ウォータージャーナル

ウォーターサーバーではどちらを選ぶ?天然水とRO水の違い

水は毎日の生活に欠かせないもの。だからこそ水にこだわりたい、という人に人気なのがウォーターサーバーです。ウォーターサーバーにはRO水と天然水の2種類があります。利用を検討している人とってまず悩むのが「RO水と天然水のどちらにすればいいのだろう」ということではないでしょうか。そこで今回は、RO水と天然水はどちらが良いのか、どのような違いがあるのか、といったことについて詳しく解説します。

RO水の特徴とは

shutterstock_637621396.jpg

RO水とは、採取した水にRO膜処理を施した水のことを指します。RO膜のROは英語で「Reverse Osmosis」の略称で、「Reverse Osmosis」は日本語に訳すと逆浸透です。逆浸透とは、食塩などの溶質を多く含んだ濃厚溶液とあまり含んでいない稀薄溶液を膜で仕切った容器に入れたとき、稀薄溶液の方に濃厚溶液が浸透して混ざり合う現象を差します。逆浸透膜は、その際に濃厚溶液の溶質が稀薄溶液の方に混ざらないようにした膜です。逆浸透膜は0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターで、このフィルターを通して不純物を除去して製造されたものがRO水です。

RO膜を通すことによって出来上がったRO水には2種類あります。ひとつは、人工的にミネラルなどを添加していないピュアウォーター(純水)です。もうひとつは、ピュアウォーターを飲んで美味しいと感じるよう、後工程でカリウムやカルシウム、マグネシウム、ナトリウムといったミネラル成分を人工的に添加したデザインウォーターです。ミネラル成分が添加されていない状態のピュアウォーターは白湯のような感じになるため、飲んでも美味しい水にはなりません。ピュアウォーターのRO水を天然水のように飲むのに最適な状態にするため、通常RO水が飲料水として販売される際には人工的にミネラル成分が添加されるのです。

このように、RO水は天然水と違って人工的にミネラル成分の量やバランスを調整できる、というのが大きな特徴です。また、RO水は人工的に作れるため、採水地が特定されていません。多くのRO水は水道水から作られます。RO水にとって重要なポイントは採水地ではなく、ろ過装置の性能だからです。その分、RO水は天然水よりも比較的低価格のものが多い、というのも特徴のひとつです。

天然水の特徴とは

天然水は特定水源から採水された地下水のことです。全国的に有名なものとしては、南アルプスや富士山麓で採れた水が挙げられます。天然水は、自然によって何百年もかけてろ過された水です。とはいうものの、販売される際においては採水後安全に飲めるようにろ過・加熱殺菌等の処理を行い、不純物が排除されています。もしもRO水と天然水のどちらがより安全で衛生的か、といわれれば徹底的に人口でろ過しているRO水になりますが、天然水も充分に高水準の安全性を保たれた水です。

天然水に含まれるミネラル成分は採水地によって異なるものの、多くの場合カリウムやカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、ゲルマニウム、バナジウム、シリカ、亜鉛などが含まれています。これらの成分のバランスが採水地によって異なるため、それが天然水の個性となっているのです。天然水には硬水と軟水の2種類があります。カルシウムやマグネシウムの量が1リットルあたり120mg未満であれば軟水、120mg以上であれば硬水です。日本の天然水は比較的軟水が多く、海外の天然水は硬水が多いです。軟水の方が飲みやすく、日本料理に適しているといわれています。

天然水とよく似たものとしてミネラルウォーターが挙げられます。天然水とミネラルウォーターの違いは、天然水が基本的に採取した水をそのまましようとしている一方、ミネラルウォーターは採取した水にオゾン殺菌などの化学処理なども行ったものだという点です。そのため、ミネラルウォーターの中には天然水を使用しているものもあればそうでないものもあり、天然水を使用したミネラルウォーターはナチュラルミネラルウォーターと呼ばれます。

RO水のおすすめポイント

RO水のメリットは、なんといっても天然水では実現できない安全性と低コストです。RO水は採水地を選ばないため、いつでもどこでも同じ品質を実現できます。また、採水地よりもろ過装置の性能によって品質が変わるため、天然水よりもずっと安いコストで生産することが可能なのです。

もうひとつのメリットとして挙げられるのが、赤ちゃんのミルク作りに適しているということです。市販されているミルク製品は、元々母乳に含まれているミネラル成分のバランスに限りなく近づけて調整されています。つまり、ミルクを作る際、水そのものに含まれるミネラル成分は必要ないのです。それどころか、天然水に含まれているミネラルの内、マグネシウムやカルシウムは多く摂取しすぎると赤ちゃんのお腹に負担を与えるといわれています。そうしたことを考えると、赤ちゃんのミルク作りにはRO水のピュアウォーターがより適しているといえます。

また、粉ミルクを作る際にはあらかじめ70℃のお湯を沸かします。これは、粉ミルク製品にサカザキ菌やサルモネラ菌といった細菌が含まれている可能性があるためです。これらの細菌を殺菌するため、あらかじめお湯を沸かす必要があるのです。RO水が作れるウォーターサーバーの中には、70℃の温水を出せる製品もあります。赤ちゃんのミルク用にウォーターサーバーの導入を検討しているという人は、そのような機能が搭載されているかどうかも選ぶ際のポイントとなるでしょう。

天然水のおすすめポイント

天然水のメリットは、RO水よりも飲んで美味しいということです。飲食用として水を選ぶのであれば、安全性はもちろんのこと、飲んで美味しいと感じるかどうかも重要なポイントです。RO水のデザインウォーターも飲んで美味しいと感じるように作られていますが、それでも天然水にはかないません。また、天然水は採水地によってマグネシウムやシリカといった希少なミネラルを含んだ水もあります。もしも飲料水や料理用水として毎日摂取することを考えるのであれば、成分にこだわった天然水を選ぶのもひとつの方法です。

天然水が飲むのに適しているということは、健康にも良い効果をもたらすといわれています。なぜなら、天然水は水道水よりも美味しいので、より積極的に水分補給をするようになるからです。こまめに水分補給をすることは、便秘の解消や新陳代謝の向上、熱中症予防などに効果があるとされています。とりわけ体の水分は加齢と共に減少するといわれているので、年齢を重ねるほど積極的に水分補給をする必要があります。天然水であればより美味しく水や料理を楽しむことだけできるだけでなく、より健康にもなれるというわけです。

さらに、水を飲むことをもっと健康に役立てたいというのであれば、軟水よりも硬水の方が向いているといわれています。硬水の方が軟水よりもカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分が多いためです。ただし、硬水は軟水よりも若干飲みにくくなりますし、人によっては硬水は下痢を起こしやすいという体質の人もいるので注意が必要です。硬水には硬度によって1リットルの硬度が101~300mgの中硬度から、1000mg以上の超硬度まで3種類あります。硬水に慣れるために、まずは比較的硬度が低い中硬度の天然水から飲み始めてみるのもよいでしょう。

水の種類は栄養素や使用用途で選ぼう

shutterstock_400659769.jpg

RO水と天然水の違いは処理方法にあります。それぞれメリットとデメリットがあり、なにを重要視するかが選ぶ際のポイントとなります。たとえば、クリクラは産婦人科医も推奨するRO水です。飲みやすい軟水となるようにミネラル成分をデザインされているのが大きな特徴です。まずは自分がどのような用途でウォーターサーバーを導入したいのかを明確にして、自分に合った水が飲めるウォーターサーバーを選びましょう。