ウォータージャーナル

浄水器かウォーターサーバーどっちがおすすめ?主な違いと特徴

おいしくて、しかも安全な水を飲む方法としては、浄水器を設置する方法と、ウォーターサーバーを利用する方法があります。実際にどちらを導入すればいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。もちろん、どちらにもメリットがあるはずです。そこで、浄水器とウォーターサーバーを比較しながら、それぞれの特徴や違いについて詳しく紹介します。

ウォーターサーバーと浄水器の主な違い

shutterstock_422498296.jpg

ウォーターサーバーと浄水器は、ともにおいしくてきれいな水を飲むことができるアイテムですが、それぞれ仕組みが違います。ウォーターサーバーは専用のサーバーと水を購入またはレンタルし、室内のどこかに置いて使います。一方、浄水器は蛇口などに取り付けて水道水に含まれる塩素や不純物を取り除いてくれるものです。ただし、浄水器とはいっても種類はひとつではありません。たとえば蛇口直結型の浄水器は文字通り直接蛇口に取り付けるタイプで、キッチンなどでよく取り付けて使われています。設置のためのスペースをとることもなく、取り付けが簡単だというのがメリットです。

また、キッチンのシンクの上などにタンクのような浄水器を設置し、ホースで蛇口との間をつなぐ据え置きタイプのものもあります。据え置きタイプは機器が大きい分、ろ過能力が高いというのがメリットです。さらに、浄水器を使うのが一般化してきた時代以降には、蛇口の内部にろ過機能を備えた水栓一体型浄水器や、シンク下に設置された浄水器と蛇口が直結しているビルトイン浄水器なども増えています。ほかにも、カートリッジの付いたポットに水を入れておくことでろ過してくれるタイプがポット型浄水器です。

ポット型の浄水器はカートリッジの交換が必要ですが、購入してすぐにでも使うことができます。決まった場所に設置する手間もスペースも必要ありません。冷蔵庫に入れておくこともでき、手軽にきれいでおいしい水を飲むことができます。蛇口直結型の浄水器もそれほど大きいものではないため、設置するスペースがあまりないキッチンでも取り付けることが可能です。もちろん、水栓一体型の浄水器なら、通常の蛇口と同じように使うことができます。一方で、ビルトイン浄水器はシンク下、据え置き型浄水器はシンク回りに設置するスペースが必要です。ウォーターサーバーの場合も専用のサーバーを置くスペースがないと設置はできません。ビルトイン浄水器や据え置き型浄水器に比べても、さらに広いスペースを確保しておく必要があるでしょう。

浄水器は簡単なものなら購入してすぐにでも使うことができます。ホームセンターをはじめ売っているところも多く、手軽に導入することができるのです。それに比べ、ウォーターサーバーは専用サーバーをレンタルするための契約をしたり、専用のボトルを購入したりなど浄水器に比べて導入には手続きが必要になります。手軽さという点では、契約が必要なウォーターサーバーよりも浄水器の方が簡単に導入することが可能です。

浄水器にしてもウォーターサーバーにしても、導入するとなればコストがどのくらいかかるか気になるでしょう。ウォーターサーバーはサーバーのレンタル料に加えて、サーバーを作動させる電気代、毎月使う水の代金などが必要です。メーカーによって多少の違いはあるものの、月々2000~6000円程度はかかります。浄水器の場合はタイプによって価格にかなり幅があり、高いものは数万円するものもありますが、安いものならば千円台で購入することが可能です。日々のメンテナンスではカートリッジの交換などに費用は発生するものの、それほど負担になるものではありません。

浄水器はカートリッジなどで水道水をろ過してカルキ臭やある程度の不純物を取り除いてくれるため、もちろん水道水そのままよりもおいしく水を飲むことが可能です。カートリッジの種類によってはかなり高い水質が保たれていることもあります。ただし、浄水器によってはカルキ臭が完全には取れなかったり、逆にミネラル分を取りすぎてしまったりすることがあり、品質は一定ではありません。ウォーターサーバーはメーカーによって天然水を使っているかRO水を使っているかという違いがあるものの、消費者に提供するために厳しい基準をクリアしています。

浄水器を導入するメリット

浄水器はなんといっても、コストが低いというのがメリットです。浄水器そのものは据え置き型浄水器などの高いものの場合、数万円することもあります。しかし、ポット型浄水器や蛇口直結型浄水器などで安いものならば千円台や二千円台のものもあるのです。大がかりな取り付け工事も必要ないことがほとんどで、導入が簡単にできます。また、据え置き型浄水器やビルトイン浄水器は多少設置するスペースが必要なものの、それほど大きなものでもなく、場所をとりません。取り付けてしまえば購入した当日からすぐに使用できるというのもメリットです。

ウォーターサーバーを導入するメリット

ウォーターサーバーは厳しい品質をクリアした水で、家庭にいながらにしておいしい水が毎日飲めるというのが大きなメリットのひとつです。もちろん、品質も保証されています。また、水だけではなくお湯も出てくるため、お湯が必要なときに沸かす必要がなく便利です。一度契約すれば、毎月自宅まで水を届けてもらえるというのもメリットになります。スーパーなどでも品質がよく、おいしいペットボトルの水を購入することが可能です。しかし、まとめて購入しようと思うと結構重く、負担になることもあります。しかし、ウォーターサーバーを契約して毎月届けてもらえれば、毎回運ぶ必要がありません。

利用するのにレンタル料やメンテナンス料が発生するケースはあるものの、常にミネラルウォーターを購入し続けるのと比べても、実はトータルのコストパフォーマンスは高いのです。また、浄水器は水道から出てくる水をろ過して使用するという仕組みであり、水を貯めておくというものではありません。一方、ウォーターサーバーは水をストックしておくことができるため、災害時の水の備蓄になるというメリットもあります。

ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーはメーカーによって水の種類や契約内容などそれぞれ違いがあり、選び方にもポイントがあります。まず、ウォーターサーバーに求めるものとして安全性を気にする人もいるはずです。どのメーカーを利用するか決める際、安心して飲むためにも水の検査体制がしっかりしているかどうかをチェックする必要があります。また、水を生産する過程が安心かどうかということに加え、家庭に置くサーバー内で水を衛生的に保てる仕組みが整っているかも選ぶ際のポイントです。

また、水の味がおいしいかも大切なポイントになります。ウォーターサーバーに使われている水は1種類ではなく、天然水とRO水という2種類です。天然水はもともと水がきれいな天然の水を採水し、最低限の滅菌処理などを施して提供されていることから、原水そのもののミネラル分が含まれています。RO水は水道水をろ過して不純物を除去した水です。ミネラル分まで除去されてしまうことがあるため、人工的にミネラルが添加されています。とはいえ、日本人の口に合うような軟水に調整されており、飲みやすいことがメリットです。また、細菌やウィルス、環境ホルモンなども除去されているため安心して飲むことができます。天然水にもRO水にもそれぞれにメリットがあるため、好みや何を優先するかで決めるといいでしょう。

ウォーターサーバーのボトルはメーカーによって返却するリターナブル方式のところと、使い捨てタイプのワンウェイ方式があります。もちろん、料金もメーカーによって違います。そのため、使ったあとのボトルの扱いや料金も考慮に入れて、各家庭によって利用しやすいウォーターサーバーを選ぶことが大切です。

クリクラは安全かつリーズナブルでおすすめ

lineup-02.jpg

クリクラの水は世界一安全だといわれる日本の水道水を原料にして、不純物をすべて除いた純水を作っています。そこにミネラルを添加して、おいしい軟水のミネラルウォーターに仕上げているのです。1年を通して硬度や成分が変化せず、安定して安全な水を飲むことができます。また、価格もリーズナブルで継続して使用しやすいことも魅力です。安定したおいしさと安全性を重視するならクリクラの水を試してみてはいかがでしょうか。