ウォータージャーナル

ウォーターサーバーの非常用コックと置台で防災対策をしよう

日本では頻繁に地震が起こります。そのため、もしものために人間の生命線とも言える水を備蓄しておきたいと思っている人も多いのではないでしょうか。実は、ウォーターサーバーを上手に活用すれば、普段から水を備蓄することができるのです。ここでは、非常時のウォーターサーバーの使用方法と活用事例を紹介していきます。

ウォーターサーバーで水を備蓄

shutterstock_1503745103.jpg

地震で水道管が破裂してしまい、水道水が使えなくなるケースがあります。もちろん、大規模な地震が起こると、被災地に救援物資が届きます。しかし、実際に被災者の手元に届くまでには、最低3日はかかる場合が多いのです。そのため、3日分の飲料水を蓄えておく必要があります。1人が必要とする1日分の水の量は3リットルですので、4人家族の場合は3日間で36リットルの水が必要になります。

水のペットボトルを置いておくのもよいですが、ペットボトルの水には賞味期限があります。災害が来るまで、ずっと放置しておいて良いわけではありません。賞味期限がきたら、新しい水のペットボトルと入れ替えないといけないのです。しかし、最初はきちんと交換作業をしていても、そのうち面倒になってやらなくなる人が多く見られます。そこで、おすすめなのがウォーターサーバーです。業者と契約すれば定期的に水を配送してくれます。水を備蓄したまま放置せずに普段の飲用水として使い、消費した分を業者に配送してもらうこで、水を確保し続けるという方法なら長く続けることが可能です。

とはいえ、ウォーターサーバーの業者は数多くあります。どこの業者を選べばよいのか分からないという人が大半ではないでしょうか。実は、災害時におすすめのウォーターサーバーには、特徴があります。まずは災害時でも使えるかどうかです。ウォーターサーバーは通常電源を入れて使います。しかし、大規模な地震が起きると、停電になる可能性があります。電気が通っていないと使用できないウォーターサーバーだと水を出すことができません。停電でも使用できるものを選ぶようにしましょう。また、ウォーターサーバー自体は電気がなくては使えないものでも、非常用コックと置台さえあれば停電時に使えるものもあります。

さらに、地震などでウォーターサーバーが倒れにくい構造であることも重要です。ウォーターサーバーが倒れてしまうと、水が使用できなくなります。その上、落下したウォーターサーバーによって怪我をしてしまう可能性もあるからです。ウォーターサーバーの中でも倒れにくいのは、重心が下にあるものです。つまり、水のボトルを上部ではなく下部に設置できるタイプのものになります。ボトルを下部に設置するタイプのウォーターサーバーは、ボトル交換のたびに一々重いボトルを持ち上げる必要がないため、普段使うときにも便利です。

そして、肝心の水は賞味期限が長めのものが安心です。さらに、大容量タイプのものがいいでしょう。すぐになくなってしまうと、備蓄の意味がないからです。また、自社配達を行っているかどうかも重要です。なぜならば、宅配業者は地震が起こると配送が止まってしまう場合があるからです。その点、自社配達であれば地震後でも水を配送できる可能性が高いでしょう。

非常用コックと置台を準備する

地震が起きると、停電になり電気が使えなくなってしまうケースもあります。そのため、電気で動くウォーターサーバーの場合は水を出すことができません。そこで、おすすめしたいのが、水のボトルに取り付ける非常用コックと置台です。これらを利用すれば、停電時でもボトルから水を出すことができます。しかも、操作や設置方法は簡単です。誰でもすぐにボトルを設置して、使えるようになります。

また、非常用コックと置台は軽いため、女性1人の力でも持ち運びしやすくなっています。そのため、自宅から避難所に移動しても使うことが可能です。また、どこにでも持ち運びができるため、災害時だけでなく、友達とアウトドアなどをするときにも便利です。おまけに、非常用コックと置台はコンパクトなつくりになっています。そのため、普段は押し入れの中やちょっとした隙間に収納しておくことでき、場所を取ることがないのです。災害時の備えとして、非常用コックと置台も準備しておくことをおすすめします。

ただし、どこの業者でも非常用コックと置台を扱っているわけではありません。他の業者のものを使用した場合、水のボトルとのサイズが合わず、使えない可能性もあります。ウォーターサーバー導入の目的の1つとして、災害時の備蓄をしたいのであれば、契約する前に非常用コックと置台を販売しているのかどうか確認するようにしましょう。

また、中には非常用コックや置台を使わなくても、電気要らずで使用できるウォーターサーバーもあります。こちらも契約時に確認してみるようにしましょう。ただし、電気が入っていない状態ですので冷水や温水は使えず、常温のみになります。ちなみに、ウォーターサーバーは電源が入っているため、雑菌などが繁殖せずに済んでいます。そのため、常温の状態では衛生面で心配です。できれば1~2日で飲み終えるようにしましょう。ただし、ボトルを開封した場合のことです。未開封の場合は半年から1年持つものが大半であるため、急いで飲み切らなくても問題ありません。

ウォーターサーバーの保管方法に注意

備蓄する際、水の保管方法は重要です。なぜならば、保管環境が最適でないと、水質が悪化する恐れがあるからです。その結果、美味しさも損なわれてしまいます。水が美味しくないと毎日飲み続けることがつらくなってしまうでしょう。特に備蓄用の水は長い間、同じ場所に置き続けることが多いため、注意しなくてはなりません。

ウォーターサーバー用の水のボトルを置いてはいけない場所は、主に3つあります。1つ目は、直射日光が当たる場所です。なぜならば、太陽の光によって水温が上昇してしまうからです。すると、水の風味が変わってしまう場合があります。同様に、家の中で高温になる場所も避けます。例えば、料理を作ったり、お茶を入れたりするときに便利だからと言って、台所の近くにウォーターサーバーを置いているケースもあるでしょう。しかし、台所のコンロの近くなどは要注意です。

2つ目は湿度の高い場所です。雑菌は湿度の高い場所を好みます。そのため、台所やお風呂などは、雑菌が繁殖しやすいのです。水は身体に入っていくものです。台所やお風呂の近くに置くのは危険と言えます。なぜならば、雑菌が水のボトルに付着してしまうかもしれないからです。場合によっては、水を飲み続けることで、健康を損ねてしまうかもしれません。

3つ目は、臭いの強いものの近くです。水のボトルは、プラスチックでできています。実は、プラスチックは臭いが移りやすいのです。水に臭いがついてしまい、味を損ねる恐れがあります。芳香剤が置いてある場所の近くには置かないようにしましょう。また、水のボトルを置いてある場所では、タバコを吸わないように気をつけるようにしましょう。というのも、タバコの臭いが水に染みついてしまうケースもあるからです。

防災対策のためにもウォーターサーバーを導入しよう

lineup-02.jpg

ウォーターサーバーを導入すると、毎日美味しい水が飲める上、防災対策の面でも役に立ちます。ぜひおすすめしたいのが、クリクラです。サーバレンタル料や宅配料、入会金が一切かからず、支払うのは水の料金と月額417円(税別)のあんしんサポートパック料のみだからです。そのために気軽にウォーターサーバーを導入することができます。もしもの場合に備えて、クリクラのウォーターサーバーを検討してみてはいかがでしょうか。