーで徹底的に洗浄されているので、衛生的に問題はないといえます。それでも、抵抗感を覚える人は多いためにワンウェイ方式には一定の需要があります。

次に、「ボトルの処分しやすさ」が挙げられます。リターナブル形式では、ボトルが空になっても手元に残しておかなくてはいけません。メーカーが回収に来るまで、空のボトルは自宅で保管されることになります。しかし、予備のボトルなどと合わせて保管すると、広いスペースを占領してしまいます。それに、回収時には必ず誰かが対応しなくてはなりません。ボトルを受け取るだけなら家の前に置いてもらうだけでもいいところを、家の人間が回収分を手渡す手間が出てくるのです。ワンウェイ方式にすることで、空になったらすぐボトルを処分して家のスペースを空けられます。

ただし、容器を破棄することでゴミの量が増えるのはデメリットでしょう。また、ボトルはプラスチックゴミに該当するので、環境に優しいとはいえません。エコロジーやリサイクルに関心がある家庭には不向きです。ボトルをコンパクトに潰したり、ゴミの日を調べたりする必要も出てくるので、すべての使用者にとって「楽」とは決めつけられないのも事実です。

リターナブル方式の特徴とは?

「ゴミ問題が片づく」のはリターナブル方式の大きなメリットです。リターナブル方式ではメーカーの担当者にボトルを持って帰ってもらえばいいので、自分で廃棄をする必要がありません。ボトルをつぶす作業もないので、女性やお年寄りにも安心です。家庭から出るゴミのかさが減るのもありがたいポイントです。さらに、エコロジーに貢献できるのも特徴でしょう。地球環境に影響があるとされているプラスチックゴミを排出しないので、使用者は罪悪感を抱かずにすみます。

次に、リターナブル方式は「災害時に向けた備蓄」としても効果的です。なぜなら、ワンウェイ方式よりも頑丈な素材でボトルが作られているからです。ワンウェイ方式は廃棄を前提としているため、ある程度潰しやすい素材でなくてはゴミ出しがたいへんです。しかし、リターナブル方式では可能な限り、同じボトルを使いまわすシステムです。衝撃に強く、壊れにくいことは大前提といえるでしょう。その結果、災害が来ても破損するリスクは高くありません。非常時の飲料水、生活用水として信頼性が高いでしょう。

その反面、不衛生に感じてしまうのはデメリットでしょう。実際にはきれいなボトルなのに、「使いまわし」という先入観からどうしても悪いイメージを抱きがちです。さらに、空になったボトルは回収に来るまで自宅で保管しなくてはいけません。集合住宅など、スペースが限られている家では邪魔になる恐れが出てきます。ただ、コンパクトサイズのボトルも多いので、使いやすいサイズを選んでおけば問題は解決できるでしょう。

ワンウェイ方式とリターナブル方式の選び方

ウォーターサーバーのボトル方式を選ぶには、どちらが使用者の事情に適しているかを考えましょう。たとえば、「新しいボトル」にこだわりたいならワンウェイ方式のほうにやや分があります。ワンウェイ方式では毎回、水が届くたびに新品のボトルに入れられているからです。ただし、リターナブル方式でも回収したボトルを丁寧に洗浄しているので、清潔さでは新品と変わりません。あくまでも、使用者の心持ちの問題だといえます。

次に、「ゴミを減らしたい」ならリターナブル方式がぴったりです。ワンウェイ方式は回収を待つ必要こそないものの、自治体ごとのゴミの日を守らなくてはいけません。当日まで家でボトルを保管しなくてはいけないという点で、リターナブル方式と決定的な差がないでしょう。リターナブル方式は空のボトルを担当者に渡すだけであり、ゴミ出しにまつわるさまざまな作業を省略できます。

そして、「災害時の備蓄」として十分なボトルを置きたいならリターナブル方式にしましょう。ワンウェイ方式でも備蓄はできるものの、地震などの衝撃にボトルが耐えられるか不安があります。リターナブル方式のボトルは強度が高いので、よほどの衝撃が加わらない限り破損しません。災害時には清潔な水があるかないかで、命にすらかかわってきます。安全な方法で水を確保するようにしましょう。

リターナブル方式ならクリクラがおすすめ!

]lineup-02.jpg

クリクラはウォーターサーバーの代表的なメーカーのひとつです。リターナブル方式でボトルを選ぶなら、クリクラには信頼できるポイントがいくつもあります。まず、クリクラの水は美味しくて清潔です。クリクラは世界でもっとも安全といわれる日本の水道水を徹底的に浄化したものを提供しています。不純物が一切ないうえ、適切なバランスのミネラルを添加しているので硬度も成分も安定しています。クリクラの水はいつ飲んでも、同じ美味しさを味わえるでしょう。

クリクラでは「リスク対策」にも注力しています。クリクラは契約者に対し、定期メンテナンスのサービスを低価格で行っています。メンテナンスでは専門のスタッフがサーバーを回収したうえで、パーツごとに分解していくのがこだわりです。細かく清掃や洗浄を行ったうえで、パーツの不具合がチェックされていきます。故障や汚れ、カビなどを見逃しません。ウォーターサーバーは毎日使うだけに、メンテナンスで安心感が強まるのは大きなポイントです。

さらに、クリクラの水は口あたりがまろやかでクセがありません。飲料水としてはもちろん、料理やお茶など、さまざまな用途に応用できます。そして、クリクラは料金設定がリーズナブルです。たとえば、サーバーレンタルや水の宅配などに費用はかかりません。入会金もゼロです。負担が少ないので続けやすく、サーバー本体が無駄になりません。長期的にウォーターサーバーを使うつもりがあり、家族の健康や生活を改善したいならクリクラに相談してみましょう。

より安心で便利なサーバーを選ぼう!

ワンウェイ方式とリターナブル方式のどちらが優れているとは断言できません。それぞれに違った良さがあるので、ウォーターサーバーを導入する際には特徴をよく調べましょう。そのうえで、家族で話し合いを重ねて「求めるポイント」をはっきりさせることが大切です。自分の家にぴったりのボトルでウォーターサーバーを使うと、さまざまな面で便利さが増すでしょう。